« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

2010年6月6日 - 2010年6月12日

PNCフィジー戦結果

12日(土)、フィジーのチャーチルパークにて、パシフィック・ネーションズカップ(PNC)第1戦フィジー代表対日本代表が行われた。JSPORTSで、日本A代表の薫田真広監督と解説をした。試合前は勝ってくれると思って笑顔で話していたのだが、終わったときは実況の矢野さんとともに、やや沈んだ表情になった。フィジーは世界ランキング10位の強豪とはいえ、きょうのメンバーは、初キャップ選手も含む若手中心。フランス、NZ、オーストラリアなど海外のクラブで活躍する選手は多くても、ビッグネームはいなかった。世界ランニング13位からの上昇を狙うには、これ以上ないチャンスだったのだが。

試合前の国歌斉唱。フィジー代表選手は涙を流している選手が多く、立ち上がりから激しいコンタクトプレーで日本に襲いかかった。強い日射しに、暑さによる大量の汗、ミスをまったくなくすことは難しいのだが、それでもチャンスでのミスは、即ピンチに直結した。前半こそ、0-3と拮抗したが、後半はスクラムでも劣勢になり、攻め込んでのミスが続発。モールから菊谷が1トライを返したものの、後半35分には、防御背後に大きくキックされ、スピードで競り負けて8-22と突き放された。ウェブのキックの調子がいつも通りなら、2本のPGは決まっていたはず。キックでの地域獲得も、ゲームマネージメントも上手くいかなかった。

解説の薫田さんが試合途中で「もっとオフサイドラインを作ったほうがいいのでは」と話していた。無理なパスでミスするのではなく、ラックを作り、フィジーの防御をオフサイドの位置に追い込みながらテンポ良くボールを動かした方がいいという意味だった。しつこくボールをつなぐ我慢強さには欠けたかもしれない。ボールを保持して攻めきれず、決定力あるフィジーに一気にもっていかれるのは、いつもの負けパターンだった。分かっていることをされて負けたのだから、選手たちは本当に悔しいだろう。世界一の低いプレー、ラック連取での素速い連続攻撃、次のサモア戦では日本代表らしさを取り戻してもらいたい。

◆試合結果
フィジー代表○22-8●日本代表(前半3-0)

■ジョン・カーワンヘッドコーチ
「選手が最後まで諦めず戦ったことは良かったが、良いアタックをしてもゴールライン前でミスをしてしまうなどの個々のミスが大変多かった。結果的にこのようなミスの連続が致命的となり、フィジーのチャンスを生んでしまったことが、この点差の大きな理由です。また、スクラムでは、疲れてきた時に集中力をなくし、安定感がなくなってしまいました。終始、ミスにより、継続的な攻撃ができず、日本はリズムにのることが出来ませんでした。明日からは、(次戦の)サモア戦に向け、切り替えて、修正し、ハードな練習をしていくことに変わりはありません。ミスをなくすことができれば、ランキング上位の相手にも競って、勝利できるチームになることは十分可能です」

■菊谷崇キャプテン                    
「フィジーの激しいプレッシャーを受けてしまい、スクラムが安定せず、バックスへ良いボールを出すことができませんでした。また、自分たちのミスからターンオーバーされ、点を獲られることが多く、トライを獲れる場面でもミスにより、獲りきれなかったのが、一番の反省点です。前半は、0対3で折り返し、自分たちのラグビーをすることができ、ラインブレイクできたことは自信に繋がりました。また、後半に小野澤選手が入ってきたことにより、バックスの選手たちがリラックスし、固かった部分が少し修正されました。明日からは、サモア戦に向け、ミスをなくし、自分たちのラグビーを80分間継続できるように、コーチ陣とも話し合い、修正し、試合に臨みたいと思います」

| | コメント (5) | トラックバック (2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィジー戦追加コメント

サッカーのワールドカップ開幕戦を見ながら書いている。この盛り上がりは素晴らしいが、ラグビーの日本代表対フィジー戦は、明日、日本時間の12時過ぎから行われる。開催地はフィジーのチャーチルパーク。日本のメンバーは昨日の日記に書いたとおりだが、フィジーのほうは、南アフリカのストーマーズで活躍するナンゲレヴキの合流が遅れ、フランストップ14のクレルモン・オーヴェルニュのナランガも理由は分からないが合流できないようだ。

日本代表の前日コメントが発表された。

■マイケル・リーチ選手(東海大学)
「久しぶりの先発出場で、自分にとってチャンスだと思っています。ボールを持って、思いきりアタックしたい。体調も万全です。フィジーに住んでいる親戚(リーチ選手の母親がフィジー人のため)もみんなで応援に来てくれます。怪我のため、なかなか試合に出られませんでしたが、その間も応援してくれてきたチームメイト、トレーナー、そしてファンの皆さんに感謝しています。暑くても力を出し切り、明日は絶対に勝ちます」

■松下馨選手(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)
「フィジーと対戦するのは初めてですが、7人制を見ていると、スピードや個々の身体能力がとても高いと思います。1対1のタックルに負けず、しっかりディフェンスし、また、キッキングゲームでの自分の責任を果たしたいと思っています。ワールドカップへの切符は獲得しましたが、アジア1位は当たり前だと思っています。いかに世界10位以内の国と戦えるかが勝負。パシフィック・ネーションズカップはとても良いチャンスです。フィジー、サモア、トンガ戦でしっかり結果を出して優勝できるよう、明日の初戦はがんばります。応援よろしくお願いします」

JSPORTSの放送は午後6時からだが、これは当日録画放送なので、試合結果を知らずに見たい人はご注意を。なお、12日は、南アフリカ対フランス、オールブラックス対アイルランドという注目のテストマッチも放送される。フランス、オールブラックスは、日本がワールドカップ本大会で戦うことが決まっている相手。そのあたりも注目して、視聴可能の方はぜひご覧いただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィジー戦日本代表メンバー他

男子7人制日本選抜が、11日、フィジーに出発する。日本ラグビー協会は、7月21~24日、ポルトガルで開催される「第4回7人制ラグビー学生世界選手権」にチームを送ることを決めているので、その大会と11月のアジア競技大会への強化の意味合いもある。

そのメンバーに変更があった。正面健司(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、堀江恭佑(明治大学)が怪我のため不参加となり、高井迪郎(日本体育大学所属)、大野孝義(タマリバクラブ所属・信州大学医学部5年)が参加することになった。7人制から世界に通じる才能が発掘されることはよくあり、期待される。

◎7人制日本選抜「フィジー遠征」参加予定メンバー
1桑水流裕策、2築城昌拓、3谷口到、4高井迪郎、5園中良寛、6宇薄岳央、7友井川拓、8城戸雄生、9山内貴之、10小澤大、11大野孝義

6月12日、フィジー代表と対戦する日本代表の出場予定メンバーが発表になった。JSPORTSでの放送は、当日午後6時から。フィジー代表のメンバーは、新旧交代期でもあり若手中心。代表復帰した脅威のランナー、ザウザウは肩を痛めて今回は出てこない。

1平島久照、2堀江翔太、3仲村慎祐、4大野均、5ルーク・トンプソン、6マイケル・リーチ、7タウファ統悦、8 ◎菊谷崇、9田中史朗、10ショーン・ウェブ、11遠藤幸佑、12ライアン・ニコラス、13平浩二、14アリシ・トゥプアイレイ、15松下馨/16湯原祐希、17川俣直樹、18北川俊澄、19ホラニ龍コリニアシ、20和田耕二、21ジェームス・アレジ、22小野澤宏時 ◎=キャプテン

◎ジョン・カーワンヘッドコーチ
 これまで選手たちは厳しい練習をしてきました。選手たちがみんな素晴らしいパフォーマンスをしているので、今週のセレクションは、今シーズンで一番難しかったかもしれません。特に難しかったのはFL、NO8のポジション。チーム内での競争がとても激しく、選手たちのモチベーションが非常に高くなっており、良いチームとなってきています。NZでのノースハーバー州代表戦では、前半30分に激しさが足りなかったと思っています。フィジー戦では、最初の20分が重要。キックオフから『ジャパンスタイル』を出していかなくてはいけません。選手たちのビックパフォーマンスに期待しています。このパシフィック・ネーションズカップでは、年々実力差が縮まり、昨年は、フィジーに1点差で敗れてしまいました。しかし、今年は絶対に勝ち、全勝を狙います。

◎菊谷崇キャプテン
 アジア五カ国対抗戦優勝に続き、パシフィック・ネーションズカップ優勝というタイトルを獲得して日本に帰りたいと思っています。そのためにも初戦のフィジー戦は重要な一戦。キックオフと同時に100%の力で『ジャパンスタイルラグビー』ができるよう、試合までの残りの時間を大切に使いたいと思います。フィジーでは大変暑い中での練習ですが、良い集中力を保て、良い練習ができています。試合も厳しい気候のなかで行われると思いますが、自分たちの最大の特徴である世界一の『タフさ』でフィジーを打ち負かしたいと思います。

お知らせ◎カーワンヘッドコーチはじめ、菊谷崇、大野均、遠藤幸佑、堀江翔太、小野澤宏時といった選手のインタビュー記事が、ニュージーランド政府観光局のホームページで紹介されています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デュプレアが!&日本代表情報

かねてより日本に来るという噂のあった、南アフリカ代表スプリングボクスのSHフーリー・デュプレアの契約先が明らかになった。サントリーサンゴリアスである。世界最多キャップ保持者のグレーガンに続いて、現在、世界最高のSHといわれるデュプレア加入。ビッグニュースである。

フーリー・デュプレア(1982年3月24日生まれ、182㎝、89㎏、代表キャップ55)は、2004年から南アフリカ代表「スプリングボクス」のSHとして活躍し、2007年ワールドカップ優勝に大きく貢献したビッグネーム。2009年、2010年には、南アのブルズのSHとして、スーパー14(南半球スーパークラブ選手権)連覇の中心だった。

サントリーからのプレスリリースには、「サントリーサンゴリアスは、チーム力の強化のみならず日本ラグビー界のよりいっそうの発展のために、世界的に活躍しているプレーヤーの加入が必要であると考え、今回新たにフーリー・デュプレア選手と正式契約しました。なお同選手は、2011年6月以降の契約となります」とある。つまり、2011年のワールドカップ終了後、日本でのプレーが可能になるというわけだ。

自ら突破も出来、パスさばきは抜群で、キック力もある。なにより優れた判断力で、試合の流れを引き寄せることができる選手。トップリーグで見られるのが今から楽しみだけど、こうなると、できればワールドカップで最優秀選手級の活躍をしてもらいたいなぁ。

さて、話は変わって、僕と同じ大学の卒業生で、大阪でラグビースクールの指導員をしている後輩が、ミニラグビーの情報を教えてくれた。6月13日、福岡から筑紫丘ラグビークラブジュニアスクールの5、6年生が花園ラグビー場にやってきて、東大阪、吹田、大阪と4スクールで朝から交流試合を行うという(雨天中止の場合あり)。筑紫丘ジュニアといえば、五郎丸歩選手の出身スクールかな。

また、6月26日、27日は、兵庫県立淡路佐野運動公園で第4回を迎える関西ミニ・ジャンボリー交流大会が行われる。関西協会、各府県協会より推薦された小学生チームによる大会だ。お時間のある方、ぜひ観戦に。子供たちを率いて活発に活動する指導員のみなさんや、保護者のみなさんには、頭が下がる。子供たちがラグビーを好きになり、選手として、あるいはラグビーファンとしてずっとラグビーに関わってくれるといいなと心から思う。

現在、パシフィックネーションズカップでフィジーに滞在する日本代表も、練習の合間に子供達へのラグビー普及など行っているようだ。

お知らせ◎ノースハーバー州代表との試合でオークランドに滞在した際のインタビュー記事が、ニュージーランド政府観光局のホームページで紹介されています。登場しているのは、ジョン・カーワンヘッドコーチ他、ニュージーランドへの留学経験のある菊谷崇、大野均、遠藤幸佑、堀江翔太の各選手に、小野澤宏時選手。それぞれニュージーランドの印象と、ワールドカップに向けての抱負など語っています。

プチお答えします◎コメントでご質問あったフランスTOP14の外国人枠の件、EU圏内の選手は外国人扱いになりません。また、EU圏外でもEUとの合意がある国は認められているようです。アルゼンチンの選手はイタリア系選手が多いのですが、イタリアのパスポートを持っていればOKということになりますね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP14決勝放送&神鋼新加入選手

フランス国内選手権「TOP14」のプレーオフ準決勝が放送され、次は決勝が放送される。実況解説陣は僕ら3人。岩渕さんは、日本A代表(JAPAN SELECT)のスコットランドXVとの試合も見てきたので、その話も聞かせてくれた。A代表、ほんとに健闘していて、特に、FL金が目立っていたようだ。

Yanoiwabuchi

TOP14決勝戦は5月29日、パリ郊外のサンドニのスタッド・ドゥ・フランスで開催された。この決勝戦に出た選手の何人かは、来年のワールドカップ本大会で日本と対戦するフランス代表で出てくる。そう思うと、試合を見るのにより力が入る。

JSPORTSでの放送は、6月13日 (日)、18:00~20:00
ペルピニャンvsクレルモン・オーヴェルニュ

トップリーグの話題では、神戸製鋼コベルコスティーラーズが、2010年度新外国人選手加入の発表。

【新加入選手】=ピーター・グラント(Peter Grant)。186㎝、92㎏、25歳。SO/CTB。南アフリカ代表キャップ5。

ストーマーズ(スーパー14)で活躍したグラントではないか。堅実なゲームメイカー。間違いなく活躍しそうな選手だ。まだ若いところもいい。

お知らせ◎今夏のトライネーションズツアー(JSPORTS、NZ航空共催)は、7月8日~12日の予定です。きょうが申し込み締め切りですが、まだ受け付けはしています。決めかねていたみなさん、ぜひ一緒にオークランドに行きましょう。オールブラックス対スプリングボクス、必見ですよ。僕は関西空港からの参加かなぁ。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男子7人制選抜フィジーへ

今週末は、日本代表がパシフィックネーションズ(PNC)でフィジー代表と対戦する。そのフィジーは、5日、オーストラリア代表ワラビーズとのテストマッチで、3-49と敗北。しかし、PNCの前にワラビーズと戦えるところが羨ましい。

7日は、スコットランド・スペイン遠征から日本A代表が帰国。今度は、男子7人制日本選抜が6月11日から23日までフィジーで行われる「FIJI Games」に参加する。日本ラグビー、フル稼働である。

「7人制日本選抜」は、大会参加に加えて、フィジー国内のトップチームと試合を予定。7月21~24日、ポルトガルで開催される「第4回7人制ラグビー学生世界選手権(4th World University Rugby Sevens Championship 2010:24チーム参加)」と、11月のアジア大会へ向けた強化を図る。また、今回は両大会出場選手のセレクションも兼ねている。

◎7人制日本選抜「フィジー遠征」参加予定メンバー
1桑水流裕策、2築城昌拓、3谷口到、4堀江恭佑、5園中良寛、6宇薄岳央、7友井川拓、8正面健司、9城戸雄生、10山内貴之、11小澤大

スタッフ
監督・村田亙、コーチ・岩渕健輔、トレーナー・南川真一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本A結果&京産大G

スコットランド・スペイン遠征中の日本A代表の最終戦(第3戦)の結果は以下の通り。

第3戦 6月5日 スペイン・バリャドリード
日本選抜○60 -3●スペインXV(前半17-0)

◎日本選抜(JAPAN SELECT)
1長江有佑、2平原大敬、3土井貴弘、4三根秀敏、5谷口智昭、6金栄釱、7篠塚公史、8イオンギ・シオエリ、9大島脩平、10◎入江順和、11築城昌拓、12仙波智裕、アイセア・ハベア、13山内貴之、14北川智規、15五郎丸歩/16伊藤平一郎、17手塚洋成、18ティモシー・ボンド、19飯島陽一、20ネーサン・アンダーソン、21今村雄太、22パエア・ミフィポセチ、23正面健司

※この試合はスペイン側の申し出により23名のメンバーで行われた。

◎薫田監督のコメント
「スペインはFWが大きく、強かったが、選手がフィジカルでもメンタルでもタフに戦ってくれた結果、勝利することが出来た。今回の遠征では、ハードなスケジュールの中、貴重な国際経験を積む事ができたことも、大きな収穫。今年のシックスネーションズに出場した選手が多く含まれた、スコットランドXVとの試合でスクラムで組み勝つ場面も見られるなど随所で通用するプレーが見られ、11年のW杯出場を逃し、15年に向けて強化を始めているスペイン相手に、同じように15年、19年を目指す我々が良いゲームができた。そして、11年のワールドカップに日本代表として通用するであろう選手も見られた。今回の遠征の収穫と反省を踏まえ、今後は強化の継続を秋の国際シーズンに向けても続けていきたい」

さて、僕は日曜日、京都産業大学ラグビー部のグラウンドで、大阪体育大学との練習試合を取材した。今月発売のラグビーマガジンに掲載されるものだ。ここ2年、関西大学リーグで下位に低迷する両大学が復調すれば、関西リーグはさらに面白くなるし、全体のレベルアップにつながる。そんな中、両大学の現状は? という取材である。

Kyosandaig

京都産業大学グラウンドは、京都市北区上賀茂にあるのだが、僕は家から車で出発。出町柳駅でカメラマンのEさんを拾ってグラウンドに向かった。余裕で到着のはずが、迷った。住所だけ入れてカーナビに頼ってしまったからだ。人工芝グラウンドが出来てから初めてだったからなぁ。結局、大学の門まで行ってみたら、簡単にグラウンドにたどり着いた。最後の坂道はいい運動でした!

グラウンドに着くと、やたらと大学の同時期にプレーした大体大、京産大OBに会った。みんな、息子のプレーを見に来ていた。で、試合内容はA同士(54-19)、B同士(50-14)ともに京産大の快勝。FWの激しさは京産大が上だった。昨年は現場指導から引いていた大西健総監督がこの春はFWを鍛え上げている。吉田明監督は「ありがたいことなんです。FWが泥臭く、ひたむきになりつつある」とその手腕を改めて認めていた。あとは攻撃力をつけること。「他大学と同じ事をしても勝てないので、オリジナリティを出していきたいんですよね」と、体格の小さなBKをどう生かすか。それを考えることを楽しんでいるようだった。京産大、明らかにレベルアップしている。

大体大はちょっと激しさが足りない。「まだまだやることがいっぱいあります」と坂田監督。今季から、豊田自動織機、京産大、ホンダヒートで手腕を発揮してきたクリス・ミルステッドさんが、スポットコーチとして大体大を指導している。話を聞きながら試合を見て、とても勉強になった。ミルステッドさんも、京都に住んでるんやね。両大学の課題や変化など、詳しくは、ラグマガをお楽しみに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

むなかたサンセットフェスタ

6月5日、「2010むなかたサンセットフェスタ」が、福岡サニックスブルースの玄海グラウンドにて開催された。

選手とファンの交流をメインにした、ステージイベントを中心にした催し物。福岡サニックスブルース&JR九州サンダーズのファン感謝祭でもあった。

博多の知人がその様子を伝えてくれたのでご紹介したい。

Munakata1

Munakata2

「今年のフェスタは、天候に恵まれ、絶好の日和でした。選手は勿論、スタッフ・コーチもそれぞれのブースで、調理したり、販売に従事したりゲームにとの孤軍奮闘の働きをしていました。調理ブースでは、定番の焼きそばをはじめ、グラウンドのそばには、漁協があることからさざえやえび魚などの焼き物が飛ぶように売れていました。フェスタの最後は、今年も打ち上げ花火で終了しました。特に、今年は、宮崎での口蹄疫問題から、同チームにも宮崎出身者が選手・スタッフにいることもあり、入り口に募金箱が設置され、参加者の大半が浄財を投入していました」

Munakata3

Munakata4

Munakata5

Munakata6

Munakata7

Munakata8

Munakata9


| | コメント (2) | トラックバック (0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »