« ラグマガ9月号&ライブ告知 | トップページ | マコウ・サプライズ »

鬼ごっこ

月曜日は、母校の監督である坂田好弘先生と食事した。というか、ご馳走になったのが、まずは、なんでも鑑定団みたいに、ラグビーボールを拝見することに。オールブラックスのサインが入ったものをアンティークショップで見つけたらしいのだが、「これいつの時代やと思う?」と。スティーブ・マクドゥーエルやマイケル・ジョーンズ、ジンザン・ブルックや、コーチングスタッフのサインなど見つつ、2人で年代を特定していった。おそらく、1992年あたり。これ、かなり楽しい作業だった。

子供にどう教えていくかという話をしているとき、坂田先生が「子供には鬼ごっこさせたらええねん」と。そう、以前も聞いたことがあるのだが、坂田監督が2003年にカンタベリーにコーチ留学されたときも、カンタベリー州代表の選手が鬼ごっこをしていたらしい。大西鐵之祐さんも、子供には鬼ごっこをさせろ、と言っていたそうだ。相手にどうすれば捕まらないか、工夫して身体を動かすようになるので、鬼ごっこはラグビーの動きにすごく役立つ。

Sakata1

坂田先生はアンティークの収集家でもあるので、それを見せていただいているだけで飽きないのだが、ご自身が保管されている昔の記念品なんかを見せてもらうと、アマチュア時代でも、日本代表というものに格があったなという気がする。

Sakata2

追記◎先日のコメントで、福岡で開催されるゴールデンオールディーズの出場選手選出についてのご質問がありましたが、35歳以上であれば特に制限ありません。10月頃に詳細が決まるらしく、「エアーニュージーランド」のホームページで「ゴールデンオールディーズ」を検索すると、参加方法が分かるようです。過去には日本からは不惑クラブなどたくさんのオーバー35チームが参加しています。調べて教えてくださった見明さん、ありがとうございました。

もう一つ追記◎
網走ラグビーフェスティバルについてのコメントがありましたが、これは8月7日の件ですよね? 僕も取材に行く予定です。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグマガ9月号&ライブ告知 | トップページ | マコウ・サプライズ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    私も子供相手にラグビースクールではない場所で指導したり、生活を共にしたりでラグビーを伝える機会がありますが、その通り鬼ごっこと、わたしが抱えたボールを子供が力ずくで奪い取る、ということしかやってません。
    でもすごく盛り上がります、子供たちの顔をみると心が洗われます。あれがある意味で原点なんですかね

    投稿: kerikeri | 2010年7月31日 18:39

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/48985106

    この記事へのトラックバック一覧です: 鬼ごっこ:

    « ラグマガ9月号&ライブ告知 | トップページ | マコウ・サプライズ »