« グラウンド解放&岩出さん著書他 | トップページ | 宮崎復興ラグビー祭&デフラグビー »

キングからのメール

火曜日は地域の健康診断があった。最近、会う人ごとに「太った?」と言われていたので、体重計に乗るのが怖かったのだが、数字を見て意外に増えていなくて上機嫌に。しかし、身長が例年に比べて0.2ミリだが縮んでいた。これくらいの誤差は普通か…。

今朝の京都新聞は、またまたラグビーが大きく取り上げられていた。「燃えて闘球 関西大学ラグビー 挑む京の3校」と題し、まずは、同志社大学が紹介されていた。選手達の身長、体重を見ると小さいが、ディフェンス強化で粘り強いチームを作っているようだ。キーマンとしては、長崎北陽台出身のSH小森光太郎選手が取り上げられている。その下の記者席というコラムでは、「人生のハーフタイム」の見出しで、元神戸製鋼プロップの北川有広さんが、法律家を目指して勉強していることを紹介していた。「今までと同じように、熱い気持ちで取り組める目標があって自分は幸せ」のコメントがいい。前述の特集では、今後、立命館大、京産大の京都勢が紹介される予定。ありがとう、京都新聞。

さて、前日の日記で、変顔キングの山賀選手がトライしちゃいそう!という趣旨のことを書いたら、さっそくご本人からメールが届いた。タイトルは、「心配ご無用です!」である。

「最近ボールを持つ機会が増えたといっても、一般的PRに比べるとまだまだ少ないです。トライへの道は、そうそう甘くないです。ただ、先日の日本IBM戦で、ハイパントキャッチをしてしまいました。まさに奇跡でした。 練習でもハイパンキャッチはほぼ失敗しているのに、FW最低身長の自分がクリーンキャッチ。後で聞いたら、ボールが上がった時に自分がまさかの『マイボール』をかけたので、みんな『止めろーっ』、『勘弁してくれーっ』、『ふざけるなっ』と思ったらしいです。IBMの選手も、まさか!と思ったのか、キャッチした後、みんなのプレーが止まりました。キャッチした自分が一番驚いています。試合は、21-32で敗れましたが、まだまだ新たな事を体感できているので、これからも気持ち入れて戦います」

山賀選手は今も進歩を続けているというわけだ。というわけで、ご本人の許可を得てメールを紹介させていただきました。

愛好的観劇日記◎ずいぶん日が経ってしまったのですが、先日、南座で歌舞伎を観てきました。通し狂言「義経千本桜」。市川海老蔵と板東玉三郎の共演ということで、ぜひ観ておきたかったのです。入り口で舞妓さんが並んで歓迎してくれて、いかにも京都らしい華やかさ。玉三郎の立ち姿の美しさに見惚れました。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « グラウンド解放&岩出さん著書他 | トップページ | 宮崎復興ラグビー祭&デフラグビー »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    山賀さん最高です!
    山賀、堀江、畠山のフロントローが見たいです(^^ゞ

    投稿: なるみ | 2010年9月29日 11:00

    今日の産経新聞にラグビーについての面白い記事が載っています。是非一読を!

    投稿: ドラミ | 2010年9月29日 08:23

    声を出す事が如何に重要かという良いお手本ですね!

    投稿: ナベゾ | 2010年9月29日 05:31

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49591547

    この記事へのトラックバック一覧です: キングからのメール:

    « グラウンド解放&岩出さん著書他 | トップページ | 宮崎復興ラグビー祭&デフラグビー »