« サントリーGバーベキュー&ドクター&レオさんからのお知らせ | トップページ | キングからのメール »

グラウンド解放&岩出さん著書他

NHKの連続テレビ小説「てっぱん」のタイトルバックに尾道高校ラグビー部が出てきたと、知人から連絡があった。最後にも紹介されたみたい。それなのに再放送を見逃してしまった。でも、同番組のWEBで、タイトルバックを見ることができることが分かった。このラグビージャージはまさしく尾道高校である。

トップリーグ第4節、加古川(兵庫県)では、神戸製鋼コベルコスティーラーズ対近鉄ライナーズの試合がある。これを、阪神ダービーとして、勝利チームには「阪神ダービー杯」と「加古川市長賞(加古川和牛)」が贈呈されることに。また、試合終了後にはグラウンドを開放し、トップリーグ選手とファンのみなさんが交流する「グラウンド開放ファン交流会」も実施されるという。ヒールでの入場、飲食はできないとのこと。

僕が子供の頃は、西京極でも花園でも試合が終わったら、お客さんもワーッとグラウンドになだれ込んだものだった。選手に触りたいというよりは、「僕らも芝生の上を走らせてくれ」って感じだった気がする。しかし、芝生の管理や選手の安全面など考慮して次第にグラウンドには下りられなくなった。選手のジャージやスパイクがなくなったりしたこともあったようなので仕方ないのだが、選手とファンの距離が近いのはラグビーのいい部分だし、こうした試みは続いていってほしいと思う。

週末の大学ラグビー結果を見る。なるほど、関東大学リーグ戦1部はやはり混戦模様。昨年から大きく順位が動くのかもしれない。

大学ラグビーの関連で書くと、小学館から帝京大学ラグビー部監督・岩出雅之さんが「信じて根を張れ!楕円のボールは信じるヤツの前に落ちてくる」を上梓された。監督14年目のシーズンに悲願の日本一になった、岩出さんが選手やスタッフ、保護者のみなさんとどういう考えて接し、試行錯誤を重ねてきたのかが分かる一冊だ。選手についても、さまざまなタイプの選手にどう接したかが具体的に示されている。

Iwade

指導者養成で参考になる書としては、「楕円の学び〜よりよい指導者の養成を目指して〜」(上野裕一、小松佳代子 叢文社)が8月に出版された。序章にはこうある。「本書は、ラグビーの指導、ラグビーの指導者養成に長年携わってきた上野と、教育学という学問分野に立って芸術家の卵たちに理論研究を指導している小松との議論に基づいてまとめられたものです。スポーツと芸術は、一見まったく違うように見えます。しかし、どちらも、やってみて初めてわかる、あるいは、やってみなければわからない、といった側面をもつ身体的な行為です…」。この本は、芸術という異なる視点をもって、スポーツの指導をかみ砕こうとしている。

追記◎セコムラガッツを応援する知人からメールが着た。「山賀さんが、最近ボールを持って突進する回数が多く、ヒヤヒヤしています」。この情報は重要かもしれない。生涯ノートライの山賀選手は、「トライするまでは辞められない」と今も現役を続けている。トライしてしまったら、どうなるのか。ファンのヒヤヒヤは当然である。そして、そのとき、彼がどんなパフォーマンスをするのかも気になるところだ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « サントリーGバーベキュー&ドクター&レオさんからのお知らせ | トップページ | キングからのメール »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    今は亡き山際淳司さんの著述が大好きやったんですが
    彼の描くスポーツマンの魂はほとんど全て芸術に通じるものがありました。
    だから惹かれたんかなぁ、、、

    投稿: おなか | 2010年9月29日 21:02

    生涯ノートライ!私もそうですが、周りがトライさせようといまだに試合を組もうとするのは困ったものです。もしトライしたら天命を全うするのでは?などと。でも50歳になった今でも初トライする夢をよくみてしまいます。

    投稿: こばちゃんさん | 2010年9月28日 23:39

    グラウンド解放は三洋のホーム太田の競技場ではもういつもの恒例ですね♪

    やっぱり今までトップリーガーが走り回っていた同じピッチの上を思いっきり走れるのはなんともいえません♪

    選手と握手もしてますが、チビッ子はボール持参でタッチフットしています☆
    よく聞いたらそれぞれがさっき会ったばっかの知らない子同士。外国人の子も混ざってます。選手のお子さんかな?
    ボールがあって芝生があればみんな自然と集まってタッチフット。
    牧歌的でいい光景です♪

    自分もチビッ子仲間に入れてもらって、試合後のタッチフットは太田の恒例行事になってます(^^;)

    他のグラウンドでも増やしていってほしい。
    そこで初めてラグビーボールに触れる子もいるわけだから。

    投稿: タロ | 2010年9月28日 17:32

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49581819

    この記事へのトラックバック一覧です: グラウンド解放&岩出さん著書他:

    « サントリーGバーベキュー&ドクター&レオさんからのお知らせ | トップページ | キングからのメール »