« 花園シード校&オールブラックス&お知らせ | トップページ | 熱くて、楽しみな週末 »

紅葉、記虎さん&ラグマガ1月号

Kurotani

京都の紅葉は、ほとんどの場所でいまが見ごろ。散り始めているところもある。ここ数日、急速に赤くなって、あっという間に散っていく。

Kurotani2

きょうは、知人が遊びにきたので、少しだけ散歩に出た。黒谷、真如堂、吉田神社、あまりに赤が綺麗で思わずシャッターを切った。

Yoshida

夕方、龍谷大学深草キャンパスに行って、ラグビー部の記虎監督に話を聞いた。12月17日、ラグビーマガジンの別冊として発売される「花園90年」の取材だ。もちろん、啓光学園の4連覇について振り返ってもらった。当時、監督、総監督としてチームを率いた記虎さんは、どんなイメージでチームを作っていたのか。話を聞いていると、何がなんでも勝ちたいというより、監督が考える理想のラグビーを追い求めた結果だったという気がした。「(選手達を)負けさせたくなかった」というコメントがいい。

Cover_1101

25日は、ラグビーマガジン1月号の発売日。表紙は明治大学だ。この表紙のデザインをする時には、明治対帝京の試合は終わっていないはずだけど、思い切ったのかな。今となっては、対抗戦の全勝は明治だけ。ナイス判断。今回は日本代表の巻頭特集のあとは、大学ラグビーの記事がずらりと並ぶ。藤島大さんによる明治大学レポートがある。吉田義人監督のコメント。「明治のラグビーを全面に押し出し、貫く。もちろん対戦相手もそれぞれの強みと特長を出してくる。でも明治は相手が魂のタックルをしてくるなら魂をこめてそれを弾き飛ばす。強みには、その強み以上のものでぶつかる……」。明治らしさが、本当に戻ってきたんだと実感する。

兄弟特集も面白い。近鉄のタウファ兄弟、サニックスの濱里三兄弟、筑波の彦坂兄弟、明治の杉本兄弟に、成蹊の三浦兄弟などなど。ラグビー一家の絆である。「解体心書」は、東芝ブレイブルーパスの望月雄太選手。

読み進み、巻末に近づくと、ラグビーのパワーを感じる3つのストーリーがある。画家の岡部文明さんは、高校時代、練習中の事故で四肢に障害を負った。失意の岡部さんを見舞ったのは、1967年に来日したNZUのメンバーだった。そして、岡部さんは彼らと再会するため、来年のワールドカップに向かう。生涯をかけて描いたたくさんの「ピエロ」を携えて。現地での個展実現にもラグビーを通じた人とのつながりがあった。他2本とあわせて、ぜひご一読を。

追記◎明日(26日)、18:05~18:25あたりの時間帯に、ABCラジオ「赤星と次郎のオーライオーライ」の中の「ムキムキ!ノーサイド劇場」に出演します。この模様は、Uストリームでもインターネットライブ配信されます。パーソナリティは、赤星憲広さん(元阪神タイガース外野手)、清水次郎さん(ABCアナウンサー)、マコーマック明子さん(タレント)。http://abc1008.com/spo_pita/index.html

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 花園シード校&オールブラックス&お知らせ | トップページ | 熱くて、楽しみな週末 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    紅葉がとても綺麗ですね☆
    じっくりラグビーマガジン読みます♪
    これから、イベントなどで村上さんにお会いできることを楽しみにしております(^^)

    風邪などお気をつけください。

    投稿: KAYOMI | 2010年11月26日 20:27

    鹿児島大学の下山兄弟も気が向いたらチェックしてみてくださいね!九州Ⅰ部です。

    投稿: 灰まみれ | 2010年11月26日 08:52

    この冬は久々に京都・奈良かなと思っています
    クリスマス辺り、ひっそり京都を満喫できるところございますか
    ついでにラ式関連も楽しみたい...
    京都はついつい欲張ってしまうなあ

    投稿: ナベゾ | 2010年11月26日 06:03

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/50131330

    この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉、記虎さん&ラグマガ1月号:

    « 花園シード校&オールブラックス&お知らせ | トップページ | 熱くて、楽しみな週末 »