« 仙台、時代祭、同志社大学 | トップページ | 対抗戦・熊谷&TL7節結果ほか »

TL第7節土曜の結果

土曜日は諸事情あって試合会場には行けず、トップリーグをテレビ観戦した。まずは、サントリーサンゴリアス対ヤマハ発動機ジュビロを見る。サントリーのアグレッシブなアタッキングラグビーが爆発した。WTB小野澤の3トライを含む12トライの猛攻。持ち込んだボールがテンポ良く出てくれば、サントリーの素速い連続攻撃は手が付けられない。ブレイクダウンで前に出られてしまったヤマハは、ディフェンスラインを押し上げられず終い。零封されてしまった。

東芝ブレイブルーパス対クボタスピアーズは、クボタが健闘した。粘り強いディフェンスで、前半は1点差で食らいつく。後半は、SOヒル、FL中居らのトライで突き放したが、「前半、受けてしまった」(廣瀬キャプテン)と言うとおり、東芝のリズムでの試合ではなかった。クボタは惜しい試合だが、きょうのようなディフェンスが80分間できれば、もっと上に行けるはずのチームだ。

そして、三洋電機ワイルドナイツ対福岡サニックスブルース。注目していたのだが、サニックスがオリジナリティあふれる攻撃をしているからこそ、三洋電機の強さが際立つ試合だった。この試合での三洋電機は、ディフェンスからの切り返しというより、自分たちから先に仕掛けて得点を重ねた。セットプレーからの鮮やかなトライもあり、長時間ボールをキープする老かいなプレーあり、多彩で洗練された試合運びだった。野武士というイメージではないなぁ。CTB霜村のタックラーをずらす動き、ノートンナイトのスピード、そして柔らかいパスと、個人技も堪能できた。面白い試合だった。

花園では近鉄ライナーズがトヨタ自動車ヴェルブリッツを破っている。今年のトップリーグは期待を裏切らない試合が多い。ぜひ、みなさん、スタジアムへ。

◎トップリーグ第7節結果(23日分)
サントリーサンゴリアス○72-0●ヤマハ発動機ジュビロ(前半32-0)
東芝ブレイブルーパス○33-19●クボタスピアーズ(前半14-13)
豊田自動織機シャトルズ●13-46○リコーブラックラムズ(前半10-12)
近鉄ライナーズ○21-17●トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半11-11)
三洋電機ワイルドナイツ○65-21●福岡サニックスブルース(前半39-14)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 仙台、時代祭、同志社大学 | トップページ | 対抗戦・熊谷&TL7節結果ほか »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    私がやっていたときにラグビーで聞いたことはないですが、「テレフォンパス」ってよまれているパスですね。
    (観戦者さんに聞きましたが、、。)
    で、それは、
    真正面を向いてパスするから相手に気がつかれないとでも言いたかったのでしょうか?ラグビーは流れもあり、それだからパスがいく方向がわからないということはありません。パスダミーも含めてパスの出しどころは出す者以外にも、オフサイドポジションにいない味方がいる場所により限定されます。
    通常は飛ばすことによりパスが次にいくか、いきなりその外に行くががわからないとか、リターンすることにより左右どちらもあるかということでしょうが、さらにもう一つ相手としっかりとコンタクトをしたのちにスクリーンプレー的に後ろに送ることもあるでしょう。
    しかしながら、体を立たせたまま正面をむいていては、そのスクリーンにはなれないでしょうし、前にも述べたように、ダミーをしてからの次の動きもできないし、ましてや、パスの幅が狭まっていることだと私は理解しています。
    そして体を大切にしないといずれ痛い目にもあうと思います。
    時にはそのような状態でぎりぎりの良いプレーということもありえますが、それはボールをもらってから間もないときのプレーであって、自分から仕掛けているときにあえてそのようなプレーをする必要はないと考えています。
    あと、動物は腹を見せるときは味方(仲間)と安心しているときにする行動です。お腹はちゃんと敵に対しては防御しましょう!!

    投稿: 草パスマン | 2010年10月26日 12:52

    観戦者さん

    テレポンパスってラグビーで聞いたことはないですね。

    ラグビーではどういうことをいいますか?

    投稿: 草パスマン | 2010年10月25日 22:15

    トヨタは、ここ3試合(NTT戦・サニックス戦・近鉄戦)試合に望む意気込みが全く感じられません。
    とても上位チームとも思えない試合展開ばかりで、何をしたいのかが、わからないゲーム展開が続いてます。選手の気迫が全く感じられませんね。
    このままだと、順位が下がる一方ですね。もう一度「0」から取り組み直してほしいです。

    投稿: ヴェルたか | 2010年10月25日 17:00

    草パスマンさん
    「テレフォンパス」って御存知ですか?

    投稿: 観戦者 | 2010年10月24日 23:41

    パスについてのコメントは早稲田と日本体育の試合のプレーです。早稲田の15番(だったと思います)のプレーを良いと解説していたことについてです。(その選手はその他のプレーでも体を正面にむけ腹をあけた形でパスをしており、みぞうちにでもタックラーの肩が入れば息ができなくなりそうでした)あのようなプレーの癖(あえて癖といいますが)は決していいものとは思いませんし、まねをするような高校生(またはそれ以下の選手)が出なければよいと感じます。確かに投げることがわからずにパスできることは良いことかもしれませんが、手の動きでいずれにせよパスをすることは予測できますし、すばやく肩をいれてなげればよいだけのことではないかと思います。私はいずれそのようなパスをしていると、腹部を強打し、負傷するような事態がくるのではと心配してしまいます。これからプレーを覚える選手にはくどいくらい言いたいですが、あのようなプレーは真似してほしくないです。

    投稿: 草パスマン | 2010年10月24日 22:11

    真正面(顔も、体も)を向いてパスをすることをいいプレーと解説されてましたが、あれは決していいプレーではないと思います。正面を向いたパスは接近(接触)してからではパスができませんし、パスする本人の体も危険になります。(おなかにタックル入られる可能性大)それに、たったままでは、仮にそのまま抜け出てもスピードにのれず、よいこととは思いません。左に投げるならば右肩をしっかり入れてパスするのがよいと思いますし、ダミーパスをした場合にも走るための貯めもでき、スピードにものれませす。たったままのプレーがよいプレート思わせるのは、若年層にも危険が大きくなりますし、トップのチームでもしそんなプレーをして助っ人外人にでもパス直後にタックルを腹に入られたら即負傷退場となることでしょう。パスのよしあしについては、もっと研究して解説してください。

    投稿: 草パスマン | 2010年10月24日 15:40

    こんにちは。いつも楽しく読ませていただいています。初めてコメントいたします。
    私も数年ぶり昨日花園に行ってきました!2試合ともものすごく印象に残るすごい試合で大満足でした。リコーのラーカム選手の絶妙なパス、身のこなしは最高でしたし、近鉄トンプソン選手のいつでもどこでもタックルしてるのには本当にびっくりしました。Jスポーツもいいですが、やっぱりスタジアムで見るのは気持ちがいいし迫力が違いました!
    で、ひとつ村上さんに質問なのですが、豊田自動織機対リコー戦で、豊田自動織機の梅田選手が脳震盪のような状態で外に出る時間がありました。その間リザーブの選手が一時的に出場していたのですが、出欠じゃない場合でも一時出場が求められるケースってあるのでしょうか?(それとも出血してたのかな?)
    また、近くで観戦してた人が、「なぜラグビーは交代やなくて入替なんやろ?」って言ってました。よく考えると不思議ですね。

    投稿: Salyu | 2010年10月24日 14:57

    サントリーの西川は仕事量すごいですね。将来が楽しみです?

    投稿: 竹本 | 2010年10月24日 08:48

    近鉄すごいね、トヨタにも勝っちゃった。関西リーグの時から、神戸製鋼とトヨタ両方に勝ったことって
    あったっけー。ある意味歴史的なことじゃないかなあ。近年の強化が実りつつあり、苦労された関係者の皆様には敬意を表します。来年あたりは、真剣に優勝をねらえるんじゃないかな。とにかく今年度、残り試合もガンバレ。

    投稿: かつお | 2010年10月24日 00:11

    神戸に勝ち、三洋に3点差の惜敗の近鉄は強い.
    今日はトヨタに勝った!すごい!!こてこて関西ラグビー古豪近鉄イケー!!!

    投稿: ボブS | 2010年10月23日 23:32

    またまた近鉄が後半最後に魅せてくれました!
    トヨタも近鉄も好きなチームなんで正直複雑ですけど‥

    今日はトヨタが近鉄にターンオーバーされる事が多く、始終五分五分の展開で近鉄にシンビン2人(SH金も!)も出ましたが、トヨタはトライを取りきれませんでした

    今年の近鉄はご存知の通り、後半最後まで気持ちが切れず取りに行ってやる!取れる!やったるで!という気迫が伝わってきます
    (個人的には去年のNEC戦の劇的大逆転勝利から繋がっているように思います)
    今年はリコ・ギア他、強力な元他チーム選手の加入もありますが、本当に近鉄のチームの団結力やモチベーションがすごく高く熱くなってるように感じます

    プレイを見ている観客にも感動があります
    毎回目の離せないハラハラドキドキの展開で帰り際、「やっぱりラグビーはめちゃめちゃおもろいなぁ!今日は試合見に来てほんまよかった!!」と話してます
    今年のTLは面白い!!
    日本選手権どこが来るのか楽しみですね☆

    投稿: KAN | 2010年10月23日 21:55

    花園も盛り上がりましたよ。1試合目はタマティ・エリソンがキレキレで、ラーカム-エリソンで取った後半のトライなんて最高でした。2試合目の近鉄もお見事(ペナルティーは多かったですが)。リコ・ギアも存在感抜群でした。しかし元ワラビーズ、オールブラックスのプレーを間近で見られる日本のファンは幸せ者です。

    投稿: sella | 2010年10月23日 21:03

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49824166

    この記事へのトラックバック一覧です: TL第7節土曜の結果:

    » ラグビーはおもしろい!その2 [森本光blog言うたらアカン]
     きょうの近鉄ライナーズ劇場もファンが期待した通りの感動的な内容だった。  ジャ [続きを読む]

    受信: 2010年10月24日 00:11

    » 近鉄もトヨタ自動車を破る。 [ココロミ]
     「今日もライナーズ勝ったでー!」「今日もライナーズ勝ったでー!」というタイトルが、なかなかナイスである。古豪、近鉄復活か!!「リコ・ギア最高や!!」と叫んだおじさん、私も同感です(^.^)。トヨタ自動車は、NTTコムにも敗れ2敗ってことか・・・。それでも、4位を維持するところは、さすがだ。近鉄もトヨタ自動車も応援してるしな。4、5、6位と、トヨタ自動車、近鉄、神戸製鋼の団子ラック状態の順位に、思わず笑ってしまった。わっはっはー。トップリーグ第7節2010年10月23日(土) 近鉄花園ラグビー場近鉄... [続きを読む]

    受信: 2010年10月30日 00:23

    « 仙台、時代祭、同志社大学 | トップページ | 対抗戦・熊谷&TL7節結果ほか »