« ラグマガ6月号ほか | トップページ | 神鋼・新外国人選手 »

セブンズ フェスティバル東京

日曜日は秩父宮ラグビー場にいた。「セブンズ フェスティバル in TOKYO」を観戦するためだ。僕は午後からしか行けなかったのだが、試合を追う毎に内容は熱く、激しくなっていったような気がする。昼間は日当たりの良いバックスタンドにいると暖かかったのだが、日がかげってからは風にさらされないメインスタンドのほうが暖かかった。写真は、プールCで1位通過、大会を盛り上げたNECグリーンロケッツと応援団。

Nec

男子カップトーナメント(プール戦1位グループ)決勝戦は、築城、桑水流といった現7人制日本代表選手に、三洋電機の北川智規、神戸製鋼の今村雄太らを擁するジャパン・セレクトBと、リコーブラックラムズの対戦。リコーも、小吹、横山兄弟ら7人制を得意とする選手が多く、キニキニラウ、ハビリといった突進力ある選手がJS・Bを大いに苦しめた。タヌママの大声援も後押し! 前半は、26−9とリコーがリード。

Final

後半に入ると一転してJS・Bペースに。後半2分に、大東大のシオネ・テアウパが追撃のトライをあげると、次のキックオフから3本連続で、JS・Bがキックオフを競り合える位置に蹴り上げて、リコーの反則を誘うなどボールを確保(7人制はトライした側がキックオフを蹴る。15人制とは逆)。これが流れを決定的にした。5分、友井川のトライで同点にすると、7分、桑水流のトライで逆転。最後は今村が独走してダメを押した。面白い試合だった。MVPは、再三力強い突破を披露した築城昌拓。

Cupw

プレートトーナメント(プール戦2位グループ)は、ジャパン・セレクトCが決勝でクボタスピアーズを破って優勝。東海大の豊島、安井、鶴田、同志社大の正海、法政大の竹下、早稲田大の坂井ら、若い選手達が存分に駆け回っていた。3位グループのボウル・トーナメントは、トヨタ自動車ヴェルブリッツと近鉄ライナーズが決勝で激突。トヨタが、久住、水野ら経験豊富なスピードランナーと、ルーキーの文字、安藤らの活躍で優勝。新監督の朽木泰博さんの話では、まだチームをまとめるような練習をしていないらしく、「上出来です」とのこと。「文字、いいでしょう? 今年の新人は視野の広い選手が多いです」とルーキーの活躍にも目を細めていた。

カップの準決勝でJS・Bに延長戦の末敗れたものの、福岡サニックス・ブルースの頑張りもあったので書き加えておきたい。

女子の部は4チームが出場して総当たり戦を行なった。優勝は経験豊富な選手を揃える名古屋レディース。U23日本代表スコッドを破って3連勝。MVPには、その名古屋レディースから兼松由香が選ばれた。U23とは大接戦だったのだが、U23キャプテンの鈴木彩香もタックルにパスにチームの軸として頼もしいプレーを見せていた。女子ラグビーも最近の宣伝効果のせいか、女子選手の認知度がかなり高まってきた気がする。

Yossy

海外の7人制大会には、こういう人がたくさんいる。日本では貴重な存在。準備期間が短く、集客は難しかった今大会だが、朝から晩まで楽しめて、再入場も可は、なかなか楽しいイベントだし、なにより7人制強化のために試合機会が増えることは何より。ただし、きょうは夕方から冷え込んだので耐えきれずに帰る人も多かった。もうちょっと派手に演出して、お客さんをつなぎとめる工夫もほしかったなぁ。何もかも最初から上手くはいかないし、見切り発車でも大会開催にこぎつけたのは評価できるので、もうちょっと、ね。さて、最後はお知らせ。

お知らせ◎「ノーサイド・プロジェクト2010春」開催
 昨年秋に始動したノーサイド・プロジェクトの第2弾が、5月22日、アジア五カ国対抗の日本対香港戦の夜、開催されることが決まりました。現在発売中のラグビーマガジンにも告知されていますが、5月22日の試合後、ファンの皆さんで集い、これからの日本ラグビーのため結束を固めましょう。そして、一人でも多く新しい仲間を増やしましょう。お友達やご家族もお誘い合わせの上ご参加ください。好評だった昨年秋のノーサイドイベントより、もっと熱く、もっと楽しい会にしましょう。申し込み受け付け開始は、明日(4月26日)です。

日時=5月22日(土)18:30キックオフ(受付18:20より。20:30終演)
場所=原宿 cafe STUDIO
(東京都渋谷区神宮前4-31-10 YMスクウェア原宿1F)
会費=1,000円(ワンドリンク付き)、小学生以下無料
司会=村上晃一
ゲスト=田沼広之、山賀敦之、グレン・マーシュ他(予定)、試合を終えた日本代表選手がやってくるかも…。

内容=ゲスト等によるトークライブ、ファンで交流するゲーム大会他
主催=ノーサイド・プロジェクトチーム
後援=日本ラグビーフットボール協会、ラグビーマガジン

◎申し込み方法

募集人数:150名(*定員となり次第締め切りとさせていただきます)
★ベースボール・マガジン社のHPからお申し込みください。
http://www.sportsclick.jp/rugby/
右側のメニューの「関連イベント」より、「ノーサイドプロジェクトイベント」申し込みをクリック。「参加申込フォーム」へ。 必須事項を明記の上、お申し込みください。

*申し込み完了の方には受付メールが返信されます。会費は、当日会場にてお支払いください。
★ご予約開始は4月26日(月)より。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグマガ6月号ほか | トップページ | 神鋼・新外国人選手 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    セブンス、午後から行きました。
    急なイベントだったため、高校の春季大会と重なった為、計画の目的自体 果たせなかったような。。。
    東京の予選なんか、3回戦ですよ~学生は観に来れないでしょう、ターゲットなのに~
    企画は、昔のジャパン・セブンズみたいに見直してもらえると嬉しいですよね~
    提案としては、セブンズで熱く、元気な(名作な?)応援を繰り広げる各応援団にそれぞれ競ってもらい、試合のチケットをプレゼントするコンペをしたりして、日本応援団決定戦なんかどうですか?ニュージーランドのセブンズのコスプレ・コンペみたいに~

    ホント、今回のセブンズでは試合終盤の各ファイナルでは寒くて、それでも客数もかなり少ないにも拘らず、各応援団、見事な大声援。
    テストマッチでもお目にかかれないです、おかげで楽しめました~(しかしリコーは何故に小松さんに集中応援?)
    またナイタ-になっても、子供達のベビーシッターしつつ、頑張って応援していたクボタのウマhorse?いやユニコーンくん、村上さんの写真にあるコスプレのおにーさん、ご苦労様でした。
    来年は着ぐるみを各チーム増やして欲しいな~
    これからのイベントに2019の未来があります。
    せめてNZのスタジアムみたいにアンケートとらなきゃ~happy02


    投稿: rua・toru | 2010年4月27日 01:27


    試合に出てない選手もいて

    楽しめましたが

    場内放送の人が、間違えが多すぎましたね

    あと、掲示版の背番号と、実際のピッチ上での

    背番号が違っているので

    余計、イライラしました

    投稿: メタポ | 2010年4月26日 21:59

    セブンスの面白さを十分に楽しめる一日でした。今回で終わる事なく、継続して開催して欲しい、と強く思いました。準備期間もあまり無かった様なので、仕方ないかと思いますが、昨年TLでやっていたようなゲーム企画を!小学校低学年の子供連れでは決勝まで見られなかった…残念です!
    選手、スタッフの皆さんお疲れ様でした。素晴らしい一日をありがとうm(__)m

    投稿: けいたん | 2010年4月26日 10:36

    先ほど、すぽるとで女子7人制が取り上げられていましたね!

    今回の大会は残念ながら自分の試合があって、観戦できませんでしたが、ぜひまたこのように7人制を満喫できる大会・イベントを開催していただきたいです。

    余談ですが、あと10年あとに生まれていたら、他競技からですが、私もトライアウトに参加したかったです(笑)
    それくらいU23代表の皆さんは輝いて見えました☆

    投稿: アン | 2010年4月26日 02:54

    初めて、セブンズの試合を真剣に見ました、そしてたくさん見ました。面白かったです。そしてTLの選手をたくさん見ることができて楽しかったです。(出場していない選手もいっぱい☆)大盛り上がりのNEC応援団はバリバリのトップリーガー達でしたね。
    しかし、当方も冷えと時間が遅くなったので3試合を残して帰宅しました。残念!!

    投稿: 一ファン | 2010年4月26日 01:39

    7人制は、15人制とは違った面白さがあることに気づきました。
    ボールが早く動き、スピード感もあって、観ていて楽しかったです。
    今年は準備期間も少なかったので改善点もありますが、今後も続けて欲しいです。
    2016年オリンピックのためにも、7人制の楽しさを広めて行きたいですね!

    投稿: サファイヤ | 2010年4月26日 00:21

    久しぶりにセブンズが秩父宮に帰ってきましたね♪
    2001年から待ちわびてました。

    ただ時間がなかったのかまだセブンズに対応してないチームとの差がかなりあったかな。
    リコーはセブンズのスペシャリストが多く、試合内容もさすがです☆

    このまま毎年恒例になればいつかは香港セブンズのサウススタンドのようにコスプレ祭りが定着するかも!?

    投稿: タロ | 2010年4月25日 23:42

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/48183452

    この記事へのトラックバック一覧です: セブンズ フェスティバル東京:

    » 朝から晩まで秩父宮 [海風が強く吹いている]
    秩父宮ラグビー場に「SEVENS FESTIVAL 2010 in TOKYO」を観に行く。 朝から晩までセブンス三昧。あぁ、お腹一杯。 入退場自由。入場料500円、高校生以下無料はいいセンス。 日本協会さん、GOOD JOB! プレート、ボウルに回ったチームはセブンスと言っても15人制を7人で... [続きを読む]

    受信: 2010年4月26日 00:29

    « ラグマガ6月号ほか | トップページ | 神鋼・新外国人選手 »