« 大学決勝&TL13節9日結果ほか | トップページ | TL関連日程、お知らせ、ドミンゴ »

TL最終節結果

10日は、近鉄花園ラグビー場だった。JSPORTSで、近鉄ライナーズ対クボタスピアーズの試合を解説するためだ。朝、京都の家の窓を開けると雪が舞っていた。冷たい空気の中を小走りに最寄り駅に向かった。花園ラグビー場も冷えた~。

Hanazono110

第1試合のリコーブラックラムズとヤマハ発動機ジュビロの一戦は壮絶な戦いになった。キックオフから怒濤の攻撃を見せたリコーがなんと6連続トライ。前半25分で38-0とする。ヤマハの防御の甘さが目立ったが、ここから立て直し、NO8トゥイアリイ、FB五郎丸の力強い突進を軸に猛反撃。後半2分までに21点を取り返し、その後、互いにトライを奪い合って、30分の時点で、52-47とリコーの5点リードとなる。最終的にはリコーが粘ったが、互いの大幅ゲインもあり、両チームのファンの叫び声が交錯した。

第2試合は、自動降格の決まったクボタスピアーズが、最後の意地を見せて立ち上がりはブレイクダウンで激しく戦った。しかし、この日の近鉄ライナーズは、FLタウファ統悦、佐藤幹夫らアグレッシブなFWが前に出て、先発したSO重光が巧みにラインをコントロール。出場停止のリコ・ギアに代わってCTBに入った大西将太郎は、攻守に体を張ったプレーでマン・オブ・ザ・マッチに輝く活躍を見せた。

クボタは来季、トップイーストで戦うことになるのだが、佐野監督は、「一度しゃがんでからジャンプしたい」という言い方をしていた。ただ、昇格するだけでなく、長く強くいられる土台を作りたいという意味だ。今季のクボタは長らく大黒柱だったトウタイ・ケフが抜けた穴を埋めきれなかった。特定の選手に頼らずとも勝てるチーム作りが求められていると、佐野監督も認めていた。

他会場の結果は以下の通り。この結果、トップ4の順位は、1位東芝、2位三洋電機、3位トヨタ自動車、4位サントリーとなり、以下、5位神戸製鋼、6位NEC、7位リコー、8位サニックス、9位近鉄、10位コカ・コーラウエスト、11位ヤマハ発動機、12位NTTコム、13位クボタ、14位豊田自動織機となった。ヤマハとNTTコムは入替戦へ。プレーオフセミファイナルは、東芝対サントリー、三洋電機対トヨタ自動車と、きょうと同じカードになる。

◎トップリーグ最終節結果(10日)
三洋電機ワイルドナイツ●21-22○トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半7-15)
ヤマハ発動機ジュビロ●47-52○リコーブラックラムズ(前半14-38)
コカ・コーラウエストレッドスパークス○19-14●NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(前半7-0)
東芝ブレイブルーパス○26-10●サントリーサンゴリアス(前半12-0)
近鉄ライナーズ○50-19●クボタスピアーズ(前半31-12)
福岡サニックスブルース●8-47○NECグリーンロケッツ(前半8-26)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 大学決勝&TL13節9日結果ほか | トップページ | TL関連日程、お知らせ、ドミンゴ »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    ラグビーファン歴がまだまだ浅く勉強不足だなと思うことが多々ありますが、一つ何かを知るたびに、一人選手の名前を覚えるたびに、毎試合の結果を知るのが楽しみでもあり怖くもなります。
    各チームの明暗がはっきりしてくるこの時期は余計につらくなります。
    大畑選手は本当に本当に残念で悲しいですが、各選手が少しでも満足な選手生活を送れると良いなと思います。

    投稿: あいこ | 2011年1月11日 19:51

    やっぱりトニーブラウンがいなければ三洋電機は普通のチームということですね。

    投稿: パイパント | 2011年1月11日 15:22

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/50548751

    この記事へのトラックバック一覧です: TL最終節結果:

    » ラグビー近鉄ライナーズ、チーム新記録の大量得点で勝利!! [IXY-nob]
    わが近鉄ライナーズには「日本選手権優勝2回」という輝かしい部史がありますから、昨日50得点して勝利したことを過大に吹聴するのははばかられるのですが、やっぱり昨日は嬉しかった・・・。 今年は開幕戦こそ16点差で勝利したものの、それ以外の勝利は全部7点差以内、つまり、ラストワンプレーで逆転される危機があったのです。そして、11月からの後半節では、1勝4敗と連敗中。 ですから、昨日負ければ「入替戦」という危険があり、どうしても勝ってほしいという試合だったのです。そんな状況だったからでしょうか。試合開始前か... [続きを読む]

    受信: 2011年1月11日 22:06

    « 大学決勝&TL13節9日結果ほか | トップページ | TL関連日程、お知らせ、ドミンゴ »