« 桜はこれから | トップページ | 行く人来る人2010 »

大畑選手からの伝言を持って

30日の火曜日は、神戸製鋼コベルコスティーラーズの灘浜グラウンドに行き、大畑大介選手のインタビューをしてきた。これは、5月中旬以降に発売される「強くなるドリルシリーズ18 高校ラグビー」(ベースボール・マガジン社)に掲載されるモノだ(写真はタイトル用にカメラマンの要望に応える大畑選手)。

Img_0956

高校生達に勇気を与えるインタビューになったが、毎度のことながら、大畑選手の強さには感心させられる。色紙に書いた言葉は、「為せば成る」。思い描き、努力すれば、それは実現する。高校1年生の時、東海大仰星高校はまだ全国大会に出場したことがなく、その中で大畑選手はレギュラーになれずにもがいていた。その時期に、上履きに「目指せ! 全国制覇、高校日本代表」と書いていたのだ。

周囲の反応は冷ややかだったようだが、大畑選手は血のにじむような個人練習で脚力をつけ、1年で50m走の記録を1秒も短縮。次々に夢を実現させていった。高校で全国制覇はできなかったが、社会人では全国制覇も成し遂げ、日本代表にもなった。「最後はおつりが来ましたね」と、テストマッチのトライ数の世界記録まで作ったことを笑う。今は、チームの日本一が目標になっている。大畑選手は個人タイトルは多々あるが、チームでのタイトルが少ない。そして、「いまでも、やっぱり日本代表にもなりたい。日本でラグビーをしている以上、それが最高の目標ですから」と話していた。

取材後、京都の宝が池公園球技場に向かっている。近畿の少人数高校生達の大会を観戦し、夜の講習会では、約1時間ほど話をさせてもらうからだ。大畑選手のメッセージを紹介し、2016年7人制ラグビーでのオリンピック、2019年日本開催のワールドカップを目標にして頑張ってほしいと伝えたいと思う。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 桜はこれから | トップページ | 行く人来る人2010 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

     2011年のワールドカップの方のチケット発売の発表があったみたいですね。

     私は今から2019年ワールドカップに向けて、貯金を頑張ります。チケット代、はっきり言って、高額でしょうから。

     思うのですが、2019年のワールドカップ貯金用にペーパークラフトの貯金箱を配ったらどうでしょうか?ワールドカップの日本開催の宣伝と、チケット代が高額な事への意識付けにピッタリでは?

    投稿: rugbyhead | 2010年3月31日 00:19

    関西の星、大畑選手は生徒たちのあこがれです。大畑選手の行っていた事を、NZワイカト協会の宮浦さん、西尾さん、ポール・ホッダーさんも言ってましたね。
    生徒たちも近鉄ライナーズの選手に教えてもらっている時は目が輝いています。
     
    毎日、自らする練習が大切、外的なもーティベーションでなくて、内から湧き出てくる力が必要だと思います。山口先生も同じでした。生徒たちにそういう力をつけるためにも、コーチのためのセッションがあれば・・・と思う、今日このごろです。
     
     P.S. リッチー・マコウから絵はがきが来たらラグビーしますよね〜村上さん^^)

    投稿: 菊本 孝一 | 2010年3月30日 22:14

    今日話聞かせてもらいました
    ラグマガなどで見かける話から今まで全く聞かなかったことまで聞けて面白かったです
    ありがとうございました

    投稿: 大阪のロック | 2010年3月30日 20:41

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/47950663

    この記事へのトラックバック一覧です: 大畑選手からの伝言を持って:

    « 桜はこれから | トップページ | 行く人来る人2010 »