« 関西大学開幕&TL5節日曜の結果 | トップページ | 日本代表メンバー発表 »

お茶漬けの味

京都新聞の夕刊にコラムが掲載されたら、すかさず小・中学校の友人からメールが入った。「ええ話やん」。地元紙の底力を再確認。明日(13日)の午後は、サモア戦、ロシア戦の日本代表メンバーの発表がある。

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスがトヨタ自動車ヴェルブリッツを破った件、僕は試合を見ることができなかったのでなんとも書けないのだが、見た人の話だと、NTTコムがSO君島のキックを軸にエリアマージメントで優位に立ち、トヨタは逆にボールをつなごうとしてはミスを繰り返したようだ。NTTコムは、FBマーク・ジェラード、CTBクレイグ・ウィングを欠き、先発の外国人選手はLOアダム・ウォレスハリソン、NO8ダレン・マーフィーだけたったのだから立派なものである。

5節を終えて4位につける福岡サニックスブルースの、チーム広報から試合の様子と首脳陣、主力選手のコメントが流れてきた。愛知県のウェーブスタジアム刈谷で行われた試合は、地元の豊田自動織機 シャトルズが凄まじい気迫でサニックスに挑んだようだ。そこで、しっかり勝点「5」を獲ったサニックスは素晴らしいのだが、チーム広報コラムが微笑ましくて面白かった。

抜粋させていただくと…「後半25分に響いた藤井雄一郎監督の声は『茶漬け、行け!』。どんなに緊迫して見ているときも、監督が"茶漬け"と口にするのを聞くと、その言葉の温かさとおかしさで、どうしても少しだけ笑ってしまいます。投入されたのは他でもない永谷一樹選手でした。永谷→永谷園→お茶漬け、から付けられたニックネームだったということ(注:永谷選手本人の証言)。そして、その茶漬けが、大きな体をゆさゆさと揺らしながら、ピッチに駈けていき、元気に大きな声を出すと、チームのムードが変わるような気がするのです」

その永谷一樹選手のコメントがいい。
「トップリーグの試合に出るのは今回で4試合目です。私はプレーでは貢献できないので、声は出そうと思っています。とにかく、一生懸命やるだけです。今回の試合、個人的には、スクラムもタックルもまったく良くなった。でも、チームが勝てて本当に良かったです」

お知らせ◎ラグビーマガジンを出版するベースボール・マガジン社より、「日本ラグビー激闘史」の第3号が、明日(13日)発売になります。今号は、1982-83シーズンだ。僕は石塚武生さんのことを書かせていただいた。この年度は同志社大が大学日本一。めちゃくちゃ懐かしい。僕は高校3年生だった。一日中ラグビージャージ着て青春していた時代だ。でも、3年生の最終戦で前歯2本が折れた。傷があって入れ歯もせずに学校に通い、部活が終わって一番楽しい時期なのに、女子と話せなくなっていた苦い思い出がある(涙)。

3

追記◎タイトルは、ふと小津安二郎監督の映画を思い出してつけた。昔、よくビデオ借りて小津作品観たなぁ。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関西大学開幕&TL5節日曜の結果 | トップページ | 日本代表メンバー発表 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    NTTcom vs.トヨタ は、会場で観ておりました。
    朝からの雨が影響したのは、Same Conditionですので言い訳にはならないものの、トヨタの大事なところでのノックオンは、試合を分けたように思います。
    それと、トヨタWTBの遠藤選手が目立たなかったですね。
    NTTcom は、前週、三洋に良いところなく負けた。その借りを同じ熊谷で、返そうとの意識でチーム一丸になれたように感じました。

    投稿: KimuSige | 2010年10月13日 12:48

    京都ならぶぶ漬けと呼ばれて敵に煙たがられた事でしょうに

    投稿: ナベゾ | 2010年10月13日 05:56

    小津映画ではいっぱいあるけど一番はやはり東京物語かなぁ。

    原節子さんの「私、ずるいんです」のセリフは切ない…。

    投稿: タロ | 2010年10月13日 01:20

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49722303

    この記事へのトラックバック一覧です: お茶漬けの味:

    « 関西大学開幕&TL5節日曜の結果 | トップページ | 日本代表メンバー発表 »