« キングからのメール | トップページ | 神戸製鋼内定選手発表 »

宮崎復興ラグビー祭&デフラグビー

29日、昼間に四条河原町周辺で人に会う用事があり、鴨川沿いを歩いて南へ。三条大橋をくぐって四条大橋へ。きょうは気持ちのいい天気だったから、昼寝している人がたくさんいた。写真の後方は、右が大文字山、左が比叡山である。ようやく気温も下がってきたので、これからはどんどん歩こう。

Kamogawa

スポーツ紙には大学の有力選手の進路先が。トップ選手達がさらにレベルの高い場所でプレーしようとしているのは嬉しい限り。トップリーグは今週末、第4節を迎える。10月1日(金)の秩父宮ラグビー場のナイトゲームは、NECグリーンロケッツ対東芝ブレイブルーパス戦。トップリーグ史上屈指の好カードだが、ここ数年はNECの低迷もあって少し差が開いた感がある。NECは、セミシ・サウカワ、ニリ・ラトゥ、土佐誠の強力FW第三列で挑む。東芝は、LO雨宮俊介が今季初先発。調子を上げてきたNEC次第の試合になりそう。

この試合は、「港区ダービー(NEC vs 東芝ともに港区が本社)」と銘打ち様々なイベントが企画されている。港区在住の人や港区で勤務する方を招待する「港区民招待DAY」の実施。港区キッズによる「エスコートキッズ」など。

29日、「口蹄疫を乗り越えよう~クラブラグビーが宮崎支援のスクラム~」というプレスリリースが流れてきた。2011年3月19~21日の3連休に、「宮崎を元気にする! 復興ラグビー祭」(大会会長=内野宮正英・川南町長)を川南町運動公園陸上競技場(川南町大字平田2334番1)で開催するというもの。川南町と川南ラグビークラブ、日本ラグビー協会事業委員会クラブ大会部門、東日本トップクラブリーグ(TCL)が実行委員会を組織。イベントの開催費用は、東日本TCL所属の10チームの選手・スタッフが中心になって各試合会場で募金を行い、浄財を町に寄付する。また、7人制ラグビー大会など開催する予定。

続いて、デフラグビー(聴覚障害者ラグビー)日本代表でもある柴谷晋さんから、メールが届いた。来月(10月)の31日、今年もデフラグビーフェスティバルが開催されるとのこと。今年で3年目を迎えたこのフェスティバルは、デフラグビーの普及とチーム強化を目指して始まった。今年も辰己の森ラグビー練習場で開催される。

以下、柴谷さんからのお知らせ。
日時:平成22 年10 月31 日(日)
スケジュール:
11 時半~エキシビジョンマッチ
13 時~キッズラグビー 教室
14 時~懇親会
場所:辰巳の森公園 ラグビー場
東京メトロ有楽町線 辰巳駅 徒歩7 分。キッズラグビー教室は、ラグビー経験がなくても大丈夫です。参加希望の方は、こちらのアドレスまでご連絡ください。
allquiettyphoon@freeml.com

※開始時間には変更の可能性がありますので、キッズラグビー参加の方は必ずご連絡ください。またご観戦の方は、前日にデフラグビーHPをご覧下さい。
◆デフラグビーホームページ
http://www.deafrugbyjapan.com/
◆過去のデフラグビーフェスティバルの様子は、以下に紹介されています。
http://hochoker.blog.ocn.ne.jp/susu/2008/03/post_6fae.html
http://hochoker.blog.ocn.ne.jp/susu/2009/10/post_0cf8.html

追記◎
テレビ東京系で、8月28日に放送された「生きるを伝える」というドキュメンタリーをご存じですか? 柴谷さんが、突発性難聴となった場面が紹介され、ラグビーシーンも出てきます。テレビでは放映されなかったインタビューも追加された特別版がネットでも視聴可能です。
◆テレビ東京「生きるを伝える」
http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie74.html

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « キングからのメール | トップページ | 神戸製鋼内定選手発表 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    このところ港区やけにラグビーで際立ちますね
    W杯までにラグビーパークでも作ってくれるといいけれど
    人工芝じゃないのお願いします

    投稿: ナベゾ | 2010年9月30日 05:22

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49599583

    この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎復興ラグビー祭&デフラグビー:

    » 『宮崎を元気にする! 復興ラグビー祭』2011年3月開催へ [東日本トップクラブリーグ]
     家畜の病気・口蹄疫で国内最大の被害を出した「ラグビーのまち」宮崎県川南町で2011年3月、「宮崎を元気にする! 復興ラグビー祭」が開かれることになった。地元の川南ラグビークラブ(林健太郎代表)と交流がある全国のクラブチームが復興を支援するため募金を ..... [続きを読む]

    受信: 2010年10月 3日 01:47

    « キングからのメール | トップページ | 神戸製鋼内定選手発表 »