« 関西大学A、13日の結果 | トップページ | オールブラックスが止まらない »

関西大学A、14日の結果

男子7人制日本代表のアジア競技会に参加するメンバーに、渡邉洸太郎(三洋電機ワイルドナイツ 192㎝、92㎞、24歳)が追加された。桑水流(コカ・コーラウエストレッドスパークス)、谷口(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)という長身選手が負傷したためだが、7人制ラグビーでは空中戦を支配する長身選手が一人は必要。期待がかかる。

Nagai

14日は大阪の長居にいた。関西大学Aリーグの取材である。第1試合は、全勝の天理大学と同志社大学の対戦。同志社は、立ち上がりからブレイクダウンで激しく体をぶつけ、天理大のテンポを見出し、BKのラインディフェンスも積極的に前に出て、天理のスペースを奪いにかかった。「同志社は捨て身で来た。ラインアウトも獲れずに苦労した」と天理の小松監督が言うとおり、序盤は同志社ペースだった。

しかし、前半12分、天理がNO8山路のカウンターアタックでできたラックから大きく展開、SO立川のロングパスで左WTB塚本がトライすると、以降は、ハベア、バイフの両CTBが同志社の前に出るディフェンスを巧みなステップワークでかわしてチャンスを作り、スコアを重ねた。終わってみれば、トライ数で9本対0本という天理の完勝だった。

この試合のことと、天理のレポートを今月発売のラグマガに書く予定です。

第2試合は、天理を追いかける関西学大と、いまだ勝ち星のない摂南大の対戦。こちらは、関西学大がFW戦で圧力をかけ、モールからHO緑川が先制トライし、22分には相手のミスボールを奪ってCTB村本がトライ。「つなぎのミスが多かった」と大﨑監督が言うとおり、課題も多かったが、余裕をもった勝利に見えた。摂南大は、次戦の天理戦に巻き返しを期す。

◎関西大学Aリーグ第5節結果(14日)
天理大○59-6●同志社大(前半26-3)
関西学院大○45-7●摂南大(前半19-0)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関西大学A、13日の結果 | トップページ | オールブラックスが止まらない »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/50027763

    この記事へのトラックバック一覧です: 関西大学A、14日の結果:

    » 関西大学ラグビー、今年は天理が強い!! [IXY-nob]
    昨日は本当に素晴らしいラグビー観戦日和。 曇天無風。 戦っている選手にとってはちょっと暑いくらいだったかもしれませんが、「汗で滑る」ことはなかったと思われます。 実はこういう日の試合は大差がつきやすい、という経験則がそのまま当てはまってしまいました。長居第二陸上競技場の第一試合は天理大対同志社大。 昨年のリーグ戦順位2位対4位の対戦、上位校の「つぶし合い」が始まった週です。ただ、ここまで天理が全勝、同志社は2敗とチームの状況にはかなり差があります。 私の座ったメインスタンド中央部は「同志社応援団」で... [続きを読む]

    受信: 2010年11月15日 21:06

    « 関西大学A、13日の結果 | トップページ | オールブラックスが止まらない »