« TL12節土曜の結果 | トップページ | 全国高校大会開幕 »

大学選手権2回戦結果&追記

日曜日の大学選手権2回戦は、名古屋の瑞穂ラグビー場で解説だった。前日のトップリーグより気温は高く、観戦には少し楽だったかもしれない。第1試合は、東海大対天理大の対戦。両者は昨年の大学選手権2回戦でも対戦し、そのときは、東海大が53-12で勝っていた。天理は刺激を受け、練習量を増やし、その差を詰めるための1年間を過ごしてきた。差は詰まったのか、東海大がさらにレベルアップしたのか、興味深い試合になった。

前半風下に立った天理大だが、長年磨いてきた「反応スピード」の速さで東海大の攻撃を食い止め、SO立川理道、CTBハベアのループプレーから仕掛けてゲインを切るなど、BKの仕掛けで東海大の防御を何度も崩しにかかる。しかし、東海大もバッキングアップのディフェンスがよく、両者譲らない緊迫感ある戦いとなった。前半を終えて5-0。東海大がドライビングモールで1トライをもぎ取ってリードしたものの、選手達の表情は「負けているみたいでした」(木村監督)という通り曇りがちだった。

後半風上に立つ天理大優位にさえ思えた試合展開だが、東海大は後半に入るとFWが前に出る攻撃に絞って天理大に圧力をかけはじめる。後半3分にモールを押し込んでFL菊地がトライ。天理大SO立川にPGを返されたが、20分には、スクラムトライで突き放す。このあたりから、平均体重で約10㎏下回る天理FWの足が動かなくなり、次第に東海大がペースを握った。終わってみれば、27-6という東海大の快勝。だが、後半20分までは勝敗がどちらに転ぶか分からない拮抗した試合展開だった。

天理大の小松監督は言った。「FWが圧力を受けたのは予想の範囲内。しかし、トライが獲れなかったことが敗因」。怪我を押しての出場だった立川直道キャプテンは精根尽き果てた表情で、「後半20分までは我慢しましたが、ブレイクダウンでいいボールを出せず、BKを生かせませんでした」と敗因を語った。また、小松監督は報道陣に打倒関東の手応えを聞かれて、「越えられない山ではない、という感触はつかめました。大きいFWではなく、強いFWを作って、もっと努力する」と来季を見据えた。

東海大の木村監督は終始厳しい表情だった。「きょうのゲームは、攻めることがテーマだったのに徹底できていなかった。ラインアウトにも課題が残ります」。主力選手の不振にも触れ、「うちに聖域はない。過去の経歴は関係ない」と手厳しかった。

第2試合の早稲田大対関西学院大は、早稲田圧倒的有利の予想に反して、関西学院が健闘。ピンポイントのタックルを何度も決めて、モールを押し込んでトライを奪うなど前半35分まで14-7で早稲田リードという接戦に持ち込んだ。しかし、後半は早稲田のワイド展開についていく足が動かなくなり、WTB中濱らに次々にトライを奪われた。

関西学院の大崎監督は、「夏合宿では大敗して何もさせてもらえなかった早稲田に、少しは意地を見せることができました。前半は学生達もよくやってくれた」と選手をねぎらった。緑川キャプテンは目を潤ませながら、「監督の言われた通りで、若い選手達が厳しい練習に耐えてくれた結果です。しかし、ブレイクダウン、パスのスピード、キック力といった個々の能力に差がありました。もっと意識の高い中で練習できていればと思います」と言葉を選んで語ってくれた。

早稲田の辻監督、有田キャプテンは、いつも通り、「早稲田のラグビーをしようとした」と口を揃えた。「去年は2回戦で負けたので、この一戦を大切にしようと練習してきました。しっかりタックルもできていた。あとは、明治戦に向けて全力を尽くします」(辻監督)。有田キャプテンは、「勝てたことがすごく良かった。モールで押し込まれたことついては、最初受けてしまったところがありました。でも、試合の中で修正はできました」と話していた。

26日の結果、1月2日(国立競技場)の準決勝の組み合わせが以下のように決まった。

12:15 東海大 対 帝京大
14:00 早稲田大 対 明治大

◎全国大学選手権2回戦結果
東海大○27-6●天理大(前半5-0)
慶應義塾大●7-38○帝京大(前半7-23)
明治大○60-7●流通経済大(前半24-0)
早稲田大○62-12●関西学院大(前半24-7)

◎トップリーグ第12節結果(26日)
三洋電機ワイルドナイツ○74-17●リコーブラックラムズ(前半36-10)

◎第18回全国クラブ大会1回戦結果
タマリバクラブ○50-13●玄海TANGAROA(前半5-10)
ドラゴンズ龍ヶ崎●7-29○名古屋クラブ(前半0-26)

追記(お知らせ)◎ラグビー日本代表から皆さんの手元に年賀状が届く「ウェブポ有名人年賀状2011」が実施されることに! 今回年賀状を送るのは、菊谷選手、大野選手、田中選手、ジョン・カーワンヘッドコーチの4名。下記のサイト(PCサイト)をご覧の上、日本代表からの新年の挨拶をゲットしよう!

菊谷崇選手
https://webpo.jp/hook/n11/t/?id=9164-8716-0299-0566
大野均選手
https://webpo.jp/hook/n11/t/?id=7021-7740-2683-6964
田中史朗選手
https://webpo.jp/hook/n11/t/?id=5666-7766-9026-8960
ジョン・カーワンヘッドコーチ
https://webpo.jp/hook/n11/t/?id=5751-4452-4952-1760

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL12節土曜の結果 | トップページ | 全国高校大会開幕 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    東海-天理以外は期待はずれな2回戦でした。
    慶応は力不足だったと思いますよ、今年は。早稲田戦の魂のこもった最高の試合があって期待を抱かせたけど、あんな試合は一年一度しかできないですよ。そもそも4位帝京に完敗したんだから組合せのせいじゃないでしょ。

    投稿: エリス少年 | 2010年12月30日 10:05

    勝敗を組み合わせのせいにするほど、選手たちを冒涜することはないと思います。

    投稿: のぶさん | 2010年12月27日 23:05

    今年と、大学選手権の抽選方式が、同じなら、枠を再考した方が良いかと

    投稿: 笑顔 | 2010年12月27日 15:48

    私の応援している大学は本日負けてしまいました。審判との相性も悪かったようです。
    大学選手権、この6年間で、協会の人為的組み合わせで早稲田に2回、2回戦で負け。
    抽選に移行して準優勝。(これは嬉しい)
    帝京に1回戦負け。
    ベスト4進出。(これも我慢します)
    帝京に2回戦負け。
    6年で4回。同じ対抗戦グループに国立の前に、正月越え出来ずに、同士討ちで敗れています。なにもブランド大学だから正月に残ればラグビー人気の一助になるのになどとは言いません。ただ、可哀相だとは思われないでしょうか。この6年間、もし対抗戦同士討ち(早稲田2回、帝京2回)がなければ、全て国立にいけたと思うのですが。
    すこし慶應は狙われているような、同士討ちを画策されているような…、いえ被害妄想はやめましょう、ただ、可哀相だと思われませんか。なんでこんなに同士討ちで国立前、正月越えならずを、多く味わうのか。他のリーグとベスト4前は、やりたいです。いい加減にしてほしいです。
    失礼なことを書いて申し訳ありません。

    投稿: トンガリキッズ | 2010年12月26日 23:52

    本日は名古屋に向かう電車の中でお声かけしてしまい大変失礼いたしましたm(_ _)m今後も応援してまいります、頑張って下さい!日記も楽しみにしています!今日は早稲田は相当苦戦しました。ファンとして密集でのボール保持など甘い点、気になります。もう後がありません!修正必至かと(^_^;)

    投稿: おたのもうします7 | 2010年12月26日 21:17

    今年の早稲田は、なんだか「らしからぬムラ」がありますね。戦力的には、特にバックロー、BKの充実ぶりには例年に比べて素人も瞠目するものがありますけど、一回戦でのいきなりのトライ献上といい、今日のドライビングモールへの明治戦を戦った同じチームとはおもえない淡白な防御といい、なんか心配です。どうも相手にあわせてしまうようなむらっけを感じるのは僕だけでしょうか?準決勝はトーナメントということもあって明治の戦い方に注目です。対抗戦のときのように、FW戦での圧倒を自分たちの『矜持』という戦い方をするのか、FW戦でのしかけをデコイにして早稲田FWの2次防御がうすくなった時をねらって、『実は裏に出られる十分なパスワークとスピードがあるTB陣』で得点をとりにいくのか、早稲田としても考えてしまうところですね。それを思うにつけ、今日ドライビングモールで2つトライをとられたことが心配です。あれ?明治にまたFW勝負をさせよう、という早稲田のアングルですかね?

    投稿: 緑 慧太 | 2010年12月26日 20:23

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/50406229

    この記事へのトラックバック一覧です: 大学選手権2回戦結果&追記:

    « TL12節土曜の結果 | トップページ | 全国高校大会開幕 »