« 女子7人制チーム発足 | トップページ | TL第7節土曜の結果 »

仙台、時代祭、同志社大学

楽しみなトップリーグ第7節が始まる。注目ゲームの一つであるNTTコミュニケーションズシャイニングアークス対神戸製鋼コベルコスティーラーズは、宮城県のユアテックスタジアム仙台で開催されるのだが、アンケートに答えると両チームのサイン入りグッズがもらえるらしい。

牛たん弁当も限定発売される。厚みのある炭火焼「牛たん」を香ばしい五穀麦飯でサンドした…。旨そうだが、150個の限定らしい。10時より販売。北側ゲートを入ってバックスタンド側の角。他にもいろいろ名物商品があるようだ。

試合は白熱しそうだが、NTTコムのSO君島良夫と神戸製鋼のSO正面健司は同志社大学の同期である。大学時代、本当はSOでプレーしたかった正面はFB、WTBでプレーした。なぜか。君島がいたからである。もちろん、もっとさまざまな要因が重なっているのだが、SOとして天才的だった君島と、マルチスキルを身につけている正面、これだけ見るだけでも価値のある試合だという気がする。

Jidai1
Jidai2

金曜日は京都の三大祭りのひとつ、時代祭だった。京都御所から平安神宮まで、明治維新から平安時代までの装束をまとった行列が街中を歩く。清少納言と紫式部役の女性が控えていた場所では、人だかりができていて、ここが一番人気だった。歴史は得意ではないけれど、時代を追って衣装が華やかだったり質素だったり、なるほどと納得しながら眺めることができた。室町時代の武将は鎧も派手だったなぁ。JR東海の、そうだ、京都行こう。のキャンペーンですでに京都の紅葉が宣伝されているけど、実際はまだ。ちなみに今宣伝中の金戒光明寺のキャンペーンCMを観た方はいるだろうか? あそこに出てくる幼稚園生、あれは僕の後輩たちである。

Jidai3
Jidai4

その後は、同志社大学の今出川キャンパスに行って、スポーツ新聞部のみなさんの取材を受けた。これは、同志社大学の体育会機関紙である「同志社スポーツアトム」や、WEBに掲載されるようだ。同志社ラグビーのこと、関西大学ラグビーのこと、いろいろお話ししているうちに、あっという間に2時間経過していた。大学生のみなさんと話すのは楽しかった。というか、僕が一方的に話を聞いてもらっていた気もする。今年は同志社ラグビー100周年なのだが、学生の中でも盛り上がっているとはいえず、どうしたものかと考えているようだった。やはり、チームが毎年日本一を争うようなレベルにないと一般学生の関心は薄いのだろう。

201010221557000

こちら、同志社大学の中だけで売っている水。新島襄の漢字をとって、「最襄級」である。ラベルに新島氏の言葉が書かれている。自由奔放な同志社ラグビーと結びついている言葉だという気がした。

Water


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 女子7人制チーム発足 | トップページ | TL第7節土曜の結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    初めまして村上さん。同志社大学ラグビー部のファンです。

    毎年、悔しい思いしています。

    今年の同志社大学は、いかがなものでしょうか。
    教えて下さい。

    投稿: 池田亜樹 | 2010年10月23日 07:17

    あのチームには今森と言う素晴らしい選手もいましたよね。 彼もトップリーグでプレーしていれば今回の2人に決して負けていなかったのでは?
    法政の森田&野村両選手といい、SOは人材豊富でしたよね!

    投稿: タツヤキ | 2010年10月23日 00:07

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49816549

    この記事へのトラックバック一覧です: 仙台、時代祭、同志社大学:

    » 旬感大学 [大学]
    大学とにかく気になります。大学について毎日検索してしまうのです。今日はこのブログを見つけました。本日の東都大学野球2部リーグ試合結果|高校野球、東京6大学野球が ...Meiji君の高校野球、東京6大学野球が大好きなMeiji君のブログですの記事、本日の東都大学野球2部リーグ試合結果です。... 大学友達N。|Maisuke#39;s blgmaisukeのMaisukesbl★gの記事、大学友達N。です。... 丹波「未来」新聞 | 「成美市民大学」 受講生募る「成美市民大学... [続きを読む]

    受信: 2010年10月26日 09:35

    « 女子7人制チーム発足 | トップページ | TL第7節土曜の結果 »