« ビール絶好調 | トップページ | 関西大学A、13日の結果 »

マーラー懇親ライブ2

Live1

12日(金曜日)の夜は、大阪の東高麗橋にあるラグビー普及促進酒場「ラグビー部マーラー」でトークライブ&懇親会があった。マーラーの名を冠して開催するライブは今回が2度目。ゲストは近鉄ライナーズのタウファ統悦(トーエツ)、成昴徳(ソン・アンドッ)、田邊篤(たなべ・あつし)の3選手だった。このライブの特徴はトーク部分と懇親会が区切りなく一体化しているところ。選手と一対一で直接話すこともできるし、じっくりゲスト全員の話を聞くこともできる。今回も爆笑の連続だった。

田邊、成両選手は帝京大学時代から1番、3番でスクラムを組んでいた。田邊選手はIBM、横河と所属したチーム事情で移籍し、今季より近鉄へ。「ソンのやりたいことが分かるので、凄く組みやすいんです。ソンが右に行きたいと思えば僕もついていくし、左に行きたいと思えば合わせられる」などなど、フロントローの奥深い話も。

成選手は、近鉄の宴会部長。田邊選手につっこんだりして、大いにトークを盛り上げてくれた。中学時代はサッカーをしていたので、試合中、どうしてもキックがしたくなって、よくスローンヘッドコーチに叱られるのだとか。「プレースキックも高さんから、いつか奪ってやろうと思ってるんですけどね」。でも、高選手は、2人が大学1年生の時のキャプテン。「めちゃくちゃ怖かったんです。今は、ほんまに柔らかくなってて信じられないくらいで」

Live2

田邊選手は、漢字は違うが、同姓同名のタナベ・アツシ選手(三洋電機)が日本代表に選出されたことで、チームメイトにいじられているらしい。「今回も、日本代表、おめでとうって(苦笑)。でも、名前が同じということで、お話しすることもできたんです」

二人はどう呼び合っているですか?
「僕は、タナベさんで、向こうは、『おうっ』て」

統悦選手は、ほおっておけばいくらでも話し続ける明るい選手。近鉄のバーベキューパーティーでは、トンガ仕込みの豚の丸焼きをして、みんなに切り分けるのだそうだ。「みんな見た目で嫌がっているくせに、食べ始めると凄いんですよ。僕のがなくなるくらい」。来年のワールドカップへの抱負を参加者のみなさんに質問され、「リッチー・マコウを倒したい」とオールブラックス戦への意気込みを語った。「でも、まだ選ばれていないんで」と謙虚なのも、統悦選手らしいところ。

Live3

最後は各選手からのプレゼント抽選会。近鉄のウインドブレーカーや、成選手愛用のスパイクなどが出された。ちなみに、スパイクのサイズは、27.5、それを言ったときに、お客さんが、みなさん残念そうにしたのが面白かった。履く気かいっ!

Live4

今回のヒットは、マスターが持ち込んだビールのピッチャー代わりの「やかん」。これ、泡も立たずに、実にうまくつげる。やかん持っている人は、お試しあれ。ただし、たっぷり入れるとめちゃくちゃ重くなるので、ご注意を。

追記◎ノーサイドプロジェクトの会員証も販売したのだが、ほぼ全員の方が購入して仲間に加わってくださった。みなさん、ありがとうございました。ノーサイド精神とラグビーを広めていきましょう。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ビール絶好調 | トップページ | 関西大学A、13日の結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    くそ・・・。行ったらよかった・・・。

    たまたま金欠やったもんで・・・(泣)

    27日のアフターマッチは参加します。

    楽しみにしています^^

    投稿: 孝 | 2010年11月13日 20:40

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/50013307

    この記事へのトラックバック一覧です: マーラー懇親ライブ2:

    « ビール絶好調 | トップページ | 関西大学A、13日の結果 »