« 紅葉、松島選手&お知らせ | トップページ | W杯組織委員会、7人制、天理大 »

SBWの凄味

南北半球対決のテストマッチが各地で開催中である。オールブラックスは、ヨーロッパ遠征の初戦でイングランドを下し、ホームユニオン(イングランド、スコットランド、アイルランド、ウエールズ)をすべて下すグランドスラムに一直線である。そのイングランド戦で代表デビューしたCTBソニー=ビル・ウィリアムズのすごさがよく分かる映像を、NZラグビー大好きの知人が教えてくれた。なぜ、彼が人気があるのか分かるし、オールブラックスがとてつもない武器を手に入れたことを実感する。

SBWの凄さ

http://www.youtube.com/watch?v=1IM5hVcNJXQ

NZ対イングランド戦ハイライト

http://www.youtube.com/watch?v=o0KGzN4BZOE&feature=share

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 紅葉、松島選手&お知らせ | トップページ | W杯組織委員会、7人制、天理大 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    イングランドの12番ハペはキウイでリーグ出身ですが、SBWとハペの二人はリーグNZ代表キウイズで一緒だったみたいですね。
    リーグラグビーで同じ代表で共に戦い、ユニオンに移って違う代表になり相対する…、凄い二人です☆

    そういえば元ワラビーズのトゥキリはまたリーグに移り、このたびオーストラリア代表カンガルーズに選ばれてNZ代表キウイズと戦うそうな。

    投稿: タロ | 2010年11月11日 05:03

    ガタイがデカいから出来るようなプレーが多いですよね。きっと手もデカいんだろうなぁ。
    日本人がヘタにマネしない方がいいですよね。

    投稿: らぐじ~ | 2010年11月10日 21:59

    ソニービルウィリアムズのプレーも凄いですが、先日のアイルランド-南ア戦のインゴール内であきらめずにタックルに行ったマットフィールドのプレー、私はあのプレーも本当に素晴らしいと思います。村上さんも解説で誉めていらっしゃいましたが、あれだけの選手が基本のプレーを当たり前のようにこなし、そして勝利をもぎ取る。スーパープレーを連発し、なおかつ基本的なプレーをなおざりにしない、これこそが正真正銘の名選手ですね。

    投稿: sella | 2010年11月10日 21:42

    動画拝見しました。
    ロムーとかウマガを初めて見たときと
    同じようなインパクトがありますね!

    http://www.youtube.com/watch?v=OqZEv_Iqrbs&feature=related
    それと、この動画で久しぶりにジョン・ギャラハーを観ましたが、彼は今何をしているのかご存知ですか?

    投稿: hiro | 2010年11月10日 18:15

    Sonny Bill Wiliamsのセンターでの働き、とくに、ワンハンドでボールをさばき、きれいに味方にパスする技術は、すごいですね。それだけに、ディフェンス側が、とまどうのも無理はないと思います。パスされると思ってタックルをためらうと、まっすぐ突き抜けられてしまいます。すごいセンターがでてきたなと、ビデオを見て感心させられました。

    投稿: 西浦 宏親 | 2010年11月10日 16:57

    凄いです!!

    次のスコットランドは、誰とコンビ組むのか楽しみです!!

    投稿: sue | 2010年11月10日 15:57

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/49984924

    この記事へのトラックバック一覧です: SBWの凄味:

    « 紅葉、松島選手&お知らせ | トップページ | W杯組織委員会、7人制、天理大 »