« 関西大学A第6節土曜の結果 | トップページ | 対抗戦A結果ほか »

リクオ20周年

この日記は、ラグビーとは関係のない、ひとりごとです。

土曜日、神戸で一通り取材を終え、友人のミュージシャン、ローリングピアノマンこと、リクオのCDデビュー20周年記念ライブに向かった。行き先は、大阪梅田AKASO(旧バナナホール)。大阪は、20日、21日の2日間(午後6時半開演)。来週は、27日、28日、東京の下北沢GARDEN、12月4日は福岡ROOMS、19日に名古屋TOKUZOで開催される。毎回、リクオゆかりのミュージシャンが次々に登場して、ともに演奏し歌うのだ。初日のゲストは、有山じゅんじ、梅津和時、カオリーニョ藤原、川村結花、島袋優(BEGIN)、三代目魚武濱田成夫、渡和久(風味堂)。

川村結花さんとリクオの「夜空ノムコウ」、良かったなぁ。作曲者の川村さんの声で聞いて、この歌って、こういうことなんだなぁと実感。三代目、声デカいな。名曲「アルバイト」に涙。島袋さんのギターも心に響いた。風味堂の渡くんもカッコいい。「出てきよったな、生き血吸うたろと思った」とリクオも認める実力者。渡くんも「初めて見たとき、世の中にはこんな凄いピアノ弾く人いるんだって思いました」と話し、ロックンロール「ミラクルマン」では、2人でまさにピアノを叩いていた。元気やな。

あとのメンバーはシブすぎ。大人の色気あるギターとサックス、そして、リクオの切ないアコーディオンに心地よく酔った。それにしても、リクオ、楽しそうやったなぁ。こんな素晴らしいメンバーに集まってもらって、幸せやなぁ。中学のとき、イーグルスとかコピーして遊んでいたリクが、こんなになったんか。どこまでスゴくなってんねん、ビックリするわ。

ご興味のある方は、ライブへ。ただし、20周年やから、時間は長いからね。ゲストも毎回違います。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関西大学A第6節土曜の結果 | トップページ | 対抗戦A結果ほか »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    はじめまして!はじめてコメントさせていただきますが、フェアーキャッチというルールはなぜ生まれたかご存知ですか???マークしているところを友人に聞かれてもルールだから以上のことは答えられないので・・・・
    既出でしたら申し訳ないです

    投稿: 依田 | 2010年11月21日 15:56

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « 関西大学A第6節土曜の結果 | トップページ | 対抗戦A結果ほか »