« 日本選手権2回戦結果 | トップページ | 田沼選手&女子ラグビー情報 »

4度目のインビクタス

月曜日、都内の映画館で「インビクタス」を観た。4回目なのに、時間が経つのがあっという間で、また泣いた。泣きポイントがはっきりしてきた。試写会イベントなどで3度観たあと、読み切っていなかった原作を読み終え、1995年ワールドカップの決勝戦を見返し、当時のラグマガを読み、知識を倍増させた4回目は、過去3回では気付かなかった細部に目が行くようになった。マンデラさんのちょっとした動きにも意味があるんだなぁ。白人がなぜ黒人を恐れたのか、だからこそ赦しが必要だったことなど、理解して観るとまたひと味違う感動があった。

イーストウッド監督の出演シーンも発見できた、と思う。突然目に飛び込んできた。これまで数名の人に「あそこだと思います」と様々な見解を聞いていたのだが、どれとも違っていた。僕が間違っているのかもしれないが、まあ、それはみなさんそれぞれに探す楽しみをとっておくということにして、詳細は書かないでおきたい。こうなれば、DVDでじっくり確認するしかないなぁ。

男子7人制日本代表が参加しているIRBセブンズワールドシリーズUSA大会の最終結果が入ってきた。

■試合結果
ボウルトーナメント準々決勝
●7-19○チリ代表(前半0-7)
シールドトーナメント準決勝
○17-5●カナダ代表(前半5-5)
シールドトーナメント決勝
○7-17●スコットランド代表(前半7-7)

村田亙監督は次のようにコメントしている。
「本日の決勝トーナメント、ボウル優勝を目指して初戦チリ代表と戦いましたが、あと1歩のところでトライが獲れず、惜敗してしまいました。チリ戦の反省を踏まえ、気持ちを切り替えて臨んだカナダ代表戦では、日本がやってきたシンプルなアタックとコンパクトなディフェンスが機能して、快勝することができました。決勝戦のスコットランド代表戦では、前半まで7対7と互角の戦いでしたが、最後は力尽きてしまいました。
 選手たちが、時差との戦いや準備期間がない中でも先制点をあげるなど、最後まであきらめずに戦ってくれましたことに感謝します。しかし、セブンズで必要となる『フィットネス』が世界標準以上にならないと上位国に勝利することは難しいことを改めて実感しました。選手、スタッフはじめ、この短期間でIRBセブンズ上位国に2勝したことは大収穫でしたし、他の試合も途中までは強豪国相手に互角以上の戦いができたことも大きな自信になりました。今回2勝したことを誇りに、4敗したことをしっかり反省し、課題を修正して、次のアデレード大会(オーストラリア)につながるよう世界にチャレンジし続けたいと思います。日本からのご声援、ありがとうございました」

初日、アルゼンチンに勝利した試合のことなど、監督ブログに詳細があります。

◎ファン有志からのアフターマッチファンクションのお知らせ
「勝手にアフターマッチFANクション」
「試合観戦の興奮を誰かと分かち合いたい」、「普段周りにラグビーの話をする友達が少なくて…」。近鉄花園ラグビー場で行われる今シーズンラストのビッグマッチ日本選手権準決勝「東芝×トヨタ」の試合後、そんなファン有志でアフターマッチファンクションをやろうと企画しています。
 花園の近所で一杯やりながら、トップリーグについて、関西のラグビーについて、2019年W杯について大いに語りましょう。もしかしたら試合を終えた選手やレフリーの乱入なんてこともあるかもしれません。
 東芝・トヨタ両方のファンの方、ラグビーファンの方、ぜひご参加ください。(先着20名とさせていただきます)
<日時>2月20日(土)17:00~19:00
<会場>東花園駅周辺の居酒屋(参加希望者に場所をご連絡します)
<会費>4000円(料理・飲み放題)
<申込>メールにて人数とお名前、ご連絡先電話番号を rugbylove15@yahoo.co.jpまでお送りください。いただいたメールの返信で会場をご連絡させていただきます。
※料理の都合がありますので前日の2月19日、締切とさせていただきます。
また定員に達し次第、締め切らせていただきますのでお早めにお申し込みください。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本選手権2回戦結果 | トップページ | 田沼選手&女子ラグビー情報 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ☆インビクタス☆ 私、映画館で2度観ました。イーストウッド監督の出演は知りませんでした。1995年W杯の実戦はテレビで録画、何回も観てます。実際のマンデラ氏の気持ち・・・DVDの発売が楽しみです。

    投稿: takabimama | 2010年2月19日 22:47

    イーストウッド監督の出演シーンは、スタジアムに大勢の観客が入場するシーンで、南アの旗を振っているおばちゃんの後ろだと思いましたが・・・。
    どうでしょうか?

    投稿: Bar@Yokosuka | 2010年2月18日 17:50

    「勝手にアフターマッチFANクション」
     →良い企画ですね。花園って場所も楽しそうgood
      今回先約があって行けませんが、また次も
      期待してます

    投稿: 瑞穂 | 2010年2月16日 19:32

    十分な環境がないなか、七人の侍ジャパンが上位国に結果を残してきているのだからそれに対して協会はセブンズの環境整備を急がないといけませんね。

    4月5月など春にトップリーグ(2部リーグもいれた)のセブンズ大会の復活を必ずやらなければ。
    まずはファンが日本国内でセブンズに触れる環境を作ることが急務です。

    七人制に対して協力的でない企業チームから協会がどうやって選手を出すよう説得するかですね。

    投稿: タロ | 2010年2月16日 02:03

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/47579197

    この記事へのトラックバック一覧です: 4度目のインビクタス:

    » 我が魂を征するのは我なり [海風が強く吹いている]
    クリント・イーストウッド監督「インビクタス 負けざる者たち」を観る。 「反アパルトヘイト運動により反逆罪として逮捕され27年を監獄で過ごしたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は、釈放後の1994年、遂に南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。だが彼は、国... [続きを読む]

    受信: 2010年2月16日 00:29

    « 日本選手権2回戦結果 | トップページ | 田沼選手&女子ラグビー情報 »