« トークライブのお知らせ | トップページ | ノーサイド・プロジェクト2010春 »

大野選手が代行ほか

今朝の京都新聞で「洛北高校出身の今福ら17人合格」の見出し。なんだ?と思ったら、京都府立洛北高校ラグビー部出身の今福順也さん(19歳)が、夏場所の新弟子検査に合格したとのこと(松ヶ根部屋、177センチ、112キロ)。頑張れ!

夕方の読売テレビでは、「ラグビーに恋した女性の挑戦」と題して10分ほどの特集が組まれていた。ジュニアの空手チャンピオンで、女子ラグビーに挑戦したとして話題になったウォターハウス亜耶バネッサさんのことだった。女子ラグビーの代表候補合宿などの映像も出てきて、運動能力の高いバネッサさんに期待を寄せる内容。「ラグビーを観戦して一目惚れしました」の言葉が嬉しい。

さて、日本代表は、5月15日、秩父宮ラグビー場にて(14時キックオフ)行われるカザフスタン代表戦に向けて、宮崎で合宿に入った。出場停止の菊谷キャプテンに代わって、大野均選手(東芝ブレイブルーパス)がゲームキャプテンを務める事も明らかになった。ミーティングでは、大野選手が「キャプテンが変わっても、やることに変わりはありません。みんなでワールドカップの切符を獲りにいきましょう」と話し、チームの意思統一を図ったようだ。ちなみに、選手間で選出するアラビアンガルフ代表戦の「プレーヤー・オブ・ザ・デー」は、金澤良選手(リコーブラックラムズ)が選ばれたという。

近鉄ライナーズからは、新加入選手と追加引退選手のお知らせがあった。加入するのは、元オールブラックスのWTBリコ・ギア選手である。スーパー14では、クルセイダーズ、ブルーズで活躍。そのしなやかなランニングは印象深い。現ハリケーンズのホズィア・ギアのお兄さんだ。2008年からはイングランドのウースター・ウォリアーズでプレーしていた。6月からチームに合流する予定という。決定力あるWTBの加入で得点力はアップするだろう。引退選手は神戸製鋼から近鉄に移籍して現役を続けていた南條賢太選手(37歳)。チームを離れ、新たな世界に飛び出すようだ。

Hyoushi01

現在、配布されているフリーペーパー「エンジョイ・ラグビー」。表紙は、23歳以下女子7人制日本代表キャプテンの鈴木彩香選手。初心者の方にも分かりやすく書かれているので、ぜひゲットしてお友達などに渡してください。

プチお答えします◎先日、コメント欄でご質問のあったスタッドゥ・フランセのジャージーに描かれた女性の顔の件だが、JSPORTSの国内放送でお馴染みのディレクターで、フランス語の堪能な木村君が教えてくれた。「ブランシュ・ドゥ・カスティーユがモデルになっています。ルイ8世の王妃です。スタッドゥ・フランセの創始者たちが、サン・ルイという高校の生徒だったのですが、ブランシュ・ドゥ・カスティーユは、そのサンルイ高校の創始者の母であるとのことです」。ありがとう、我らがキムタクゥ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トークライブのお知らせ | トップページ | ノーサイド・プロジェクト2010春 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    南条選手の新世界って興味深いっす

    投稿: ナベゾ | 2010年5月11日 04:50

    スタッドフランセのジャージの件,ありがとうございました。実はスタッドフランセのゲームを観て,「かっこいい!」と思い,レプリカを購入したのですが,あまりの派手さにちょっと着る勇気がありません。飾っているだけで終わってしまうのか?
    もしラグビー場で着ている人間がいたら,それは私です。

    投稿: 釜キチ | 2010年5月10日 22:54

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/48325244

    この記事へのトラックバック一覧です: 大野選手が代行ほか:

    » ラグビー日本代表、アジア5カ国対抗戦2試合を終わって!! [IXY-nob]
    5月1日対韓国(スコア71-13)、5月8日対アラビアンガルフ(60-5)とラグビー日本代表の今シーズンは2連勝でスタートしました。 いずれも、得点的には大差で相手を圧倒していますが、内容は?が付くものでした。 不用意な反則も含めあまりにもミスが多かったのです。 その結果、2試合とも相手にトライを許しています。 テレビ観戦ですから、現場の状況は少し違ったかもしれませんが、両国とも明らかにノートライで抑えらほど力の差はあったと思います。ミスや反則の要因については、「試合勘」が鈍っていたことが一番大きく... [続きを読む]

    受信: 2010年5月10日 20:54

    « トークライブのお知らせ | トップページ | ノーサイド・プロジェクト2010春 »