« 2010年3月14日 - 2010年3月20日 | トップページ | 2010年3月28日 - 2010年4月3日 »

2010年3月21日 - 2010年3月27日

ラグマガ5月号

Cover_1005

25日はラグビーマガジン5月号の発売日。2009年度シーズンの読者が選ぶ「ベスト」は本を読んでいただくとして、引退特集は元木由記雄さんで始まる。この表紙、昔の代表ジャージ、永久保存版ですね。内容も必読。引退会見で、「悔いはまったくありません」と言い切っていたが、現役生活をやりきったさわやかなインタビューになっている。

「いま一番感じるのは周りの人のありがたみ。周りの人がいてこそ、僕のラグビー人生があった。いろんな人に支えられて、いい仲間に巡り会えた。改めて幸せを感じました」

大阪の英田中学時代の恩師・深田先生に始まり、たくさんの関係者が思い出を語っている。中学1年生のときNO8だった元木少年を、2年生からCTBにしたのは深田先生だ。「彼ほど激しいタックルをする選手はいなかったから、試合をするたび、相手チームの選手が退場していました」。その先生もこの春で定年退職という。

リコーブラックラムズで活躍した田沼広之さんは、現役の滝澤佳之選手との送別対談。「オレは、みんなにもっと出し切ってほしい」。ずっとスタンドで声援を送り続けたタヌママのコメントもあり。同じく引退した早野貴大さんは、「サントリーに入って本当に良かった。ラグビーと仕事を両立できた」と話す。引退とは違うが、NECの東考三コーチは、母校・鹿児島情報高校のラグビー部監督に就任する。

巻末インタビューは興味深い。かつて、福岡サニックスブルースでプレーしていたトンガ人、シミタイトコ・ファレさん。新日本プロレスで「キング・ファレ」として4月4日、後楽園ホールでのデビューが決まっているという。新日本プロレス、子供の頃、めちゃくちゃ好きだったなぁ。

それぞれの春、新しい道での成功を祈りたい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男子7人制日本代表結果

強風に黄砂で車が汚れる、汚れる(泣)。当初のアップから追加した京都の桜。僕の実家の近くだが、早咲きのがあった。ただし、京都の桜の見頃はまだ。今週末はかなり開くかな?

201003220950001

IRBセブンズワールドシリーズのオーストラリア大会(アデレード3月19日~21日)に参加している男子7人制日本代表は2日目にフランス代表に勝利するなど収穫もあったが、目標のプレートトーナメント以上には進出できなかった。それでもシールドトーナメントでは優勝している。

Adseven

現在、JSPORTSでワールドシリーズのハイライトが放送されているので、視聴可能のもみなさんは、ぜひ現在の世界大会、勢力図の変化をご覧いただきたい。アメリカ大会参加の日本代表がアルゼンチン代表を破った試合も見ることができる。オーストラリア大会の3日間の日本代表の結果は以下の通り。カップ優勝はサモア。シリーズ通算ポイントでも首位のニュージーランドに迫っている。スーパースター、ペサミノ選手のプレーにも注目を。

日本代表の結果
第1日目
●0-40 7人制南アフリカ代表(前半0-14)
第2日目
●5-54 7人制サモア代表(前半5-35)
○21-15 7人制フランス代表(前半14-10)
第3日目
●15-21 7人制スコットランド代表(前半5-14)
○22-5 7人制ニウエ代表(前半12-5)
○22-19 7人制トンガ代表(前半15-7)

◇7人制男子日本代表 村田亙監督 コメント
「予選プールでフランスに勝ち、勢いをつけた日本代表でしたが、最終日のボウルトーナメント準々決勝でスコットランドに残り30秒で逆転トライを許してしまい、シールドトーナメントに回りました。しかし選手はモチベーションを落とさずにシー ルド準決勝のニウエ戦と決勝のトンガ戦を戦い、シールドトーナメント優勝を果たすことができました。スタッフをはじめ、体を張って戦ってくれた12名の選手と、会場で応援して頂いた多 くの日本人の皆さん、そして日本でご声援いただいた皆さんに感謝したいです。次の 香港大会がすぐに始まりますが、目標はプレート優勝、もしくはカップ(ベスト8)トーナメント進出です。高い志と熱いハートを持って挑めばこの7人制日本代表は絶対いけると信じています。引き続きご声援よろしくお願いいたします」

高校日本代表のフランス遠征は、第2戦目でU18フランス代表に惜敗。
●24-25○フランスU18代表(前半7-3)

◎ピアノマン、リクオの弾き語りライブのお知らせ
僕の中学、高校時代の友人であり、昨年も三鷹・文鳥舎で素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたリクオが、今度は、新宿・道楽亭でライブを開催します。9年ぶりのカバーアルバム「RIKUO&ピアノ」も好評発売中。亡くなった忌野清志郎さんとの共作「胸が痛いよ」は本当に胸に響く曲です。僕も最近は、このアルバムばかり聴いてます。ぜひ、ライブにご来場ください。

文鳥舎MUSIC LIVE【リクオSOULFUL STAGE vol.2】
●日時:2010年4月16日(金)
午後7時スタート(午後6時半開場)
●場所:道楽亭 Ryu's Bar
 東京都新宿区新宿2-14-5 坂上ビル1F
●チケット:3,000円
※ライブ後は通常営業
お問い合わせはメール・お電話で。
道楽亭 Ryu's Bar(営業時間18時~翌4時)
03-6457-8366
dourakutei@kph.biglobe.ne.jp

| | コメント (6) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2010年3月14日 - 2010年3月20日 | トップページ | 2010年3月28日 - 2010年4月3日 »