« 快晴のオークランドより | トップページ | オークランド最終日 »

トライネーションズ開幕戦結果

Sky

土曜日のオークランドも快晴。午前中、スカイタワーに昇った。地上220mのスカイデッキに到着すると、エレベーターボーイが、「今年一番の眺めですよ」と言う。その通り素晴らしい眺めだった。ラグビーをしている公園と、ヨットハーバーの両方を撮影できる角度があった。オークランドを現す眺め。

Eden


イーデンパークはこんなふうに。メインスタンドが大きくなって透明の覆いみたいなもので囲まれているように見える。

Eden1

間近のイーデンパークは改装中のままオープンといった感じ。メインスタンドとフィールドの間もまだ未完成。スタンドも椅子も取り付けられていない場所が多かった。放送ブースに上がるエレベーターは板が剥き出し。通路も工事中。しかし、ここまで出来ていれば、来年は間に合いますな。

Ansem

夜は冷え込んだ。試合のほうは、JSPORTSでご覧になった方も多いと思うが、試合前のハカは、大一番に踊る「カパオパンゴ」。オールブラックスはその気迫のままコンタクト局面で激しく戦い、スクラム、ラインアウトでも健闘、南アのキックを切り返し、FBムリアイナのカウンターアタックから、CTBコンラッド・スミスのトライに結びつけるなど、ボールをつなぎ続けた。

Kapao

南アは、キャプテンのHOスミスが「ディシプリン(規律)に問題があり、ブレイクダウンでプレッシャーもかけられなかった」と語った通り、オールブラックスの思い通りにボールをリサイクルされ、ディフェンスも前に出られずに沈黙した。オールブラックスの戦いはほぼ完璧。タックルを巧みにすり抜け、捕まっても2人目の選手が誰であれ素速く寄ってボールを確保、南アにターンオーバーする隙を与えなかった。お見事。

最終スコアは、32-12。オールブラックスサポーターで埋まったスタンドは大興奮。選手たちの嬉しそうな表情は、危機感の現れだった。フランクス兄弟など数名の選手は長くフィールドに残ってファンにサインしていた。きょうはタイトファイブ(FW前5人)の勝利という気がする。ソーン、ドネリーの両LOはよく動いていたし、N08キアラン・リードも素晴らしかった。

終了後、観戦ツアーのみなさんとバスでホテルに帰った。試合の解説役として来てくれていたアンドリュー・マコーミックさんから、「これが世界のレベル。このチームと日本は戦わなくてはいけない」という言葉で、バスの中に大変だなぁという空気が漂った。きょうのオールブラックスは、シンプルで強くて速かった。しかし、トライネーションズはまだ始まったばかり。来週以降の南アフリカ、オーストラリアにもいいパフォーマンスを見せてもらいたい。

観戦ツアーは、日曜日の自由時間で終了。今回もたくさんのオールブラックスに出会い、このツアーのオールブラックス無敗記録もまた伸びた。なんと、このツアーでオールブラックスは無敗である。来年のワールドカップは、果たしてどうなるか? 

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 快晴のオークランドより | トップページ | オークランド最終日 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    スプリングボクス対オールブラックスなら心情的にはボクスを応援したい…しかし!ミーハーファンとしては弱いオールブラックスなんかみたくはない…でも今年もなんかボクスの方がちょっとだけ強そうな気もするなぁ…と思いながら観たわけです…いやはやオールブラックスの気迫は圧巻でした!
    あのハカ名前がわからなかったので今まで「本気な方のやつ」と呼んでました。しっかり文字にしてくださってありがとうございました。

    投稿: 桜乱 | 2010年7月14日 02:52

    ゲームの入り方に相当の違いがあったことと、デプレアが不在だったことがあるにせよトライ数4対0とは。もともと去年も南アが3連勝しているがトライ数ではNZに劣っていた。トライのとれない南アには変わりがないが、第2戦は南アも相当気合いを入れなおして来て接戦を期待。

    投稿: エリス少年 | 2010年7月11日 20:51

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/48847967

    この記事へのトラックバック一覧です: トライネーションズ開幕戦結果:

    « 快晴のオークランドより | トップページ | オークランド最終日 »