« TL第6節土曜の結果 | トップページ | プチ・ラグビー情報 »

関西大学A&TL第6節日曜の結果

日曜日は京都の宝ヶ池球技場に取材に行ってきた。日差しが強く、メインスタンドのお客さんは皆まぶしそう。暑いくらいだった。

Kansai1

第1試合は、立命館大学対天理大学。天理が、WTB川上のトライで先制し、SO立川理道が防御のギャップをついてトライと、3連続トライで19-0とした天理だが、ここからは失速。逆に立命館は強力FWがモール、スクラムで圧力をかけて追撃した。しかし、後半なかばからは一方的となる。BKの展開力で上回る天理は、ハベア、バイフの両CTBが機能し、縦突破、防御に接近してのパスを巧みに使い分けて、FB木村、WTB塚本らを走らせ、計12トライを奪った。

快勝ではあったが、「相手がFWで来るのは分かっていましたが、それにしても取られすぎですよね。きょうはブレイクダウン(ボール争奪戦)が緩くて、食い込まれていましたね」と、小松節夫監督も課題が多いといった表情だった。

Kansai2

第2試合は、ディフェンディング・チャンピオンの関西学院大学が京都産業大学の挑戦を受けた。ただし、強力FWの京産大に対して、関西学大は4年生がHO緑川だけという若いFW。まさにチャレンジだったわけだが、前半3分、ゴール正面でPKを得た京産大は、PGを狙わずスクラムを選択、これを関西学大が耐え、京産大には苦しい展開になった。それでもFW戦にこだわった京産大がモールなどでトライをあげて前半は拮抗した展開になったが、後半は徐々に点差が開いた。

緑川キャプテンは笑顔で語った。「僕らは体が小さいので、相手の嫌がることをしていかないと勝てない。(京産大がスクラムを選択した時は)、かかってこい!という気持ちでした。スクラムもモールもまっすぐ押しました。まっすぐに行ってこそ、ずらすこともできるようになるので」。まさに真っ向勝負の快勝だった。

花園で行われていた他2試合を含めて結果は以下の通り。近畿大学が逆転勝利を収めている。関東では対抗戦Aで筑波大が帝京大と接戦を繰り広げ、10-12で惜敗している。

◎関西大学Aリーグ第2節の結果
立命館大学●24-76○天理大学(前半17-26)
京都産業大●17-47○関西学院大(前半17-26)
大阪体育大●15-27○同志社大(前半5-15)
近畿大学○27-22●摂南大学(前半17-19)

トップリーグは熊谷ラグビー場で1試合が行われ、サントリーが勝点「5」をあげる勝利。コカ・コーラウエストも4トライ以上のボーナス点「1」を獲得した。この結果、順位は、1位三洋電機、2位東芝、3位トヨタ自動車、4位サントリー、5位福岡サニックスとなり、サントリーが浮上してきた。

◎トップリーグ第6節結果(日曜分)
サントリーサンゴリアス○45-36●コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半20-15)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL第6節土曜の結果 | トップページ | プチ・ラグビー情報 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    林敏之さん主催のNPO HEROES
    http://www.npo-heroes.com/index.php
    同志社vs大体大を観戦した壊し屋のコメントがあった。『・・・・・最後にトライを取って27-15で勝ったのが嬉しかったのでしょうか、試合終了後、笑顔で観客席に向って手を振る選手達に違和感を覚えました。次の摂南大-近大戦を少し見て、帰ろうとグラウンドを出ると、たまたま同志社の部員達がミーティングをしているところに出会わせました。自ら喋る気はなかったのですが、大西強化委員長、中尾監督に促され、一言苦言を呈しました。
    「今日の試合、皆誠実にプレーしたか?ふっと気を抜かなかったか?自分のできるプレーを正直に精一杯やったか?俺はできてなかったと思う。お前等そんなに大きくないし強いわけでもないんだから、できるプレーを誠実に気を抜かずにやらないといけないんじゃないか?それをやって、やって、やって、やりぬいて、それで初めて関西リーグで戦えるんじゃないの?こんな試合の後で、ニコニコと観客席に手を振って恥ずかしくないの?それはお前等の感性の問題やで。俺ははずかしいと思うわ。1回考えてくれ。」
    言っといた方が良いと思い、好きな事を言わせてもらいました。そんなに強くないんだから、一瞬たりとも気を抜く余裕はないはずです。今できることを、誠実に精一杯やるんだと言う謙虚さを持って欲しいと思います。』  壊し屋が後輩に伝えたい事の2割くらいか? どこかに負けてから自らの弱さに目覚めて必死になるようでは毎年のように手遅れです。 毎年手遅れのチームだが、その先輩たちはトップリーグでチームの主力選手として活躍している。 ポテンシャルが高いことを証明している。  早い目に目覚めてほしいものです。

    投稿: ボブS | 2010年10月19日 01:37

    やはり、今年の天理大学は強いですね。今日の試合の山路選手はどうだったのでしょうか。僕自身、山路選手もリーチ選手も目標にしています。対戦相手から見たピッチ上のリーチ選手はどんな動きをしているんでしょうね。ラグビーマガジンの発売が楽しみです。

    投稿: H | 2010年10月17日 18:44

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49768740

    この記事へのトラックバック一覧です: 関西大学A&TL第6節日曜の結果:

    « TL第6節土曜の結果 | トップページ | プチ・ラグビー情報 »