« プチ・ラグビー情報 | トップページ | キャプテン会議が瑞穂へ他 »

クボタ明治合同練習

火曜日は、千葉県船橋市にある、クボタスピアーズのグラウンドに行ってきた。明治大学の取材がしたかったのだが、朝からクボタと合同練習すると聞いて、駆けつけた。

Kubotameiji1

久しぶりに吉田義人監督、細谷直ヘッドコーチにお話しを聞くことができた。「去年は体幹が弱くて、激しいブレイクダウンの練習ができなかったのですが、トレーニングで下地ができてきました。今年はやっとFWの本格強化に取り組んでいます」と吉田監督。細谷ヘッドとともに、朝6時過ぎからの早朝練習に毎日出ているみたいだ。今年から早朝練習を採り入れたことで、選手の生活習慣が改善され、チーム全体がいい緊張感に包まれているようだった。

Kubotameiji2

この日は、40分の練習試合が行われたのだが、クボタのBチームに対し、接点では当たり負けしていなかったし、選手の体つきが昨年より一回り大きくなったように感じた。明治の強力FW復活の兆し、というところだろうか。クボタに競り負けた選手達が本当に悔しそうなのもいい。今週末は立教大との対戦である。

Ogikubosan

練習後、明大OBでクボタのチームディレクター荻窪宏樹さんが、嬉しそうな表情で明大SO田村優選手を見つめていた。そして、「パスでもしてみようかな」と、田村選手に歩み寄り、パスの交換を始めた。実は荻窪さんと田村選手のお父さんの田村誠さんは國學院久我山高校時代にハーフ団を組んでいたのだ。父親と同じくSOの息子とパスをするなんて、いいシーンだった。

Yoshidakunn

こちらの写真は、先日、豊田自動織機戦で逆転トライも含む3トライで大活躍したクボタWTB伊藤有司選手と、吉田英之選手。吉田選手が「いま売り出し中の伊藤君です」と連れてきてくれた。天理大出身のルーキーである。

新旧対決…◎知人がNZ州代表戦のこんな映像を紹介してくれた。元オールブラックスのタナ・ウマンガ(カウンティーズ・マヌカウ)と、今秋のオールブラックスのツアーに初選出されたソニー・ビル・ウィリアムス(カンタベリー)である。北の湖と千代の富士、千代の富士と貴乃花を思い出す村上であった。

http://t.co/a5kd1Il

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « プチ・ラグビー情報 | トップページ | キャプテン会議が瑞穂へ他 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    まだ断じるには尚早だが、クボタは自動降格回避には相当やらないと、このままでは危ない。東芝か三洋に勝つくらいじゃないと避けられないんじゃなか。

    投稿: エリス少年 | 2010年10月19日 22:01

    タナとSBWのマッチアップ、興奮すると共に一抹の寂しさも。

    こうやって時代は流れていくんですね。しみじみ。

    でも一度は引退したタナ、それでも復活したぐらいですしまだまだ若い奴には負けんところを見せてほしい☆
    クルム伊達だって頑張ってますしね♪

    投稿: タロ | 2010年10月19日 16:27

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49787180

    この記事へのトラックバック一覧です: クボタ明治合同練習:

    » 前へ [海風が強く吹いている]
    この前、光栄なことに明治大学ラグビー部の元監督、北島忠治さんの本の製作に携わった方からコメントをいただく。 そんなこともあって、約20年ぶりに手に取る「前へ」。 はじめて読んだときは、ラグビーの指南本として、プレーヤーの観点から、とても勉強になった、という... [続きを読む]

    受信: 2010年10月22日 01:11

    « プチ・ラグビー情報 | トップページ | キャプテン会議が瑞穂へ他 »