« クボタ船橋&コンテポーミ | トップページ | 天理大フロントスリー »

三洋の田中&堀江選手に会う

9日は群馬県太田市の三洋電機ワイルドナイツのクラブハウスに行っていた。北千住から特急りょうもう号に乗って約70分。田中史朗選手と堀江翔太選手へのインタビューだった。こちらは、先日のトヨタ自動車の菊谷、北川選手と同様に、ぴあWEBのトップリーグ特集で紹介されるものだ。すでに、神戸製鋼の大畑大介、平島久照両選手のインタビューはアップされている

Img_0072

グラウンドでポーズをとる2人。カメラマンから「厳しい顔つきでも撮ってみましょうか」と要望されると、「この顔、どうにもならないんですけど」と田中選手。本人は真面目でも、どうしても笑顔に見えてしまうのだ。結局笑顔で行くことに。

快進撃を続ける三洋電機ワイルドナイツ、外から見ていると楽に勝っているように見えるが、「どの試合もしんどいし、勝てば嬉しいですよ」と堀江選手。当人達には、快勝というイメージはないらしい。それがこのチームの強さなのかもしれない。田中選手は「コミュニケーションの上手い選手が多い。トニー・ブラウンも、いまどこにいるか、どこにパスがほしいか、細かく指示してくれるので、パスしやすい」と言っていた。

ブレイクダウンへ参加する、しないの判断も、周囲の的確な指示があってこそ。ガツガツと体を当てる練習が少ないのに、ボール争奪戦で負けない理由だろう。面白いと思ったのは、神戸製鋼、トヨタ自動車、三洋電機と続いたインタビューで、どのチームも、「東芝と試合すると気持ちがいい」と言っていたこと。選手達から認められ、なおかつ強いチームとは、素晴らしい。

帰る直前、田中選手にチョコレートをもらった。「ゲームセンターの景品なんですけど」。手にはミニカーが3個ほど。自分で遊ぶのではなく、チームメートの子供達にあげるために獲ってきたらしい。いつものことのようだ。ちなみに、堀江選手が肩をまわすあの仕草、あれは高校の頃からやっていたそうだ。「インナーマッスルに、いいんですよ」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « クボタ船橋&コンテポーミ | トップページ | 天理大フロントスリー »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    史くんの顔は可愛いですからねf^_^; インナーマッスルか…家でやろうと思います(^_^)v

    投稿: えめれ | 2010年12月10日 15:16

    キューピーさんの真似してリラックスしてるんだと思ってました...

    投稿: ナベゾ | 2010年12月10日 06:04

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/50254431

    この記事へのトラックバック一覧です: 三洋の田中&堀江選手に会う:

    « クボタ船橋&コンテポーミ | トップページ | 天理大フロントスリー »