« TL3節、金・土の結果 | トップページ | SCIXシンポジウム »

TL第3節日曜の結果

日曜日は締め切り前の原稿書きがあって、パソコンに向かう合間にJSPORTS、スカパー!を見る。トップリーグ第3節の残り1試合、札幌の月寒でサントリーサンゴリアスとNECグリーンロケッツが対戦。先制トライはサントリー。SH日和佐の速攻からFBヒューアットのショートパント、それを取ってCTBニコラスがインゴールに押さえたもの。

しかし、このあとは、NECがいいトライをあげる。WTB吉廣がキックを追ってインゴールに押さえたあと、今度は相手陣深く入ったスクラムから右ショートサイドを攻め、SOロビンスが、CTBトゥイタヴァキとのループプレー、そして好サポートでトライ。15-7とする。36分、サントリーのパスミスをCTB森田が拾って攻め込んだトライも見事だった。後半はなかなか点の入らない展開が続いたが、接点の攻防はややNECが上回っていた気がする。ニリ・ラトゥはタックルにジャッカルに、いい仕事をしてチームを勝利に導いた。

サントリーは、何度も訪れたPKチャンスを狙わずセットプレーからの攻撃を選択したが、トライが取りきれなかった。シーズン終盤に仕上がるようにチームを作っているのかもしれないが、勝ち点を積み重ねなければトップ4に残れなくなってしまう。第4節以降、どうチームをまとめるのか、首脳陣の手腕にも注目である。

土曜日の秩父宮ラグビー場で行われたリコーブラックラムズと福岡サニックスブルースの録画も見たのだが、リコーの前出でる圧力、厳しいタックルがサニックスのミスを誘っていた。この試合だけ見ても、順位争いはまったく予断を許さないことが分かる。日曜日、サニックスの広報から首脳陣、主力選手のコメントが届いたのだが、FB古賀龍二選手のコメントが印象に残った。

「相手のプレッシャーが強く、前半ミスが多くて、自分たちのラグビーができませんでした。勝っているときより負けているときに、どれだけ若手を助けられるかが大事で、それが今回の試合ではあまり上手くできなかったと反省しています。ただ、負け方にもいろいろあって、同じ負けでも1ポイント、2ポイントとれれば、あとのことを考えれば大きい。今回もし勝っていたら、変な気持の余裕もできてしまったかもしれないので、今回の負けがプラスに働く、そういうチームであると信じていきます」

サニックスは、負けはしたが7点差以内の負け、4トライ以上のボーナス点の計「2」をあげ、3節を終えて4位に留まっている。

明治大学と筑波大学の対戦も見た。明治が接点の攻防で激しく戦い、スクラム、モールでもよく前に出た。圧力を受けて筑波はミス、反則を犯してしまう悪い流れに。筑波もラインブレイクできる選手がたくさんいるし、最後は見ていて興奮する展開になったのだが。今シーズンは、JSPORTSとスカパー!で対抗戦を全部見られるのでありがたい。粗削りだけれど、いい選手がたくさんいるなぁ。

◎トップリーグ第3節結果(20日分)
サントリーサンゴリアス●20-25○NECグリーンロケッツ(前半13-25)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL3節、金・土の結果 | トップページ | SCIXシンポジウム »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    いいえ、特別視はしてません。違う意味であの程度のチームがいろいろなところで注目されるのかが不思議なだけです。

    投稿: あおちゃん | 2010年9月21日 18:56

    国体のラグビー成年の部が東京国体から7人制になる可能性があるらしいですね
    今年は千葉の市原で10月1日~ですね
    自分も運営側で行って参ります

    投稿: ファイブエイス | 2010年9月21日 07:38

    トライネーションズ最終戦オールブラックスvsワラビーズ。

    後半リッチーマコウのトライに疑問を持ちました。
    スクラムで8から左に開いてもらってのトライでしたが、肩を離すのが早くなかったですか?
    自分はペナルティだと感じたのですが、あのアタックは有効なのでしょうか。教えていただければ幸いです(・ω・)

    投稿: 赤黒 | 2010年9月21日 01:48

    昨日は神戸製鋼に対して失礼な書きこみしてしまいました。村上さんの判断でアップされなかったのでよかったです。今日大阪毎日放送のラジオに大畑選手が出演してこれから最後まで頑張ると言ってました。僕も含め神戸ファンにはもどかしい試合が続いてますが、そういう時に応援するのが本当のファンだと改めて気づきました。とにかく頑張れ神戸!

    投稿: パチャンガ | 2010年9月20日 22:00

    ひとつ前のコメントに、多数の神戸批評が出ていますが、みなさん、神戸をどこか特別視していませんか?まさかみなさんも七連覇の呪縛から解き放たれていない!?
    後半になると戻れない走れない体を張れないの3ないチーム。その程度の練習しかしていなのだからそれなりの結果しかでないのは当たり前。私はむしろ神戸はよく頑張っていると称賛すべきだと思います。
    それにしても今シーズンも早くも3強は固まりつつありますね。

    投稿: エリス少年 | 2010年9月20日 20:29

    20日明治―筑波現地観戦。明治はFWは前に良く出て、ラインアウトも昨年よりかなり上達していた。しかし点差が開いた時間帯に攻守に中弛みがあった(トップリーグには中弛みは感じられないが)。筑波には印象に残る展開無し。頑張れ!

    投稿: ピアノマン | 2010年9月20日 07:46

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49498585

    この記事へのトラックバック一覧です: TL第3節日曜の結果:

    « TL3節、金・土の結果 | トップページ | SCIXシンポジウム »