« 得点機の静寂 | トップページ | 3Dラグビー中継 »

京都成章に行く

水曜日は京都成章高校に行ってきた。5月にベースボール・マガジン社から出版される「強くなるドリルシリーズ、高校ラグビー」の取材のためだ。激戦区の京都府予選を勝ち抜き、全国大会でも2年連続のベスト4、3月の近畿大会では準優勝と、最近は強豪校として安定感ある戦いを続けている京都成章の湯浅泰正監督に、指導哲学やベーシックな練習についてお話しをうかがった。

Seisho

写真に撮影したグラウンドは、縦横80メートル四方のグラウンドで、もちろん、ラグビーの正式な試合はできない。ゴールポストも探さないと見つからなかった。これを野球部などと共用しながら、全国レベルの実力を保つのだから指導陣の手腕は素晴らしい。今はまだ春の段階なので、ベーシックスキルを身につける練習が多かった。「ほんと、基本だけですよ。がっかりしたでしょう」と湯浅監督はおっしゃるが、その細部のこだわりは、指導の声の中に感じ取ることができた。今年は伏見工業が強いようで、京都の予選も激戦になりそう。さっそく春の大会で両者が決勝まで進めば、直接対決がある。

過去2年全国でベスト4に進んだチームと比べると、今年はやや苦しいかとおもいきや、いきなりの近畿大会優勝。「高校生の伸びには驚かされます」と短期間での成長に目を細めていた。1年生から3年生まで、みんな気持ちよく取材者に挨拶してくれたのだが、そういった挨拶の指導など生活面の指導が一番大切で、それがラグビーに出ると湯浅監督も話されていた。

Yuasasan

グラウンド脇にある小さなミーティングルームには、さまざまな試合の映像がストックされ、日本代表のジャージも飾ってある。古いタイプのは、伝説のCTB横井章さんのものだ。長らくこのチームのアドバイザーを務めていらっしゃる。学校の玄関脇には、矢富選手の日本代表ジャージも飾ってあった。

追記◎4月25日(日)、秩父宮ラグビー場にて行われる7人制ラグビー大会「セブンズ フェスティバル2010 in TOKYO」の組合せ、タイムスケジュール、チケットの詳細が明らかになった。チケットは全席自由で、500円 (当日販売のみ)。高校生以下無料。入場は正面入口側のみ。再入場可。

組み合せなどは、日本協会のホームページをご覧いただきたいのだが、朝10時から以下のような興味深いカードが並ぶ。午後6時37分から予定されているカップファイナルまで、全27試合。どうぞご堪能ください。13:40~14:10にはイベントも予定されている。

10:00 東芝ブレイブルーパス VS JAPAN SELECT A
10:18 サントリーサンゴリアス VS JAPAN SELECT B
10:36 トヨタ自動車ヴェルブリッツ VS JAPAN SELECT C

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 得点機の静寂 | トップページ | 3Dラグビー中継 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/48089048

    この記事へのトラックバック一覧です: 京都成章に行く:

    « 得点機の静寂 | トップページ | 3Dラグビー中継 »