« 猛暑の網走 | トップページ | 網走フェスティバル »

メルヘンの丘

Takemoto

6日午後はサントリーサンゴリアスの取材に行った。7日の試合を意識して、チーム全体の動きを確認する練習。それでも、35度を超える暑さに選手は大変そう。キャプテンの竹本選手もこの汗。ヘッドコーチのエディ・ジョーンズさんにも話を聞いたが、二人に共通するのは今年のサントリーは「攻めます」ということ。15人で走り回るラグビーを見せてくれそうだ。

Edy

夕日が美しいことで有名な「メルヘンの丘」だが、きょうはトラックが止まっていて、いまひとつの感じ。そこで、ちょこっとずらして撮影してみた。

Meruhen

ホテルに帰ってテレビをつけたら、北見や網走で猛暑だったというレポート。網走のスポーツトレーニングフィールドで練習する神戸製鋼の姿が映し出され、大畑選手が疾走。バイスキャプテンの大橋選手が、「社会人のラグビー選手」としてコメントしていた。「こんなに汗をかいたのは初めてです。北海道は涼しいから来ているのに、なんですかね、これは…」。北見では37度を超えたらしい。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 猛暑の網走 | トップページ | 網走フェスティバル »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ネガティブな書き込みで本当に申し訳ないのですが、ヤマハというチームは本当に大丈夫でしょうか。直近の報道で「春は実践的な内部練習が出来なかった、スクラム練習が出来なかった」、などとあるようです…。TL公式試合が、まかり間違ってもスクラムノーコンテスト等になりませんように。私は個人的にはTLがヤマハを「特別にウォッチ」しないとあぶない気がしています。即応体制をとるように想定しないとあぶないと心配しています。強化を縮小しながらTLに残留したヤマハさん、その残留には必ず果たさなければならない最低限の責務があることをよく自覚して、よい夏をすごし、秋冬春先までに対応してほしいと願っています。

    投稿: とんがりキッズ | 2010年8月 6日 23:27

    石塚さんがお亡くなりになって1年です。「1万回の体当たり」を改めて読ませてもらい、感じ入りました。
    (自分を律するということは弱い自分との戦いにほかならない・・

    うそ偽りのない誠心誠意の真心は人には必ず伝わる、それに「天」が見ている。これで結果が出なかったら運命だと思って受け入れる以外ない。・・。
    人生は逃げることなく、まっすぐに思い切りぶつかっていくことによってこそ拓かれる)

    教えられることばかりです。また前を見て生きたいと思います。

    投稿: kerikeri | 2010年8月 6日 20:24

    NZは寒くてビックリ
    昨夜はトライネイションズの行われる旧ジェイドスタジアムで41ALB'sのディナーに行ってきました
    アンガスとウエブとコウセイが一緒に表彰されてました
    明日も晴れるといいな
    でも寒いだろうな

    投稿: ナベゾ | 2010年8月 6日 19:15

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49076049

    この記事へのトラックバック一覧です: メルヘンの丘:

    « 猛暑の網走 | トップページ | 網走フェスティバル »