« カラウリア-ヘンリー君 | トップページ | サモア戦日本代表メンバー »

シャトルズ新加入選手他

きょうの京都はめちゃくちゃ暑かった。最近は歯医者通いが続いている。東京から京都に引っ越してくると、病院やら散髪屋さんなども新しく見直さなければいけない。それに頭を悩ます毎日である。でも、いいカフェをたくさん発見した。23年ぶりに住む故郷は新しい発見に満ちている。

コメントでご質問のあったサモア代表FBポール・ウィリアムズの件、彼のお父さんブライアン・ウィリアムズは、元オールブラックスで伝説のWTB。オークランドで生まれたがサモア人である。サモアは、NZの国際連盟委任統治地域だった時代もあり、NZとのつながりは深い。NZで生まれ育った人も多く、マイケル・ジョーンズ、トゥイガマラ、バショップ、バンスなど、サモアン(人)オールブラックスは枚挙にいとまがない。今週末、日本代表と戦うサモア代表の中にもNZ育ちの選手がいるが、彼らはみなサモア人の誇りを持って代表入りしている。

トップリーグの豊田自動織機シャトルズから新加入選手のお知らせ。スコットランドA代表経験者のダン・ターナー(LO、200㎝、102㎏、カンタベリー大)、香港代表のマーク・ライト(CTB、180㎝、90㎏、ラフバラー大)である。レベルアップするトップリーグで初昇格チームが残留するのは、なかなか難しい。シャトルズも9月のシーズン開幕に向けて急ピッチの強化を続ける。

ユース世代の強化では、日本協会から2010年度U16、U17ブロックトレーニングキャンプ関東・中国ブロック(U-17)開催のお知らせが。この活動は、2004年から継続して行われているもので、全国9ブロック(北海道、東北、関東、東海、北信越、近畿、中国、四国、九州)から有望なユース選手を集めている。今年度からは、日本協会の中竹竜二コーチングコーディネーター、リソースコーチも参加して、強化の一貫性確保と強化体制の底上げを図る。U16ブロックトレーニング、U17ブロック代表からU17日本代表、高校代表(U18)という継続強化を目指す。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « カラウリア-ヘンリー君 | トップページ | サモア戦日本代表メンバー »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ラグビーファミリーの輪、拡大のために、地元TV局協力で番組がスタートしました。2分/回ですが、全12回です。
    ネット配信もしているので、是非ご覧ください。
    http://www.hokkaido-barbarians.com/

    投稿: 北海道バーバメンバー | 2010年6月18日 09:05

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/48654185

    この記事へのトラックバック一覧です: シャトルズ新加入選手他:

    « カラウリア-ヘンリー君 | トップページ | サモア戦日本代表メンバー »