« 日帰り菅平 | トップページ | ラグマガ10月号 »

侍バツベイ、シャトルズ入り

開催中の「アジアラグビージュニアチャンピオンシップ(IRBジュニアワールドラグビートロフィーアジア予選)」の第1戦、U20日本代表は、114-3でU20シンガポール代表(前半64-3)を下した。実力差はあるが、ここで確実に勝っていかないと、来年のワールドトロフィーには出場できない。U20の代表に選ばれることは、一生に1度か2度しかない貴重な経験。次のスリランカ戦も力を出し切る試合を。

トップリーグの豊田自動織機シャトルズからは、追加加入選手のお知らせ。日本代表、東芝、近鉄などで活躍したルアタンギ侍バツベイ選手である。190cm、140kgの巨漢。豊富な経験。まだ32歳。フィットネスを高めれば、まだまだ活躍できるはず。「再びトップリーグでプレーできる環境を与えてくださった豊田自動織機の皆様に感謝しています。豊田自動織機シャトルズの一員として、努力し、チームに貢献できるよう頑張ります」(バツベイ選手)

トップリーグの外国籍選手枠については、昨季の「外国籍特別枠選手制限」がなくなる。春から明らかになっていたことだが、正式にプレスリリースが出された。昨季は以下のような規定があった。

【第35条〔外国籍選手〕同時出場できる3名の内、最低1名は、次の要件のいずれかを満たさなければならない。1.日本代表経験選手、2.日本代表に選ばれる資格を既に有する選手、3.他国の代表歴を有しておらず、今後、日本代表選手としての資格を保有し得る選手】

今季からは、こうなる。【第35条〔外国籍選手〕1.アジア枠選手1名を除く外国籍選手は、試合へのエントリー人数は制限をしないが、同時出場は3名までとする】。つまり、他国の代表経験者が3名出てもいいということになる。トップリーグ活性化のためとのことだが、こちらのほうが全体のレベルは上がる。僕は日本代表資格のある外国籍選手枠というのには反対の立場をとっていた。もちろん、現状の日本代表選手の出場機会を確保する狙いもあったわけだが、日本代表に外国籍選手をたくさん送り込むための規定と感じていた。日本代表強化のためには、トップリーグの試合自体のレベルを上げたほうがいい。

8月28日~30日、流通経済大学で、ジュニア、ユース世代から世界と戦える可能性を秘めたタレントを発掘し、育成・強化に取り組む「セブンズアカデミー(男子)」が行われる。このアカデミーは3回目。5月28日から3日間は女子を対象に行われた。

参加予定者: 選手25名(予定)U15:13名/中学生(ラグビースクール・学校):8名/自治体タレント発掘事業:5名/U16:6名/U17:6名

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日帰り菅平 | トップページ | ラグマガ10月号 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    シャトルズには大きな戦力補強となるでしょうね。
    ちなみにライナーズ退団以降はどうされてたのでしょうか?海外でプレーされてたのでしょうか?
    とっても気になります

    投稿: タツヤキ | 2010年8月24日 16:40

    村上さん、いつも楽しく拝見しております。
    何度か村上さんのイベントに参加し、握手等をして頂いてるものです。
    その際はありがとうございました。
    村上さんの解説は選手個人への非難がなく、温かみがあっていつも楽しく聞いているのですが、今回は一つだけ意見を言わせてください。

    誤解のないよう述べますが、わたくしはワラビーズファンです。
    滅多に勝てないABに勝つことを楽しみにテレビ観戦してます。

    普段は全く感じないのですが、トライネーションの南アからみの解説だけは、いつも違和感を感じます。
    わたしはどちらを応援することもなく、最高レベルの試合を楽しみたい、との思いで観戦してるのですが、そんな私からみても、『潜在的には南アが一番強い』という前提での発言が多すぎると思います。
    去年ABが三連敗したときのJスポ解説陣の評は概して『強すぎる南ア、層も厚く、何をしても勝てる要素がない』という感じでした。
    そして今年南アが何連敗しても、『南アけが人多し、連敗もあくまでも内部崩壊およびディシプリンの問題』というニュアンスの評をされてます。
    しかしワラビーファンのわたしでも現在圧倒的に強く世界一なのはABだとわかります。
    悔しいですけど、敗戦はおろか接戦やスクラムを押されただけで、ニュースになるABが世界一です。
    そこに南アや我がワラビーズが挑む、という図式なはずです。
    いつも南ア対AB戦の前は『大一番、世界一決定戦』のようなコメントがあり、南ア敗戦のあとは勝利の原因はさておき上記のような理由が繰り返されます。

    実況の方が一局面だけ切り取って『南ア強烈、ワラビーズすごいですね~、AB慌ててます』等々ズレた発言をするのはしょうがないでしょう。
    しかし解説陣はプロです。
    イメージや個人の感情に基づく発言は慎むべきだと思います。

    以上、うまく伝えられたかどうかはわかりませんが、村上さんがトップリーグその他の試合でされているような偏りのすくない解説でトライネーションズを味わいたく意見させていただきました。
    長文失礼します。

    投稿: ポイデビン | 2010年8月24日 12:42

    侍バツベイ復活!
    めちゃくちゃ嬉しいニュースですー。
    体重が気になるところですが(笑)

    近鉄在籍時に握手してもらいましたが
    手の厚みがハンパなかったのがすごい記憶に
    残ってます。
    またプレーを早く見たいです!

    投稿: ミヤギ | 2010年8月23日 23:16

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49232181

    この記事へのトラックバック一覧です: 侍バツベイ、シャトルズ入り:

    « 日帰り菅平 | トップページ | ラグマガ10月号 »