« 宮本、中村両OBに訊く | トップページ | 女子代表メンバー他 »

日本A代表も出発

5月22日の日本代表対香港代表戦が行われる秩父宮ラグビー場に、ワールドカップの優勝トロフィー、エリスカップがやってくる。13:00~14:00の1時間、西スタンドのコンコースでも一般に公開されるようだ。

日本A代表は、あす(19日)、スコットランド・スペイン遠征に出発する。いろんな仕事が重なって取材に行けなかったのだが、記者仲間の大友信彦さんが様子を教えてくれた。きょう(18日)午前は、クボタスピアーズと実践形式の練習を実施。キャプテンは、三洋電機ワイルドナイツのSO・CTB入江順和が務め、リーダーにPR金井健雄、FLキム・ヨンデ、SO・FB正面健司が指名された。

入江キャプテンは、「若いメンバーが多いし、みんな代表にあがりたくてアピールしたい気持ちは同じ。結果を出してきたい」と語った。また、早稲田大の有田隆平は、「チームは僕がいなくても全然心配ないし、ラグビー人生を考えたら、ここで経験を積んできたほうがプラスになる。スコットランドには、去年の雪辱と言うよりも新しくチャレンジする気持ちです」と話していたそうだ。

※19日朝、追記。IRBジュニアワールドラグビートロフィーに参加中のU20日本代表の第1戦は、5月18日(火)18:15キックオフ(日本時間:23:15)、ロシア・モスクワにて行われ、U20日本代表が、31-17でU20ロシア代表を破った。

女子ラグビー情報では、市立船橋高校3年の18歳、4月のU18香港戦では主将を務めた鈴木実沙紀が、22日の女子香港戦の出場メンバー22人に入った(男子日本代表と同じ秩父宮ラグビー場で正午にキックオフ)。女子15人制のテストマッチ国内開催は1998年依頼12年ぶり。鈴木はU18のNO8から今回はHOに転向して出場予定。「15人制には7人制と違った魅力があるので楽しみ。香港戦では相手を倒しきるタックルを見せたい」とコメントした。

さて、今回の情報を伝えてくれた大友さんが、今週発売のナンバー誌に後藤翔太選手のストーリーを書いている。タイトルは、「できるまでやれば、できる」後藤翔太の明るい狂気。

脊髄損傷・全身麻痺という重傷から頸椎手術を経て復活し、麻痺が残る中でもトップリーグで戦い、さらに日本代表復帰を目指す後藤選手の姿を描いたもの。「取材の過程で、現在のラグビー界を取り巻くメディカル面の課題もいろいろ勉強することができました」と大友さん。ケガと向き合う後藤選手のあっけらかんとした明るさ、徹底的にポジティブな姿勢に感動したという。お楽しみに。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 宮本、中村両OBに訊く | トップページ | 女子代表メンバー他 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ミーねえさん
    おめでとう!

    投稿: ナベゾ | 2010年5月19日 06:22

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/48395325

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本A代表も出発:

    « 宮本、中村両OBに訊く | トップページ | 女子代表メンバー他 »