« TL4節土曜&対抗戦結果&女子京都クリニック | トップページ | クボタ内定選手ほか »

TL4節日曜の結果

日曜日は兵庫県の加古川だった。神戸製鋼コベルコスティーラーズ対近鉄ライナーズ戦をJSPORTSで解説した。降りしきる雨の中、両チームハンドリングに苦労するゲームになったが、まさかの結末に観客も大興奮の試合になった。

前半、近鉄は自陣から徹底してボールを動かし、神戸製鋼はキックで陣地をとりながらボールを動かす我慢比べ。5−3の近鉄リードで迎えた後半36分には、大畑大介が相手キックをチャージしてそのままトライ。10−5と神戸製鋼リードで折り返す。

後半に入ると近鉄はハイパントなど織り交ぜつつ、攻めはじめるが神戸製鋼の粘りの防御になかなか前に行けず。逆に神戸製鋼は、7分に相手ボールのスクラムを押し込んでボールを奪い、NO8マパカイトロがトライすると、13分にも連続攻撃からSH佐藤が右中間に飛び込んで22−8とリードを広げた。

しかし、神戸製鋼は、チームの反則の繰り返しでFB正面がシンビンに。この一時退場で組織の乱れた神戸製鋼に対して、近鉄は、後半投入されたSH金、SO重光のHB団がボールをテンポよく動かして攻撃。33分WTB田中、37分SO重光、40分WTB松井と電光石火の3連続トライで逆転に成功した。特にブザーが鳴ってからの近鉄の長い連続攻撃は、それまでのミス連発がウソのようにボールがつながり、集中力の高さが際立った。この3つのトライすべてにラストパスを送ったリコ・ギアのスキルの高さも見事だった。

試合後、神戸製鋼の苑田ヘッドコーチ(HC)は、「ボールはよく動くようになったが、フィニッシュまで持って行けない。非常に痛い敗戦」と呆然とした表情。一方、近鉄のピーター・スローンHCは、「最後はボーナスポイントだけは守ってくれと祈っていたら、勝ってしまった」と笑顔で語り、「ラグビーは面白いスポーツですね」と上機嫌だった。

この勝利は近鉄にとって、とてつもなく大きい。最後まで攻め続け、諦めなかったこと、そして交代選手が活躍したことも自信になるだろう。神戸製鋼にとっては痛すぎる敗戦だ。素速いテンポでボールを前に出した連続攻撃あり、スクラムでターンオーバーしてのトライあり、大畑の今季初トライもあった。けっして悪い内容ではなかった。近鉄のトンプソン主将が、「相手のキーマンである正面のシンビンで流れが変わったかもしれない」と言った通り、その後の数的不利を近鉄に攻められてしまった。

勝った近鉄の大西将太郎選手は、力を出し切った表情。「今季初先発だし、僕にとっては特別な試合でした。これで終わってもいいと思うくらい出し切った。大介さん(大畑)と戦うのも、これが最後になるかもしれないでしょう。かなりタックルもしましたよ。でも、相手のキックをチャージしたあと、大介さんはトライしたのに、僕は同じようにチャージしてゴール前で捕まった。これがスター性の違いなのか?って、試合中ずっと思ってましたよ〜」と、こんな話ができるのも勝利したからかもしれない。

近鉄の神戸製鋼戦勝利は、1988年以来。他会場も含めて本日3試合の結果は以下の通り。

◎トップリーグ4節日曜の結果
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス●10−50○三洋電機ワイルドナイツ(前半3-17)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ●22−25○近鉄ライナーズ(前半10-5)
福岡サニックスブルース△36−36△クボタスピアーズ(前半12-19)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL4節土曜&対抗戦結果&女子京都クリニック | トップページ | クボタ内定選手ほか »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    三洋電機の『鉄壁』と言ってもいいデフェンスに思わず唸るような内容。解説の野澤さんが、サイドスタンドから見てると背番号が隠れずにデフェンスしている、と。つまり体の芯で相手を受け止めている。このチームの(特にFWの)デフェンスを破たんさせられるチームはあるのか。
    対策は、スピードで外で崩せるかどうか?
    今のサントリーのアッタクでは足りない。福岡サニックスがつなぎ続きられるか?

    投稿: エリス少年 | 2010年10月 4日 20:42

    今のラグビーは、『60分間ではだめ!80分間スピード・パワー・スキル・判断力を維持できないと勝てない!』 逆に、スキルやパワーが劣っていても、80分間維持できれば、勝機はある。 運動量を落とさず80分間戦う戦法が最も確実な勝利を得ることができる戦い方だと思います。 これには、科学的ハイレベルでかつハードなトレーニングが必要です。 楽しては常勝できないということです。 有名選手を集めるより高いレベルのコーチ陣・スタッフがいるチーム方が強くなる気がします。 関西人としてはKOBE・同志社に目覚めてほしいです!

    投稿: ボブS | 2010年10月 4日 11:48

    今期は秩父宮の全試合観戦しているが、第四節終了した時点では三洋電機、東芝、トヨタの3チームの争いに絞られたかな〜と言う感じ。今後は戦力的に負けていないサントリーが、この3チームから勝利をもぎ取って行ければ面白くなるぞ。大勝で復活してくれ。

    投稿: ピアノマン | 2010年10月 3日 23:02

     はじめまして!きょう試合後の会見でおバカな質問を繰り返していた森本です。ご挨拶したかったのですが、現場でできず、こちらで失礼いたします。

     さて、トラバをさせていただいたのですが、不慣れなもので同じ内容を2回も送信してしまいました。1つを削除していただければ幸いです。

     元神戸製鋼の北川有広さんについての記事について情報を少し。北川選手のお兄さんと高校時代のチームメートでして、昨年末には有広さんは営業をしていると聞いていたので新しい道を目指していることは知りませんでした。ちなみにお兄さんは、大学(大市大)でラグビーをしたあと、京都大学でアメフトをしていました。そして松下政経塾でこの春まで学んでいました。そういう流れを考えると弟さんの選んだ道もなんとなくわかるような気がします。

    投稿: 森本 | 2010年10月 3日 21:30

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49637344

    この記事へのトラックバック一覧です: TL4節日曜の結果:

    » TL 第4節 神戸製鋼3連敗 [ココロミ]
    あらあら、やられちゃいましたね。神戸製鋼は、反則の繰り返しで後半30分にFB正面がシンビン。15人でもやっとな感じなのに、14人じゃやられるわ、と思っていたら、近鉄は32分、37分、そして40分としっかり3連続トライを奪い22-8と17点差を一気にひっくり返し、終わってみれば22-25の逆転勝ち。リコギアのプレイは要所要所で効いてたけど、チャンスを逃さなかった近鉄の執念の勝利だね。... [続きを読む]

    受信: 2010年10月 3日 18:43

    » ラグビー近鉄ライナーズ・歴史的大勝利!神戸製鋼に勝ったゼッ!! [IXY-nob]
    後半30分を過ぎても14点のビハインド。 「今日も近鉄はダメかもしれない?」と弱気になりかけていたとき、後半投入されたWTB田中が右隅にトライ。 これが逆転への大反撃の狼煙。 直後にやはり後半からピッチに立ったSO重光が敵陣10メートル付近の攻撃から相手ディフェンスラインの裏側へスルスルと抜け出て、そのまま右中間へトライ。 ゴールも決まって、2点差と追い上げた。残り時間はほんのわずか。 早く相手陣へ入り好位置でのPGで逆転したい。 そう思って見つめているといきなり大きなホーン音。 まだ敵陣に5メート... [続きを読む]

    受信: 2010年10月 3日 18:48

    » トップリーグ第4節観戦記 [★ Blog Funky Town ★]
    10月1日(金)は秩父宮でトップリーグナイターを観戦。これで最後のナイターゲーム [続きを読む]

    受信: 2010年10月 3日 21:11

    » ラグビーはおもしろい! [森本光blog言うたらアカン]
    「ラグビーはおもしろいスポーツですね」  ジャパンラグビートップリーグ・近鉄ライ [続きを読む]

    受信: 2010年10月 3日 21:17

    » 「スポーツナビ」に大畑大介のコラム [ココロミ]
    『大畑大介、ラグビー人生最後の目標に向かって』というコラムが書かれています。「でも、(引退を決めた)一番の問題は体じゃなく心なんですよ」。“心”ですか。その心の内側を覗いてみたいな。引退の決意は固いらしい。写真:スポーツナビより... [続きを読む]

    受信: 2010年10月 5日 01:33

    « TL4節土曜&対抗戦結果&女子京都クリニック | トップページ | クボタ内定選手ほか »