« 3Dパブリックビューイング(写真更新) | トップページ | 宮本、中村両OBに訊く »

大阪・高校ラグビー春

日曜日は、花園ラグビー場横の東大阪グラウンドに行っていた。年末年始の全国大会の時は、花園第3グラウンドになるところだ。快晴で、またまた日焼けしたかもしれない。

なぜ取材したか。この春、大阪の高校ラグビー界は上位陣が大混戦なのだ。春季大会は、新人大会の結果から、上位16チームを4組に分けた一次リーグを経て、順位決定トーナメントに進むスタイルなのだが、一次リーグで大阪朝鮮と同志社香里が引き分けたり、準決勝で大阪桐蔭が東海大仰星を破ったり、というわけで、大阪高校ラグビーの現状をラグマガに書くための取材だった。

まずは、同志社香里対常翔啓光学園の試合を見る。これが、5・6位決定戦だ。啓光の素速いパスワークは相変わらずだが、一対一の勝負で香里がまったく引けをとらず、終わってみれば香里が31−17で勝利した。続いて3・4位決定戦の東海大仰星対常翔学園戦を見る。常翔が力強い縦突進を織り交ぜて優位に立ったが、次第にペースは仰星に傾いた。拮抗した局面を打開した、WTB小原の突進力は高校レベルでは図抜けている。36−14で仰星の勝利。

Choko_2

決勝戦は、大阪朝鮮対大阪桐蔭。激しいコンタクトプレーが相次いだが、展開力に勝る大阪朝鮮が後半突き放し、終盤の大阪桐蔭の猛追をかわして、31−24で逃げ切った。これで、冬の全国大会大阪府予選では、大阪朝鮮、大阪桐蔭、東海大仰星がAシード、常翔学園、同志社香里、常翔啓光学園がBシードとなり、3つのブロックにそれぞれA、B、1チームずつが入る事に。この6チームの実力は拮抗しているが、これから冬までに各チームどれだけ成長するかは未知数。いずれにしても、面白い試合が続出しそうだ。

ふと思い返したのだが、大阪の高校春季大会を取材したのは初めてだった。将来楽しみな選手も何人か見つけた。現場は楽しいなぁ。詳しいことは、ラグビーマガジン(5月25日発売)に書きたい。

追記◎花園からの帰り道、神奈川県方面から高校春季大会の決勝で慶応高校が桐蔭学園を33‐10で破り、優勝したという情報が。松島、竹中という桐蔭の二枚看板は出ていなかったらしいけど、前半は桐蔭が10点リードから、後半、慶応が怒涛の猛反撃。見事なプレーが相次いだという。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 3Dパブリックビューイング(写真更新) | トップページ | 宮本、中村両OBに訊く »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さん、今 高校ラグビーは面白いですよ~
    今年の東京の春季大会も常勝校の敗退が準決勝にあり、沸きました。(残念に思う部分がありますが、ここしばらく東京では負け無しの常勝校なので…)
    今年の東京の優勝校は身体は小さいけど、正直日本のラグビーには必要なスキル(基礎)をよく学んでいますね~
    自分の応援していた高校は準々決勝で敗退しまして残念でしたが、どこも下克上の如き乱戦~今年の花園楽しみですね^^

    投稿: rua・toru | 2010年5月17日 19:28

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/48374354

    この記事へのトラックバック一覧です: 大阪・高校ラグビー春:

    « 3Dパブリックビューイング(写真更新) | トップページ | 宮本、中村両OBに訊く »