« マーラー懇親ライブ2 | トップページ | 関西大学A、14日の結果 »

関西大学A、13日の結果

Takara1

13日は、京都の宝ヶ池球技場に行っていた。木々は色づき始めて、今はグラデーションを楽しむ時期らしい。球技場に着くと、修ちゃんを救う会の募金活動がすぐに目に入った。トップレフリーの戸田京介さんらも募金箱を手に声をからしていた。試合は大学の同期生たちと観戦。楽しい時間だった。

第1試合は、近畿大学対京都産業大学。互角の好勝負が期待されたが、意外にも近大の快勝だった。ただし、京産大が何度も攻め込んではターンオーバーから一気に攻める近大というシーンが多く、前半33分からのWTB島直良らの4連続トライは圧巻。部員席の元気な声援も、近大らしさが戻ってきた感じだ。「たたみかけ!、たたみかけ!、近大名物、たたみかけ!」の声援にも後押しされて、後半32分からも6分間に3連続トライ。京産大は、スクラムでうまくいなされた感じで、力を発揮できず。それにしても、サイズが小さいが、近大の低く前に出るタックル、ゲインラインを突破したあとのミスのないつなぎは見事だった。

Takara2

第2試合も、戦前の予想通りの大接戦。前半は立命館大が、FL山田直輝、WTB田中友樹らのトライで21-8とリードしたが、後半は大体大がディフェンスを修正し、SH福居武のPG、FB有村健司らのトライで追撃。インジュリータイムには、ゴール間のラインアウトからの攻撃で、LO柳川大樹が逆転トライをあげ、劇的勝利をあげた。「うちは圧倒的なパワーはない。一生懸命戦うだけ」。大体大の坂田監督もほっとした表情だった。

今年の関西大学Aリーグは大混戦。きょう時点で、全勝は天理大、3勝1敗が関西学大、近畿大は3勝2敗とし、2勝のチームが、同大、立命大、京産大、大体大。摂南大のみまだ勝ち星がない。大学選手権出場枠を巡る戦いも熾烈だ。

◎関西大学Aリーグ結果(13日)
京産大●26-61○近大(前半13-26)
立命大●26-28○大体大(前半21-8)

追記◎観戦中に福岡方面からメールで情報が。「東福岡67-7筑紫丘」、「レベルファンブスタジアム一杯です」、「福岡21-7筑紫、28年ぶりに花園です」。兵庫県からは、「準決勝があり、関学と報徳が勝ち上がりました」との報告。また、兵庫の会場でも「修ちゃんを救う会」の募金が行われていて、ラグビー部のマネージャーさん達が、「すごく多くの方が協力してくれて感動しました。千円札とか入れて下さる方も多くいて、びっくりしました」と話していたそうだ。23日の決勝でも募金活動は行われる予定。

Bokin


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « マーラー懇親ライブ2 | トップページ | 関西大学A、14日の結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/50016964

    この記事へのトラックバック一覧です: 関西大学A、13日の結果:

    « マーラー懇親ライブ2 | トップページ | 関西大学A、14日の結果 »