« TL開幕節2日目結果 | トップページ | 大畑・平島両選手に会う »

TL観戦三昧&上海7人制のこと

日曜日は、朝からずっとテレビの前に陣取り、JSPORTSの放送と録画で土曜日の試合を見ていた。結果を知らずに見たのは、トライネーションズのワラビーズとスプリングボクスだったのだけど驚きの結末にしびれた。トップリーグは全部結果を知っていながら見たのだが、それでも開幕節は実力拮抗の組み合わせなので、見どころは十分だった。

チーム存続の危機すらあったヤマハ発動機ジュビロは、串田キャプテンを筆頭に的確なタックルで粘り、FB五郎丸のPG、五郎丸の突破からSH矢富が走りきってのトライでNECグリーンロケッツを突き放した。NECは得点力が今季も課題になりそう。試合後、五郎丸、矢富らは涙が浮かんでいるように見えた。五郎丸は8PGを決めたが、これはトップリーグ1試合最多記録更新となった。春の日本A代表のスコットランド遠征のとき、薫田監督の評価も高かったのだが、一回りも二回りも大きく成長した気がする。

トヨタ自動車ヴェルブリッツ対サントリーサンゴリアス戦は、ゲスト解説の清宮さんが「サントリーの強みが出ていない」と言っていた通りの印象。トヨタのハードなコンタクトでミスも多く、そこから失点してしまっていた。夏合宿までよりキックも使っていたが、もっと攻めても面白かった気がする。トヨタはアグレッシブだった。SOアイイ、WTB水野、キレてる。難波のタックルも相変わらず判断良く、鋭い。同じく豊田スタジアムでの豊田自動織機シャトルズ対NTTコミュニケーションズシャイニングアークス。NTTコムとしては、最後のインゴールノックオンがいかにも痛いが、シャトルズの粘り強さも見事だった。

そして最後に見たのが、福岡サニックスブルース対コカ・コーラウエストレッドスパークス戦。PGが入らないシーンが多かったし、ノックオンも多かったが、これ、見ていて面白い試合だった。早いテンポで攻め続けるサニックスを止め続けて切り返すコカ・コーラ。お互いに反応がいいので、ボールが行ったり来たりする。プレスカンファレンスの時、サニックスの藤井監督に「秘密兵器を教えてください」と聞いたら、「言うと秘密ではなくなるんですけど、ヘスケスです」と教えてくれたカーン・ヘスケスは、やっぱり凄かった。

低い重心の走りで、抜ける、抜ける。さすがに、NZの州代表レベルではNO.1のラインブレーカーである。そのヘスケスに対し、コカ・コーラウエストの新加入ベイトマンが、スーパーラグビーでプレーした意地で懸命にタックル。見応えがあった。決勝トライのヘスケス、第1節を見た限り、最強のインパクトプレーヤーだ。コカ・コーラウエストも決して弱くない。運動量、粘り、ラインブレーカーの存在。この両チームは、上位陣には脅威の存在だろう。サニックスの濱里三兄弟だが、後半25分、末弟の耕平が登場し、揃い踏み。三兄弟が同一チームでプレーしたのはトップリーグ史上初。

9月4日、5日、中国・上海にて開催されていた「IRBアジアラグビーセブンズシリーズ2010 上海トーナメント」に参加していた7人制日本選抜は、1日目のPOOL Aで、フィジー選手を軸にしたマレーシアに敗れて2位通過。翌日の準々決勝には進出したが、準決勝で韓国代表に敗戦。3位決定戦でマレーシアには雪辱して3位となった。現地で日本選抜の世話をする知人によると、予選最終のタイ代表戦で、「途中出場の布巻選手も力強い突進を見せ最後はゴールポストにぶつかりながらも初トライを決めました」とのこと。

村田亙監督コメント=今日は昨日の反省から、どのチームに対しても若さを生かしてチャレンジしました。香港戦は前半に3トライを取られ、シンビンもありましたが、それでも後半に逆転できたことはいい経験。準決勝の韓国代表戦は、ほんの少しの差だが、点差は開きました。昨年のリベンジができず悔やまれます。マレーシアにはプール戦で敗れましたが、3位決定戦では快勝し、布巻選手のような若い選手を中心に今回3位を確保できたことは、今後につながります。上海では多くの日本人の方に応援頂き、心強かったです。感謝いたします。また来年も上海セブンズはあるので、次回は必ず優勝して結果を残したいと思います」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL開幕節2日目結果 | トップページ | 大畑・平島両選手に会う »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    私はハイビジョンのトヨタとサントリーをメインに、時々チャンネル変えて他の2試合を垣間見てました。さすが両者ジャパンのメンバーが多いだけあって見応えのあるゲームでした。ドロップゴールもチャレンジしてたし。垣間見たヤマハの五郎丸、ゴールを狙う表情とても良いですね。ジャパンを引っ張っていく選手になるオーラを感じます。

    投稿: こばちゃんさん | 2010年9月 8日 11:22

    第1節は今年勝ちたいチームがラグビーの理想を追求した上で勝ちたいチームを上回った結果でしたね。サニックスだけは結果を出しましたが・・・。東芝、サントリーは『旅は始まったばかり』ですので、是非未来の日本ラグビー
    のためにも取り組んでいるラグビーを追求していただきたい。
    それにしてもこの3チームの選手たちはいい経験してるなぁと思います。羨ましい。代表チームにも必ずいい影響を与えるでしょう。頑張れ!!!

    投稿: 青高OB | 2010年9月 6日 09:35

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49360232

    この記事へのトラックバック一覧です: TL観戦三昧&上海7人制のこと:

    » 新聞で振り返る開幕戦 [まる≠楕円・・・? ふたたび]
    開幕戦勝利の余韻を引きずり、翌朝は近所のコンビニへ・・・。 手当たり次第に新聞を [続きを読む]

    受信: 2010年9月 6日 19:30

    « TL開幕節2日目結果 | トップページ | 大畑・平島両選手に会う »