« 新宿御苑とトヨタ情報 | トップページ | セブンズ フェスティバル東京 »

ラグマガ6月号ほか

Cover_1006

ラグビーマガジン6月号、ラグビークリニック(ラグマガ別冊青葉号)が発売された。ラグマガには別冊付録「ジャパン応援ブック」付き。現日本代表スコッドのプロフィールが紹介されている。

Japanguide2010

ラグマガ6月号の特集は、始動した日本代表だが、ジョン・カーワンヘッドコーチ、菊谷崇キャプテン、立川剛士選手が決意を語る。立川選手のところでは、急逝した渡邉さんのコメントもある。立川選手の決意のほどがうかがえる。U20日本代表の元木由記雄ヘッドコーチの「ジャパン・オリジナルを必ず」も期待を抱かせてくれる。この他代表関連の記事多し。7人制日本代表、高校日本代表ともに着実に経験を積んでいるようだ。

編集部の森本優子さんイチオシの「ゴリ夢中!」のゲストは大久保直弥さん。「ラグビーの道、人の道」と題された対談は、示唆に富んでいる。大久保さんの「FWは、相手に弱みを見せちゃいけない」のくだりは、かっこいい。「ラグビーは心がもろに出るじゃない。きついときに逃げる人間は信頼されない」。

大型移籍となった、箕内拓郎選手、山下大悟選手が移籍の気持ちについて語っている。脳腫瘍の手術から復帰したジュリアン・ハクスリーのストーリーもあり。「愛すべきラグビーに必ず戻って来られると信じ続けた」。

Rugbyclinic_21

ラグビークリニックの特集は「今のうちに、フィットネス」。厳しいトレーニングから逃げたらラグビーはできない。でも、どうやって効果的なトレーニングができるか、そんな情報や経験談が満載。陽気なフィジアンたちが、恐怖の坂道ダッシュをする様子も。キヤノンのアシスタントコーチ、チャールズ・ロウさんの話も面白い。武術に精通しながら世界先端のコーチングを実践。基本の大切さはどれにも共通している。

リコーブラックラムズから、2009年度勇退選手、2010年度新加入選手の発表があった。新加入選手では、前ホンダヒートの守屋篤、金栄(キム・ヨンデ)、前サントリーのハレ・ティーポレ、そしてスーパー14ハリケーンズのタマティ・エリソン(SO/CTB)らビッグネームが。引退した田沼広之さんは、新体制ではパフォーマンスコーディネーターに就任する。

新加入選手=川口顕義(法政大、HO)、大山大地(立正大、LO)、松本友介(同志社大、LO)、徳永亮(帝京大学、SO)、小浜和己(流経大、CTB)、長谷川元気(関東学大、WTB)、井上雄介(中央大、PR)、野口真寛(帝京大、NO8)、山本健太(前近鉄ライナーズ、LO)、覺來弦(前横河電機、FL)、金栄(前ホンダヒート、FL)、守屋篤(前ホンダヒート、CTB)、ハレ・ティーポレ(前サントリーサンゴリアス、LO/FL)、タマティ・エリソン(ハリケーンズ、SO/CTB)

勇退選手=田村和也、Samiuela Mafileo、王思博、大竹勝也、蓼内博樹、田沼広之、Hottie Louw、Gerhard Human、Pieter Ferreira、武川正敏、斎藤敦、福永昇三

お知らせ◎ラグマガ編集部の森本優子さんのトークライブのお知らせです。好評だった難波英樹選手が再び登場。
【森本優子 ラグビーに乾杯!vol.7】
〜再び登場!我が心のタックラー〜
2010年5月15日(土)午後6時キックオフ(午後5時半開場)
パーソナリティー:森本優子(ラグビーマガジン編集部)
ゲスト:難波英樹(トヨタ自動車ヴェルブリッツCTB)
参加費:2,000円
懇親会費:3,000円
定員:50名
予約受付中!
予約、お問い合わせは
道楽亭 Ryu's Bar 佐藤まで 
03-6452-8366
dourakutei@kph.biglobe.ne.jp
http://www.ryus-dourakutei.com

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 新宿御苑とトヨタ情報 | トップページ | セブンズ フェスティバル東京 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    今日、25日は秩父宮でセブンズを観戦。観戦料も五百円と財布に優しい。各プールの決勝トーナメントになると一層、白熱して面白かった。決勝はジャパンB対リコーとなったが、緊張感のある好試合となった。7人制は攻撃の仕掛け合いで、観ていて楽しい。

    投稿: ピアノマン | 2010年4月25日 21:10

    W杯前年是非ジャパンには頑張って欲しい。JKへの応援メッセージはどうやったら着きますか?

    投稿: 山田 | 2010年4月25日 20:43

    今日の昼間、朝日コムを見ていたら「日本ラグビー協会は、中学生の全国大会を新設することを決めた。8月に長野・菅平で開催され、第1回は中学校4校、ラグビースクール4チームでそれぞれトーナメントを行う。2019年に日本で開催されるワールドカップに向けた強化策の一環。」と、ありました。
    出場チームの選考方法等、村上さんはご存知でしょうか?

    投稿: ラグファン | 2010年4月24日 22:04

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/48169049

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグマガ6月号ほか:

    « 新宿御苑とトヨタ情報 | トップページ | セブンズ フェスティバル東京 »