« ノーサイドプロジェクト2010秋盛況! | トップページ | NEC&イベント参加者募集のお知らせ »

高校のこと&有田キャプテン

シンガポールクリケットセブンズで、女子7人制ラグビー日本代表がインド、シンガポールを破り初優勝。全国高校大会の各地の熱戦の情報も入ってきている。福岡県は今年度2チームが出場できるのだが、きょうの準決勝の結果、2つの決勝戦は、東福岡対筑紫丘、福岡対筑紫の戦いに。福岡が小倉を破り、筑紫も修猷館をかろうじて逆転で下したようだ。そして、茨城県では、常総学院が茗溪学園を、20-19で下して花園出場を決めている。石塚さん、良かったね。

僕は早稲田の上井草グラウンドで有田隆平キャプテンにインタビューをしてきた。今月下旬発売のラグビーマガジンに掲載されるものだ。この日は、ジュニア選手権もあり、帝京大Bが38-19で早稲田大Bを下した。早稲田のほうはあまり内容が良くなく、有田キャプテンも残念そうだった。

インタビューのほうは、先日帝京大を下したパフォーマンスのことは、チームの現況などを聞いた。昨年までのようにHOのポジションでキャプテンをやるのと、NO8でキャプテンをする違いを尋ねると、「FWの一列だと顔を上げたら3次攻撃くらいなので、今のようなキャプテンとして役割は果たせなかったかもしれません。今は全体を見ようと心がけています」とのこと。辻監督は、個々の強さを生かしてくれていると感じているようだった。

有田選手は少し白髪があるのだが、高校時代にキャプテンをしていた頃が一番多かったらしい。「僕は精神状態がすぐに髪に出るんです」ということで、「今が一番少ないと思います」と話していた。つまり、充実した日々を送れているということだろう。「遠くを見ず、一戦一戦に集中したい」という言葉は、いつもの通りだった。

Arita

最後はこのはにかんだ笑顔。女性ファンは、この表情に惹かれるんだろうなぁ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ノーサイドプロジェクト2010秋盛況! | トップページ | NEC&イベント参加者募集のお知らせ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    今年の全国高校ラグビー大会で圧倒的な強さを見せた東福岡高校なのだが、その東福岡高校が一番苦戦したのが昨年の福岡予選決勝での筑紫高校だったと思います。筑紫、修猷館、福岡はいづれも県下で上位の進学校でなおかつ公立高校だったはずです。同じ文科省管轄なのに、大阪の公立高校とえらい違うのは教育委員会の違いでしょうか。小中高とも本当に魅力ある学校にしていかないとあきませんなぁ。

    投稿: ボブS | 2010年11月 8日 10:01

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49963413

    この記事へのトラックバック一覧です: 高校のこと&有田キャプテン:

    « ノーサイドプロジェクト2010秋盛況! | トップページ | NEC&イベント参加者募集のお知らせ »