« ラグマガ12月号&愛好ライブのお知らせ | トップページ | 胸部外科学会ラグビー部会 »

しゅうちゃんを救う会設立

10月30日のサモア戦に向け、日本代表が宮崎で合宿をスタートさせた。三洋電機ワイルドナイツの田邉淳選手に怪我があり、30日の出場が難しくなったため、東芝の立川剛士選手が追加招集されている。立川剛士選手のコメント「昨夜召集の連絡を受けた時には、素直にうれしかったです。春シーズンからチームとしての動きは大きく変わっていないので、しっかり代表チームに頭を切り替えて、いい準備をして、2勝できるようにがんばりたいです」

25日、心臓機能が低下する拡張型心筋症を患う福岡市の麻生修希ちゃん(1)の両親と主治医らが福岡県庁で記者会見した。修希ちゃんのお父さんは、日本ラグビー協会A級レフリーである麻生彰久さん(コカ・コーラウエストレッドスパークス所属)だ。修希ちゃんは生後すぐに、肺動脈と大動脈が1本の血管となる総動脈幹症と診断された。2回の大手術を受けたが、拡張型心筋症となり、8月には重度の心不全に陥った。

日本でも臓器移植法が改正されたが、小児のドナーはまだ1例も無く、このまま日本で待機していても命を助けることは難しい。アメリカの病院へ救済をお願いし、受け入れの内諾が得られたという。米国で心臓移植手術を受けるためには、約1億5千万円が必要。来年1月に渡米予定だ。修希ちゃんを救おうと、有志が集まり「しゅうちゃんを救う会」を設立、募金を呼びかけている。ラグビーの試合会場などでも募金活動は行われる予定だ。記者会見には、救う会の代表としてコカ・コーラウエストの向井昭吾監督、日本ラグビー協会理事の森重隆氏らも出席した。

会見ではお父さんの彰久さんが、次ように語られた。「おなかにいるときから心臓に重い疾患を持って生まれてきました。修希は2日後(27日)に2歳の誕生日を迎えます。入退院を繰り返し、心肺停止の状態や2回の大きな手術を経験しました。そのたびに力強く乗り越え成長する姿を見て、家族は励まされてきました。非常に難しい病気であり、覚悟はしていましたがアメリカでの手術を決意しました。厳しい水分制限を早く取ってあげたい。一日も早く外で遊ばせたい。家族だけでは非力です。勝手な想いで申し訳ありませんが、たくさんの方々のご協力をお願いいたします」

そしてお母さんは、切なる思いを語った。「心臓の悪い子を授かり2年がたちました。この2年間の入退院で、同じ心臓病に苦しむお子さんとお友達になりました。その中には、頑張ったけれど天国に行ったお友達がいます。神様からもらった命。修希も精一杯生きてくれたらそれでいいと思いましたが、子どもさんを亡くされたお母さんから、『しゅうちゃんは生きるチャンスがあるから、精一杯生きてほしい』と言われました。その言葉が移植に踏み切った理由のひとつです。生まれたときから大量の薬を飲み大人でも辛いような採血や検査をしてきました。たくさんの人に迷惑をかける心臓移植ですが、これまで頑張ったから乗り越えてくれると信じています」

以下、しゅうちゃんと救う会、公式サイトです。ご協力をお願いします。
http://syu-chan.com/

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグマガ12月号&愛好ライブのお知らせ | トップページ | 胸部外科学会ラグビー部会 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    しゅうちゃん、頑張れ!

こんな時こそ、ラグビーを愛するものの、力の見せ所ではないでしょうか?

一人一人が少しずつでも確実に動いて、力になりましょうよ(^_^)/

たとえば九州なら11月の13、14にクラブチームの九州大会が開催されますが、その時にでも募金をつのればいいんじゃないでしょうか?

みなさんONE FOR ALL ALL FOR ONE ですよ!

    投稿: ナガサキング | 2010年10月27日 08:40

    わずかですが募金させていただきます。
    明日。必ず。

    投稿: ミヤギ | 2010年10月26日 23:11

    日本代表の試合もあり、
    キャプテン会議のイベントもあるので
    いい形で、協力したいと思います

    投稿: 稲穂 | 2010年10月26日 21:18

      今日の福岡競艇で、優勝戦前のインタビューで
    地元の日高逸子選手が、話していました。
    「優勝戦で儲かった人。全額、寄付して下さい」と。
    麻生さんとは聞きましたが、まさか、あの麻生レフリーのお子さんとは。
    何らかの形で、必ず協力します。

    投稿: あんだーうっど | 2010年10月26日 20:33

    修ちゃん頑張れ!!
    うちの息子も修ちゃんと同級生の2歳です。
    妻とも話をしまして、他人事とは思えないので、協力させていただきたいと思います。

    しかし、目標額の1億5000万円の募金はなかなか大変だと思います。

    そこで提案です。
    ちょうど、今週からはウィンドウマンスですし、3月のチャリティーマッチを前倒しするとか、トップリーグ各チームの練習試合をチャリティーマッチ化するなどできないでしょうか。

    投稿: つかぽん | 2010年10月26日 18:53

    今度のテストマッチでも募金は出来るのでしょうか?
    ぜひ協力をさせて頂きたいと思います。

    投稿: 天山 | 2010年10月26日 14:22

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49850742

    この記事へのトラックバック一覧です: しゅうちゃんを救う会設立:

    » 心臓移植 全施設11歳から 転院負担軽減 制限下げ要望へ [サッカーはエンターテインメントだ! ]
    心臓移植が実施できる9施設のうち、改正臓器移植法施行に伴って「15歳未満」の移植も可能となった3施設の設定年齢を「10歳以下」に引き下げ、従来15歳以上だったほかの6施設を含め全施設で11歳以上なら移植できるよう、日本小児循環器学会が厚生労働省などに要望することが24日、分かった。25日にも、要望書を提出する方針。... [続きを読む]

    受信: 2010年10月26日 15:28

    « ラグマガ12月号&愛好ライブのお知らせ | トップページ | 胸部外科学会ラグビー部会 »