« 岩渕健輔トーク | トップページ | 2010日本代表スコッド発表 »

日本選手権決勝結果

日本選手権決勝戦は、三洋電機ワイルドナイツが競り勝ち、三連覇を達成した。朝から激しい雨が降っており、グラウンドも水が浮いている状態だったのだが、懸命の水取り作業が行われ、キックオフ前には快晴となった。

試合のほうは、前半はトヨタ自動車ヴェルブリッツが、SOアイイの戦略的キックで陣地を進め、ほぼ三洋陣で戦うことに成功。前半9分には、モールを押し込んでFLホップグッドがトライ。18分には、自陣からアイイが仕掛け、3人、4人とディフェンスを引きつけながらWTB久住につなぎ、菊谷、ホップグッドとつないで連続トライ。12-0として優位に立った。前半はこのままスコアは動かなかったのだが、トヨタにとってみれば、WTB水野がインゴールをボールを押さえきれなかったプレー(押さえる直前にボールが逆に弾んだ)、そしてチャンスにモールのオブストラクションの反則が続いたのも痛かった。

後半は三洋電機がブレイクダウンで再三ボールを奪い、逆襲に転じる。「三洋の勝負強さを感じました。ボールを奪われたのは、ブレイクダウンに行くのが一歩遅れたから。前半の疲れがあったのかもしれません」とトヨタの麻田キャプテン。三洋は、FL若松、SOブラウンらが次々にボールを奪って流れを変えた。後半22分には、前半31分から投入されたHO堀江がトライ。26分にはブラウンが奪い取ったボールをつないで、WTB北川が自慢の快足を飛ばしインゴールへ。トヨタのホップグッドがシンビンで不在の間に2トライして逆転。34分に若松がモールからトライして勝利を決定づけた。最後にトヨタもFBイエーツのトライで追いすがり、最後まで攻めたがノーサイドとなった。

「霜村キャプテンを中心に選手達が最後までよくやってくれました。誇りに思いますし、ほめてあげたい。今年で三洋電機はラグビー部50周年なのですが、創部してくれた先輩、タスキをつないでくれた先輩方にも感謝したいです」(三洋電機・飯島監督)

霜村選手はキャプテン一年目での優勝、そしてトップリーグプレーオフ決勝をインフルエンザで欠場したこともあって、素直に喜びをかみしめていた。「前半はトライを取り急いでミスが多くなりました。後半、もっと我慢しながらアタックを続けよう、と話したのが良いほうに出ました。3年間の中で、キャプテン一年目という事もあって、今年が一番苦しかったです」

三洋電機の勝負強さはさすがだし、選手層の厚さを見せつけた。交替出場の選手がことごとく活躍した。トップリーグプレーオフで敗れた無念を晴らした勝利は素晴らしい。ただ、トヨタも紙一重のところまで迫った。後半、反則が多くなってしまったのは残念だったが、前半にあと1トライできていれば、三洋電機にさらにプレッシャーをかけられただろう。麻田キャプテンは「悔やむところがいっぱいで、一つだけ言うのは難しい」とコメント。来季にこの悔しさを生かすことになる。

◎日本選手権決勝結果
三洋電機○22-17●トヨタ自動車(前半0-12)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 岩渕健輔トーク | トップページ | 2010日本代表スコッド発表 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    「ラグビー愛好日記」6年目おめでとうございます。
    日本選手権決勝戦・・
    秩父宮で観戦してきました。
    雨模様の天候も、キックオフ前に天気になり、観戦日和になりましたね・・。
    試合結果は、皆さんがコメントしている通りなので、かつあいします。
    「トヨタ」ファンとしては、何とか三洋さんに勝ちたかったですね。(リーグ戦プレーオフ日本選手権と3黒星はね・・)
    前半はよく動いていましたが、後半になって、トヨタは動きが悪くなりましたね・・。よくも悪くも「トヨタらしい」試合展開になったことが悔やまれます。「どろくさいトヨタラグビー=わかりやすい動きをするトヨタ」なんて数式なんでしょうか?2枚も3枚も三洋さんの方が、戦略的にもグランド内の動きも上をいっていることがよくわかりました。
    TL4位のチームがここまでこれたことは評価もしたいし、応援している僕達もラストゲームまで応援できたこと誇り思います。
    1年間、監督はじめ選手・スタッフのみなさんに感謝です。
    また、来シーズンに向けての目標ができました。

    投稿: ヴェルたか | 2010年3月 1日 19:04

    地元の小学校が、決勝前のタグラグビー全国大会に出場していたのですが、あのグラウンドでプレーしたのかと思うと、ちょっとかわいそうに思いました。子どもたちは「聖地・秩父宮」に行くことを楽しみにしていただけに、残念。
    もちろん、トップリーガーにとってもピッチコンディションはいい方がいいワケで、国内最高峰の試合があの状態で行われるのは考えものです。秩父宮の稼働率を考えればやむを得ないのかもしれませんが…何か方法が無いのかなぁ。
    決勝の試合は、トヨタの反則の多さが気になったものの、双方の良さが十分に出ていて楽しめました。

    投稿: もろきう | 2010年3月 1日 11:56

    村上さん、お誕生日おめでとうございます。
    そして愛好日記、丸5年間継続おめでとうございます。いよいよ6年目に入りましたが、今後ともSteadyな更新で、いろんな角度からのラグビーの見方をご教授いただけることを期待しています。

    投稿: アンテナ男 | 2010年3月 1日 11:03

    緊迫した試合でしたね。決勝戦にふさわしい一戦だったと思います。

    気になったんですけど、後半のキーになったトライの前に、両チームの選手が頭からぶつかってメディカルが入っても長い間倒れていました。それなのに、プレーを止めなかったレフリーの判断はいかがなものでしょうか。選手たちも、タッチに切らなかったから、問題なかったのかもしれませんが、頭の怪我は深刻化しやすい分、ものすごく違和感を覚えました。

    投稿: okurala | 2010年3月 1日 07:15

    感動しました。
    HAPPY SANYO!!!三連覇!

    しかし秩父宮のグラウンドコンディションの酷いこと…
    シーズン終わりとは言え去年よりひどかったのではないですか?

    投稿: ゆき | 2010年2月28日 23:55

    私も秩父宮に行ってきました。
    最後はカイロ握り締めドキドキでした。好きなチーム同士の対戦は観ていて楽しい反面、応援に困る…。
    帰りの新幹線では瞼は眠気を主張し、頭は試合を振り返り、心は三洋が勝って嬉しいやらトヨタが負けて悔しいやら。結局眠れぬまま大阪に着いちゃいました。きっと今日はどちらかというとトヨタの方に想い入れが強かったようです…

    投稿: koteru | 2010年2月28日 23:31

    悔しい、前半12ー0で折り返したトヨタ。今日は絶対に勝てると思ったんだか。流石、王者三洋電機、ここ一発の集中力と絶対に諦めない執念。感服しました。前半、水野の幻のトライ、ツキもなかっだ、後半、反則多さなど、トヨタの悪いクセが出てしまったな。
    しかし、後半トニー・ブラウンに何度ターンオーバーされたんだろう。凄いの一言につきる。
    いずれにしても、三洋電機ワイルドナイツ日本選手権制覇おめでとうございます。そして、両チームの皆さん、素晴らしい試合をありがとうございました。

    投稿: ライガー | 2010年2月28日 22:10

    今シーズンの最高のゲームは、心技体の充実度のレベルの高さとゲームの魅力度からいって、トップリーグプレーオフ決勝戦だなぁ。

    日本選手権がなにがしかの意味があったのは、トヨタとNECという2チームにとってですね。

    投稿: マスター | 2010年2月28日 22:03

    トヨタは後半、好機なのに連続してノットリリースを取られましたね。あれは三洋の術中にはまったのでしょうね。
    それにしても、トップリーグ王者の東芝に敗れた三洋がトヨタに買って日本選手権制覇、そのトヨタは東芝に勝っている。いったいどこが今年のチャンピオンチーム?(チャンピオンという語のは唯一無二)

    投稿: エリス少年 | 2010年2月28日 19:43

    今日の試合、秩父宮で観戦しました。素人目には、前半はアイイ、後半はトニー・ブラウンが光っていました。
    特にトニー・ブラウンの闘争心には感銘を受けました。菊谷の突進を止めたタックル。モールに自ら加わって、トライへの後押し。北川のトライにつなげたボールの争奪などなど。

    スゴイ気迫と集中力。それらを生み出す強い闘争心。ラグビーは人間の魂のありようを見せてくれる、素晴らしいスポーツだと改めて思わされました。

    投稿: えーちゃん | 2010年2月28日 19:35

    シーズンファイナルに相応しいいい試合でした。グランド整備ありがとうございました。ノーサイド後で両チームが顔もジャージも『泥だらけ』・・・大昔の早稲田対近鉄でしたっけ?後半は協会が用意した紅白ジャージを着用して試合していた姿を思い出しました。来シーズンも楽しみにしてます。ラグビー愛好日記はシーズンオフ無しで頑張って下さい。(笑)楽しみにしてます。

    投稿: バルビフォンテン | 2010年2月28日 18:06

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/47687795

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権決勝結果:

    » ラグビー日本選手権、三洋電機三連覇おめでとう!! [IXY-nob]
    前半と後半でこんなに展開が変わったゲームも珍しい。 前半はトヨタが圧倒。 後半は三洋が生き返った。 得点は前半12-0でトヨタ。 後半22-5で三洋。 トータルでは22-17で三洋の勝利。キックオフ直後から今日のトヨタは全員の動きがいい。キレがある。 ブレイクダウンを制圧し、三洋の得意のプレーを封じた。 ほとんどの時間帯を三洋陣で攻め続けた。 最初のモールからのトライ。 その次も見事な集中力でのランニングだった。 このままの勢いで後半もトヨタペースで試合が進むかに思われたが、ここから三洋の底力が発揮... [続きを読む]

    受信: 2010年2月28日 17:55

    » 日本選手権FINAL [海風が強く吹いている]
    現役ラグビー選手であることが発覚(私が知らなかっただけですが)した、高円寺駅でホームから転落した女性を救出した佐藤弘樹さん(24)。日本選手権の試合前に、ラグビー協会から日本代表の桜のジャージを贈呈されました。 日本協会の会長でもある森元首相の発案とか。... [続きを読む]

    受信: 2010年3月 1日 00:02

    « 岩渕健輔トーク | トップページ | 2010日本代表スコッド発表 »