« 無償の喜び | トップページ | 東芝ヒル期限付き移籍 »

ラグマガ4月号発売

日本選手権決勝まであと3日である。三洋電機は、手の甲を骨折していたWTB三宅が復帰の見込みで、いよいよベストメンバーが揃いそう。三宅選手のブログを読んでいたら、試合を決めた高安選手のキック&チャージは、実は、高く蹴り上げるべきキックだったと。冷や汗かいた直後に歓喜が訪れたわけやね。面白い。

Cover_1003

ラグビーマガジン4月号本日発売。表紙は、トップリーグMVPの大野均選手。かっこいい。スペシャルトークで、サントリーの小野澤宏時選手と、アトランタ・ブレーブスの川上憲伸投手の対談が実現している。大のドラゴンズファンである小野澤選手の愛ある視線がいい。そっか、両方11番なんだ。そういえば、小野澤選手のご子息はケンシンくんだったな。

Super14_10

別冊付録のスーパー14・2010シーズンガイドの表紙は、ダン・カーターのアップ。すでに開幕しているので、移籍選手も新しいジャージで登場している。JSPORTSでの観戦に必携。熟読させていただきます。

Rugbyclinic_20

ラグビークリニックも発売。特集は、いいコーチング。ダメなコーチング。これ、興味深いです。

以下、まったく関係ないけど、知人からのメールをご紹介したい。

《箱根の宮ノ下にある富士屋ホテルご存じでしょうか? 明治11年に創業され、日本最古のホテルとして知られるクラシックホテルの代表格です。先日宿泊する機会がありホテルの歴史ツアーみたいなものに参加したのですが。ホテル内にあるメインレストラン「ザ・フジヤ」は昭和5年建築の登録有形文化財のレストランなのですが格天井に描かれた絵画や彫刻のなかに、ラグビープレーヤーの彫刻がありました。
 説明によると、昭和5年当時に流行していたモノやスポーツを絵画や彫刻にして遺したとのことです。まさかこんな所でラグビー選手に会えると思っていなかったので驚き、嬉しくて、村上さんにお知らせしたくメールさせてもらいました》

機会がある方はぜひ、見てきてください。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 無償の喜び | トップページ | 東芝ヒル期限付き移籍 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    早稲田大学の田邉選手ですが
    神戸製鋼に入団と聞いてましたが
    四月号の進路一覧では
    在学となってましたが
    どういう事なんでしょうか?

    投稿: ジャ | 2010年2月27日 16:57

    東芝のSO、ヒルがS14ウエスタンフォースに行くという話を聞いたのですがたしかでしょうか?

    投稿: kiri | 2010年2月26日 19:06

    ラグマガ4月号と直接関係無い話題で恐縮ですが、オールブラックスネタを1つ。今現在、同志社大学がニュージーランドで遠征合宿を行っています。なんと、オールブラックス監督のグラハム・ヘンリー氏の表敬訪問を受け、また本日は、主将の「あの」リッチー・マコウ氏も見学に来て下さいました。さすがにリッチー・マコウ主将は大人気でしたが、グラハム・ヘンリー監督は、同志社の選手達の約半数しか認知しておらず、中尾監督が嘆いてらっしゃいました。

    投稿: 爆裂タックル | 2010年2月25日 22:13

    中日ドラゴンズのコンディショ二ングコーチの宮前岳巳氏は啓光学園で指導経験がありますし。住田ワタリ氏は帝京ラグビー部OBですし。星野仙一前監督も、かつて、選手を連れて瑞穂に観戦に行ってますし。
    ドラゴンズとラグビー、けっこう、関わりがあるんですね。

    投稿: ライガー | 2010年2月25日 22:00

    富士屋ホテル何度も泊まってダイニングにも行っていたのに気付かなかったな。今度行ったら見てみよ。

    投稿: 絵理 | 2010年2月25日 18:59

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/47660152

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグマガ4月号発売:

    « 無償の喜び | トップページ | 東芝ヒル期限付き移籍 »