« 2010年4月4日 - 2010年4月10日 | トップページ | 2010年4月18日 - 2010年4月24日 »

2010年4月11日 - 2010年4月17日

3Dラグビー中継

きのうの夜は、友人のリクオの弾き語りライブがあった。新宿・道楽亭にて。相変わらずのテクニックと個性的な歌声で楽しませてもらった。好きなことで人を楽しませることができるのは、いいな。さて、きょうはいろいろとお知らせを。

まずは、JSPORTSのイベント。5月の日本代表戦で、日本初の「3Dスポーツライブ中継パブリックビューイング」が実施されることになった。アジア五カ国対抗のカザフスタン戦(5月15日)である。3D中継では、専用の機材を利用し、専用のメガネを装着して観戦。場所は都内の予定で、詳細は追って発表される。僕もMCで関わる予定。ラグビーを3Dで見るとどうなるのか、興味津々だ。

日本ラグビー協会からは、レフリーの海外派遣のお知らせが。4月3日に発表された「JRFU戦略計画2010-2019」(戦略計画)に掲げる、トップレフリー強化施策の一環。2019年ワールドカップ日本大会に、日本からパネルレフリーを輩出することを目標に若手の有望レフリーを3カ月~4カ月、海外のトップユニオンに派遣して現地でのエリートレフリー強化プログラムへの参加やレフリングの実戦経験を積むことが目的。本年度ては、麻生彰久レフリーと平林泰三レフリーの2名がニュージーランドに派遣される。麻生レフリーはすでに活動を開始している。

もうひとつは、「リソースコーチの就任及びユース指導体制について」のお知らせ。先日、日本協会のコーチングディレクターに中竹竜二さんが就任したことが発表されたが、中竹さんのもとで動くリソースコーチとして、松尾勝博さん、古川泰士さんの就任が決定した。プロフィールなど詳細は日本協会のホームページにて。2人は、日本協会所属のフルタイムスタッフとして、全国9ブロックでのユースエリート選手の指導のほか、各ブロックのコーチの指導や評価、サポートならびにブロックでの強化活動のマネージメント、戦略計画に掲げる「一貫指導体制」確立の推進役を担う。リソースコーチは今後も追加され、全国9ブロック全てに担当が配置される予定。

◎朗読会のお知らせ
ラグビーマガジンなどに掲載されている珠玉のコラムや観戦記事などを朗読するイベントが、6月6日(日曜日)、新宿の「道楽亭」で開催されます。

【ラグビーの言霊を訊く!】
珠玉のラグビーコラム、記事朗読会
2010年6月6日(日)
キックオフ午後4時(3時30分開場)
ノーサイド午後5時30分予定
出演:
仲山今日子(テレビ神奈川アナウンサー、ラグビー中継担当。予定)
清水祥恵(フリーアナウンサー/J:COM東京・前「スポCOM」東芝担当)
解説:田村一博(ラグビーマガジン編集長)

イベント内容:①ラグビーコラム朗読、田村編集長による試合等の解説。②出演2人が語るラグビーへの思い。イベント終了後、懇親会(別料金)あり。
道楽亭 Ryu's Bar
新宿区新宿2-14-5 坂上ビル1F
03-6457-8366
dourakutei@kph.biglobe.ne.jp
http://www.ryus-dourakutei.com
参加費:2,000円
懇親会:3,000円
主催 韓国ラグビー情報 http://miake.cocolog-nifty.com
共催 道楽亭Ryu's Bar
申し込みは道楽亭Ryu's Bar
佐藤まで(電話またはメール)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都成章に行く

水曜日は京都成章高校に行ってきた。5月にベースボール・マガジン社から出版される「強くなるドリルシリーズ、高校ラグビー」の取材のためだ。激戦区の京都府予選を勝ち抜き、全国大会でも2年連続のベスト4、3月の近畿大会では準優勝と、最近は強豪校として安定感ある戦いを続けている京都成章の湯浅泰正監督に、指導哲学やベーシックな練習についてお話しをうかがった。

Seisho

写真に撮影したグラウンドは、縦横80メートル四方のグラウンドで、もちろん、ラグビーの正式な試合はできない。ゴールポストも探さないと見つからなかった。これを野球部などと共用しながら、全国レベルの実力を保つのだから指導陣の手腕は素晴らしい。今はまだ春の段階なので、ベーシックスキルを身につける練習が多かった。「ほんと、基本だけですよ。がっかりしたでしょう」と湯浅監督はおっしゃるが、その細部のこだわりは、指導の声の中に感じ取ることができた。今年は伏見工業が強いようで、京都の予選も激戦になりそう。さっそく春の大会で両者が決勝まで進めば、直接対決がある。

過去2年全国でベスト4に進んだチームと比べると、今年はやや苦しいかとおもいきや、いきなりの近畿大会優勝。「高校生の伸びには驚かされます」と短期間での成長に目を細めていた。1年生から3年生まで、みんな気持ちよく取材者に挨拶してくれたのだが、そういった挨拶の指導など生活面の指導が一番大切で、それがラグビーに出ると湯浅監督も話されていた。

Yuasasan

グラウンド脇にある小さなミーティングルームには、さまざまな試合の映像がストックされ、日本代表のジャージも飾ってある。古いタイプのは、伝説のCTB横井章さんのものだ。長らくこのチームのアドバイザーを務めていらっしゃる。学校の玄関脇には、矢富選手の日本代表ジャージも飾ってあった。

追記◎4月25日(日)、秩父宮ラグビー場にて行われる7人制ラグビー大会「セブンズ フェスティバル2010 in TOKYO」の組合せ、タイムスケジュール、チケットの詳細が明らかになった。チケットは全席自由で、500円 (当日販売のみ)。高校生以下無料。入場は正面入口側のみ。再入場可。

組み合せなどは、日本協会のホームページをご覧いただきたいのだが、朝10時から以下のような興味深いカードが並ぶ。午後6時37分から予定されているカップファイナルまで、全27試合。どうぞご堪能ください。13:40~14:10にはイベントも予定されている。

10:00 東芝ブレイブルーパス VS JAPAN SELECT A
10:18 サントリーサンゴリアス VS JAPAN SELECT B
10:36 トヨタ自動車ヴェルブリッツ VS JAPAN SELECT C

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

得点機の静寂

きのうに続いてハイネケンカップの話題で恐縮だが、マンスター対ノーサンプトンの試合を解説して、とても幸せな気分になった。アイルランドのリメリックにあるスタジアムだが、とにかくマンスター、ノーサンプトンのサポーターが熱くて、礼儀正しくて、気持ちがいいのだ。プレースキック時の静寂、そして熱狂のメリハリはラグビー文化がしっかり根付いていることを確認させてくれる。

試合内容も面白い。マンスターでは、ダグ・ハウレット、ノーサンプトンではブルース・ライハナという元オールブラックも出てくる。質の高いプレーが連続するので、視聴可能の人はぜひ。

4月14日(水)22:00 J sports Plus
マンスター vs. ノーサンプトン・セインツ
4月14日(水)24:00 J sports Plus
トゥールーズ vs. スタッド・フランセ

昨シーズン、クラブチームが募金活動などを行ってきた明晴学園の中学部設立が実現し、4月9日に入学式が行われた。明晴学園とは、品川区にある日本手話で授業を行う日本唯一の学校。東日本トップクラブリーグの社会貢献活動の一環として設立支援を行っていたもの。明晴学園の校長先生より届いた入学式のレポートが、日本協会のHPへアップされているので、ご覧ください。

追記◎ずっと使っていたデジカメが壊れた。きょう、新しいデジカメを衝動買い。これで春から初夏の花を撮ろう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

菊谷キャプテンが始球式に!

月曜日のプレスリリースは「ラグビー日本代表が東京ドームに登場!W杯アジア地区最終予選 開催をPR!菊谷主将による始球式も 4月15日(木) 巨人対阪神 第6戦 東京ドーム 18:00プレイボール」だった。

14日(水)に宮崎合宿が終了する日本代表から6人の選手が15日(木)に東京ドームを訪れるという。参加予定者は、太田治・日本代表GM、菊谷崇主将、大野均選手、平浩二選手、畠山健介選手、長友泰憲選手、眞壁伸弥選手。読売巨人軍・原辰徳監督を表敬訪問。さらに試合前練習見学、試合前アトラクションに参加し、始球式には菊谷主将が日本代表ジャージを身にまとって登場するとのこと。

日曜日は宮崎から京都、今度は東京でハイネケンカップ(欧州クラブ王者決定戦)の収録。いよいよトップ8による激突である。若い力が次々に台頭するスーパー14と、趣が異なり、こちらは各国代表ベテラン勢のいぶし銀のプレーが光る。でも、試合展開のスピード感はスーパー14とほとんど変わらず面白い。

初回放送の順番は以下の通りだが、最初に放送されるのは、レンスター対クレルモン・オーベルニュ。前年王者のレンスターは、ダーシー、オドリスコルの両CTBなどアイルランド代表が揃う。ビアリッツ対オスプリーズは、ビアリッツのWTBングウェニア(アメリカ代表)のスピードにご注目を。オスプリーズのWTBはウエールズのシェーン・ウィリアムズ、でも…凄すぎる快足です。

◎ハイネケンカップ準々決勝
4月12日(月)22:00 J sports Plus
レンスター vs クレルモン・オーヴェルニュ
4月13日(火)24:30 J sports Plus
ビアリッツ vs. オスプリーズ
4月14日(水)22:00 J sports Plus
マンスター vs. ノーサンプトン・セインツ
4月14日(水)24:00 J sports Plus
トゥールーズ vs. スタッド・フランセ

お知らせ◎関西ラグビー協会が、5月22日(土)の10時から滋賀県長浜市の「長浜ドーム」にて「関西タグラグビーフェスティバル2010」琵琶湖CUP in 長浜ドームを開催しましす。初心者の方から経験者の方、だれでも参加できるように、交流試合と体験教室が行われるようです。競技経験、年齢、性別など関係なく、どなたでも参加できます。詳細は、関西ラグビー協会のホームページより。タグ体験については無料で参加できます。一度楕円球を持って走る爽快感を楽しんでみてください。交流試合参加チームは、4月30日が申し込み期限です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎から京都へ

日曜日の宮崎は暖かかった。日本代表は、選手の疲労がたまっているとのことで、午前の練習を午後にずらして行った。僕は夕方の飛行機で帰ることになっていたので、午後の練習前にカーワンヘッドコーチにインタビューし、宮崎を後にした。きょうも暖かかった。

「いまのラグビーはテンポが早くなり、これまで以上にフィットネスが要求されます」と、カーワンヘッドコーチの言うとおり、この合宿でワンランク上のフィットネスを身につけるために、いつも以上に走る量が多い。そのフィットネストレーニングの間に、スキルのドリルをからめて、疲労した状況でいかに正確にプレーできるかをトレーニング。カーワンHCは、「まだまだできていない」とさらなるレベルアップを目指す。写真は、WTBに地域獲得のためにキックを指導するミック・バーンコーチ。

Kick

今回の合宿を見ていて、気付いたのは、コーチ陣が出来る限り日本語でコーチングしていること。どんどん上手くなっている。ライアン・ニコラス選手始め、外国人選手達の日本語の上達も加速している気がした。ニコラス選手は、もう日本語で長いインタビューも行けそうな感じ。菊谷キャプテンによれば、リーダーのミーティングでもかなり日本語でできるようになっているようだ。コミュニケーションの上でこれは見逃せない進歩かもしれない。

Bag

こちら、今年の日本代表選手達が持っているバッグ。お揃いのウエアはこんな感じ。

Wear

11日は、11時から東京で亡くなった渡邉泰憲さんの告別式が行われた。知人がきのうのお通夜の様子を知らせてくれた。宮崎にいると実感がないのだが、参列者の様子など知って現実をつきつけられた。改めてご冥福をお祈りしたい。

11日は、埼玉県の熊谷ラグビー場でU18女子日本代表対U18女子香港代表戦が行われた。結果は以下の通り。

■試合結果
U18女子日本代表○64-0●U18女子香港代表(前半30-0)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2010年4月4日 - 2010年4月10日 | トップページ | 2010年4月18日 - 2010年4月24日 »