« SCIX10周年記念 | トップページ | きょうは緩く »

好調オールブラックス

土曜日、SCIXのイベントのあと、三ノ宮で大学の先輩が経営するラグビーバー「THIRD ROW サードロー」へ。午後10時からトライネーションズのニュージーランド代表オールブラックス対南アフリカ代表スプリングボクスの試合がJSPORTSで放送されたので、サードローの常連のお客さん達と一緒に放送を楽しんだ。先輩の金村さんの辛口解説を僕がフォローする感じで、楽しい時間だった。先輩、またやりましょう。

グラウンドのどこからでもボールをつなぐオールブラックスの波状攻撃に、スプリングボクスはまたも翻弄された。特にディフェンスが未整備なのは気になる。タックル後のボール争奪戦をクリアにしようとする新たなルール解釈は、ディフェンス側がボールに絡むのを難しくし、攻撃側がボールを保持するのに有利。キックで簡単にボールを手放してしまうのは得策ではない。今週末から登場するオーストラリア代表ワラビーズは、スプリングボクス相手にどう戦うのか。興味津々である。

それにしてもオールブラックスの出来は素晴らしい。ワールドカップ前年にこんなに調子良くていいのかと心配になるほどだ。走り勝つのが当然とばかりボールをつなぎ続けるのがいい。FBムリアイナのパフォーマンスは過去最高ではないか。みんな動きはいいけれど、ムリアイナは突き抜けている。途中出場のイスラエル・ダグのステップワークは、クリスチャン・カレンのランニングを彷彿させた。カレン好きの僕は、ダグが「カレンの再来」とか言われると、そこまでか? なんて思ったりしていたが、確かに魅力ある選手だ。

敗れたスプリングボクスは、WTBジャン・デヴィリアスが危険なタックルで2週間の出場停止。弱り目に祟り目ですな。

ちょっと嬉しくなった出来事◎日曜日、野球の優待券が手に入ったので、京セラドームに行って、オリックスバファローズとソフトバンクホークス戦を観てきた。僕は子供の頃、阪急ブレーブスのファンだったから、もう今はいないし、面白い試合が見られればそれでいい。それより、ファンサービスに関心があった。この連休シリーズは、「大坂夏の陣」と銘打って、17日(土)、18日(日)は前売チケットの購入者10,000名に「Bs大坂夏の陣オリジナルジャージ」をプレゼントするという太っ腹企画。というわけで、スタンドは真っ赤である。その様子に圧倒されつつ、トイレに行ったら、ラグビー日本代表ジャージを着ている人を見かけた。赤く染めろ!だからなのか。ちょっと嬉しかった。


お知らせ1◎恒例になった「菅平チャリティコンサート」が今年も開催されます。8月14日(土)、夜8時より、菅平高原国際リゾートセンター(観光協会)前グラウンドにて(雨天の場合は、観光協会2階ホール)。トークショートとフォークコンサート、プレゼント抽選会があり、僕はトークショーの進行役をします。ゲストなど詳細は追ってご紹介。その頃、菅平にいらっしゃるみなさん、入場無料ですのでぜひご来場ください。そして、菅平の医療活動などに対するチャリティ募金にご協力ください。

お知らせ2◎「ラグビー愛好日記トークライブ」も、新宿・道楽亭にて9月中旬あたりの開催を企画中。今回はウィークデーの夜になりそうですが、8月初旬には詳細発表できると思います。お楽しみに。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « SCIX10周年記念 | トップページ | きょうは緩く »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    土曜日はありがとうございました。
    「ノーサイド・プロジェクト」期待しています。

    投稿: マスターK | 2010年7月21日 01:02

    オールブラックスが好調な一方で、ボクスのラフプレイとディフェンスのまずさには不安が残りますね。次のワラビーズとボクスの試合、どうなることでしょうか。
    このオールブラックスと日本のW杯での対決は、怖くもあり楽しみでもあります。日本も、ゲームコントロール力は徐々についていると思われます。
    まだティア1との試合が毎年組まれていないこともあり、勝ちを狙うのは難しいかとも思いますが、それでも勝ちを狙いに行ってほしいですね。

    投稿: AK | 2010年7月20日 20:13

    私も京セラドームで代表ジャージの人を見ました。ラグビーと野球が大好きな私には嬉しい瞬間でした。

    投稿: nao | 2010年7月20日 13:17

    はじめまして
    ジャパンのジャージ着ていたの僕だと思います。
    3塁側内野席です。
    ちなみに普段着にしています。
    オリックスとは関係ないです。

    投稿: しお | 2010年7月20日 10:39

    トンガに30点前後取られると仮定して、フランスにはその二倍、NZには三倍くらいかな。三桁行かなければ御の字でしょう。

    投稿: 天山 | 2010年7月20日 08:30

    金村さんのストレートなトークと、村上さんの温かいフォロー、先輩後輩の素晴らしいチームワークを見せていただきました(笑)。
    トライネイションズを2試合終えて、ABsのアンストラクチャーから展開される創造力溢れるランとパスのに痺れました。
    ジャパンはABsにサイズは追いついたものの、クオリティーはさらに差が開いてしまっているような気がします。来年は直接対決も待っていますね。
    頑張れジャパン!

    投稿: JOJO | 2010年7月19日 22:09

    去年と違い、FWが闘っている。ルールの問題だけでなくそこが大きな違いでは。カイノ、リードのディフェンスも良くなったと思う。リードは本当にスピースに負けないアタックを見せたし、仕事量の多いエイトになったと思う。トム・ドネリーも良かった。去年の雪辱はアウェイで3連勝してこそ(デュプリエが出たボクスに勝ってこそ)。

    投稿: スカーラ | 2010年7月19日 21:51

    オールブラックス、幸先いいスタートで喜ばしいですが来年こことやらないといけないのですよね。カナダ、トンガには必勝ですがオールブラックスにもいい試合を(希望は30点をめぐる攻防)を是非したい。小林さん、村上さんにもトライネーションの面白さをお伝え頂くと同時に彼我の差も是非解説してください。ダグは体格的には松下選手と変わらないし、クルーデンも金澤選手と変わらないし最近のNZの選手とは体格だけでは変わらない部分もあるし絶いい試合が出来るはず!だから是非そういう目線で解説してください!

    投稿: 山田 | 2010年7月19日 19:00

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/48916492

    この記事へのトラックバック一覧です: 好調オールブラックス:

    « SCIX10周年記念 | トップページ | きょうは緩く »