« 高校ドリル&ラグビー祭 | トップページ | NZのジャパンと、NTTコム加入選手 »

U20日本代表結果

ロシア・モスクワにて開催されている「IRBジュニアワールドラグビートロフィー(JWRT)」に参加中のU20日本代表は、5月30日、決勝戦で U20イタリア代表と対戦し、7-36で敗れた。U20日本代表は、上部大会であるジュニアワールドチャンピオンシップ(JWC)への昇格はできず、来季のJWRT出場権獲得のため、今年8月初旬にタイで予定されているU20アジアトーナメントに出場する予定。

詳細はまだ発表されていないが、新チームを編成しての参加となる。この年代の世界大会は毎年行われるので、日本協会としても段階的に選手を育成するシステムを定着させていかなければならない。原則として、来年のJWRTに出場できるのは、1991年1月1日から、92年12月31日生まれまで。8月のアジアトーナメントは日本のシーズン直前に当たる。メンバー編成に苦労しそうだ。

日本がJWCから下部トーナメントであるJWRTに降格したのは、IRBがJWCの参加国を16から12に減らしたからなのだが、上位12というのは、フル代表の世界ランキングが13位の日本にとっては難しいハードルになる。ちなみに、イタリアのフル代表の世界ランキングは11位。ここを越えていくためにも、U18あたりの強化を推し進めなければ。

■元木由記雄ヘッドコーチ
「イタリア代表は強かった。選手たちは今までにないプレッシャーを受け、前半は浮き足立ってしまった。そのプレッシャーを感じさせてしまった、取り除けなかったのはヘッドコーチの責任。選手たちはよくやってくれた」

■山下昂大キャプテン
「勝ちたかった。前半立て続けにトライを取られてしまい、入りが悪かった。後半のラスト20分はジャパンのテンポでプレーできた。優勝はできなかったが、今回のU20日本代表はいいチームだった。これまでサポートしていただいた、皆様に感謝します。ありがとうございました」

また、スコットランド・スペイン遠征中の日本A代表に負傷者が出たため、U20日本代表で遠征中のHO 伊藤平一郎 (早稲田大学2年、174cm、102kg)がロシアからスコットランドへ移動して合流することになった。

負傷で帰国するのは、PR金井健雄(サントリーサンゴリアス)、HO有田隆平(早稲田大学4年)。金井選手は右目眼底、有田選手は左膝とのことだが、詳細は明らかではない。日本A代表は、6月1日(火)、19:00キックオフでスコットランドXV(マレーフィールド)と対戦。5日(土)には、18:00キックオフで、スペインプレジデントXV(バリャドリード)と戦い、7日に帰国する。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 高校ドリル&ラグビー祭 | トップページ | NZのジャパンと、NTTコム加入選手 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    メンバー編成に苦労しそう、という村上さんの心配は、自チーム(大学)が手放さない、ということでしょうか?そうだとしたら、いつまでったてもトータルの強化は進まないでしょうね。一方、各大学の気持ちもわかるけど。。。

    J-SPORTSの南ア対ウエールズ戦中継が忽然と消えた!なぜ?

    投稿: エリス少年 | 2010年6月 1日 11:17

    毎年メンバー変わっちゃうんだから、もっと若い頃から一貫して強化しませんとね
    喩えが悪すぎますが、今のやり方じゃ市井の人を戦地に送っているようなものでしょう...

    投稿: ナベゾ | 2010年6月 1日 04:58

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/48505526

    この記事へのトラックバック一覧です: U20日本代表結果:

    « 高校ドリル&ラグビー祭 | トップページ | NZのジャパンと、NTTコム加入選手 »