« SBWの凄味 | トップページ | ビール絶好調 »

W杯組織委員会、7人制、天理大

11日、ラグビーワールドカップ2019組織委員会の会長と副会長が発表された。同委員会は、このあと、評議員、理事などの役員を選定し、一般財団法人としての登記が行われ正式に設立する。ようやく本格スタートである。

会長 御手洗冨士夫(社団法人日本経済団体連合会名誉会長)
副会長 竹田恒和(財団法人日本オリンピック委員会会長)
副会長 中村芳夫(社団法人日本経済団体連合会副会長・事務総長)
副会長 森喜朗(財団法人日本ラグビーフットボール協会会長)

2010年11月12日から27日まで中国・広州で行われる第16回アジア競技大会(ラグビー競技は21~23日)に参加する男子7人制日本代表のメンバーに変更があった。

桑水流裕策選手(コカ・コーラウエストレッドスパークス)が怪我のため、同じくコカ・コーラウエスト所属の築城昌拓選手が入った。築城選手は7人制代表のキャプテンだったが、怪我が癒えたばかりだったために今回の選出が見送られていた。桑水流選手は、7人制の経験豊富で空中戦の要だけに痛いが、キャプテンの復帰は心強い。

11日は、天理大学の白川グラウンドに行っていた。京都から車で約1時間半。距離は60㎞くらいだった。午後4時45分からの練習を、小松節夫監督と一緒に見ながら、さまざまな話を聞いた。小松監督は僕より年上だが同時期あたりに同志社大でプレーされていたので、勝手に親近感を抱いている。監督生活18年。1年目はCリーグに落ちたシーズンで、そこからAリーグまで引き上げ、今季は関西リーグの優勝候補筆頭にまでなった。その過程を聞きつつ、グラウンドひとつ整備するにも、いろいろな苦労があるものだと再認識。FWの小さな天理がいかに勝とうとしているのか。勉強になるお話しだった。

白川グラウンドは想像以上に冷えた。グランドコートと手袋をお借りして大助かり。皆様、ありがとうございました。天理大は、14日(日曜日)、長居で同志社大と対戦する。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « SBWの凄味 | トップページ | ビール絶好調 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    キーワード
    15人でひのきしん
    じゃないでしょうか

    投稿: ナベゾ | 2010年11月12日 06:05

    ラグビー最高です!

    ラグビー未経験者ですが、2019ワールドカップに向けて底辺拡大に努めたいと思います!

    投稿: カズピコ | 2010年11月12日 04:22

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/50001736

    この記事へのトラックバック一覧です: W杯組織委員会、7人制、天理大:

    » ワールドカップ 日本代表のトライ名場面 [ココロミ]
    やはり、ワールドカップのトライの場面は、観ていてどれも興奮します。1995年、南アフリカ大会でのアイルランド戦。平尾→吉田明→平尾のループパスがキレイに決まって、平尾さんがトライをしたシーンは、今でも鮮明に覚えています。あれは、美しかった。薫田のラインアウトも懐かしいなぁ。堀越やミラーもいたり、もちろん元木もね。大畑の走りも見事です。そして、小野澤、遠藤のトライにも力が入ってしまいます。2003年オーストラリア大会のスコットランド戦は、敵に突き刺さる日本のタックルが感動を呼びました。前回2007年フ... [続きを読む]

    受信: 2010年11月13日 00:01

    « SBWの凄味 | トップページ | ビール絶好調 »