« 大学選手権組合せ決まる | トップページ | クボタ船橋&コンテポーミ »

激闘史&カウワン凄技

No7

水曜日は「日本ラグビー激闘史」(ベースボール・マガジン社刊)7号の発売日。今回は、1986−87シーズン。僕が大学4年生のときだ。表紙は大学選手権を初制覇した大東文化大学のシナリ・ラトゥー選手。大体大は1回戦で大東大と対戦し、15−9。FB黒沢選手の5PGで敗れた。瑞穂だったなぁ、懐かしい。ラトゥーにタックルしたらびくともしなかった。アフターマッチファンクションでは、大体大のみんなでラトゥー話しかけた。次、頑張ってくれよ。三洋電機の飯島監督もFLとしてそこにいた。そして、彼らは頂点に立った。悔しいけど、誇らしかった。伝統校を次々に破ってくれて嬉しかった。いい思い出だ。

今号、僕は朽木英次さんについて書いている。神業のようなパス、ピンポイントでヒットするタックル。憧れの選手だった。日本代表では、朽木さんと現明治大学監督の吉田義人さんのコンビで素晴らしいトライが何度も生まれた。吉田監督は言っている。「僕がたくさんトライできたのは、朽木さんのおかげ」。

先日、オールブラックスのジミー・カウワン選手とトークイベントで話す機会があった。そのときも話題にしたのだが、カウワン選手のスゴ技を紹介したい。コチラの画像をどうぞ。バナナグラバーです。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 大学選手権組合せ決まる | トップページ | クボタ船橋&コンテポーミ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/50240638

    この記事へのトラックバック一覧です: 激闘史&カウワン凄技:

    « 大学選手権組合せ決まる | トップページ | クボタ船橋&コンテポーミ »