« ドコモ、ホンダ昇格&募金活動 | トップページ | TL2010‐2011表彰式 »

TLプレーオフファイナル結果

1月30日、秩父宮ラグビー場では、トップリーグプレーオフファイナルが行われた。観衆は14,390人。序盤戦こそ三洋電機が攻勢に出たが、6分、サントリーはLO篠塚のインターセプトでチャンスを作ると、三洋電機がオフサイドを犯し、CTBニコラスが先制PG。三洋電機もFB田邉がPGを返したが、サントリーが攻め、三洋電機が守る展開が続いた。両チーム通じて初のトライは前半33分、N08竹本のラインブレイクでできたゴール前のラックから右に展開し、CTB平がずらして2人をひきつけ、WTB長友がトライ。前半は、サントリーが、11-6とリードして折り返した。

後半もサントリーが攻勢に出たが、三洋電機はサントリーの反則、ミスに乗じて攻め込み、7分、FL劉がトライし、田邉のゴールも決まって逆転。11分には、SOブラウンがサントリーFWからタックルの瞬間にボールを奪って展開。劉のキックをWTB山田が追いかけて18-11と突き放すトライをあげた。最後は、サントリーもSHグレーガンを投入して追い上げたが、23-28と届かなかった。

「51年かかりました」と三洋電機の飯島監督。社会人大会時代から単独の優勝がなく、トップリーグになってからも3年連続で決勝敗退。やっとたどりついた単独での社会人優勝に涙を流していた。霜村キャプテンの「何年、何十年先にも、三洋電機がチャンピオンだったと言えます」というコメントもいろんな意味を含んで感慨深かった。

攻めきれなかったサントリーと、少ないチャンスをものにした三洋電機。それでも、両者の特徴がよく出た好ゲームだった。サントリーは前半のパフォーマンスを続けられなかった。あれだけ集中力高く動き続けるのを、80分続けるのは難しいというところだろう。三洋電機のパフォーマンスは一定していた。それが現状でのチーム力の差なのかもしれない。LOヒーナン、NO8龍コリニアシの激しく堅実なタックルは見事だった。ただ、アグレッシブアタッキングラグビーを掲げて1年でこれだけの完成度まで持ってきたサントリーは称えられていい。両者が軸になる日本選手権も楽しみになってきた。

プレーオフのMVPは、山田章仁(三洋電機ワイルドナイツ)。シーズンを通してのMVPは、31日発表される。

◎プレーオフファイナル結果
サントリーサンゴリアス●23-28○三洋電機ワイルドナイツ(前半11-6)

訃報◎決勝戦のキックオフ前に黙祷が捧げられたが、女子ラグビー元日本代表の田中智絵さん(28)が29日午前9時半ごろ、京都市内で事故に遭い亡くなった。田中さんは京都市立嘉楽中学の教諭で、顧問を務めるラグビー部の試合のため自転車で登校中だったという。僕は新聞報道を知り、知人から電話ももらった。女子ラグビーの普及活動にも尽力され、指導者としても期待されていた方とのこと。ご冥福をお祈りいたします。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ドコモ、ホンダ昇格&募金活動 | トップページ | TL2010‐2011表彰式 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    三洋電機ワイルドナイツ優勝おめでとうございます!
    両チームの、日本ラグビーを高めてくれたプレーに敬意を表したいです。
    そして昇格のNTTドコモとホンダのチームの皆さん、おめでとうございます!
    来季トップリーグでのご活躍をお祈りしています。

    日本のラグビーチームの中で、過去になかったレベルに達しているディフェンスだと言わしめた三洋。それに対等に戦えるチームたち。過去になかったくらいにトップリーグのレベルが上がってきていると思います。ですが残念なことに、地上派でのTV放映はされず、次の日のニュースでもサッカーの話題にかき消され・・・
    せめてセミファイナルと日本選手権くらいは民放で放映されるように、2011年まで皆でラグビー人気を高めていきましょう。

    やはりブログ・youtube・ツィッターなどで発信していくのが個人にできる広報活動かと思います。観戦に行っても、年齢層が高い!若い層でファンを増やすためにも微力ですが意味があると思います。国内で人気があがれば、立地的にもかなりの維持費がかかるであろう秩父宮の芝生も、潤うのではないでしょうか。

    もちろん、人気が出る一番の特効薬はサッカー同様、日本代表の活躍だと思いますので、今年のワールドカップは本当に活躍して欲しいと思います。そして女性目線として、ラグビー選手はこんなにカッコイイよというのを知ってもらいたいです。あの斉藤選手の人気を支えているのも、かなりの割合で女性ですものね。

    投稿: ほら兄龍こり兄 | 2011年1月31日 21:15

    サッカーの盛り上がりを見ると、トップリーグは盛り上がりに欠けてる印象ですが、打開策として、ラグビーのレギュラー番組はどうでしょう?
    トヨタ、サントリーなど広告に積極的な企業からなるトップリーグの内容を中心にすれば週イチ30分番組くらいできないものでしょうか?スポンサーには困らないハズなのに…

    投稿: テルキー | 2011年1月31日 19:22

    決勝の開始時間を、もう少し早くして欲しいです
    どうすれば、観客かま増えるか、日本協会は、真剣に考えて欲しいですね

    投稿: 笑顔 | 2011年1月31日 17:43

    質問です。どなたかも書かれてますが、長友選手のトライに対する山田選手のノーバインドタックルに関して注意すら無かったと思うのですが、あれはどうなんでしょうか?
    私もあれ??とそのまま試合が続いたので疑問を感じまして…。

    投稿: ハヤ | 2011年1月31日 16:43

    三洋電機おめでとうございます。白熱したいい試合でしたね、楽しめました!
     しかし前半の永友選手のトライの時の三洋の(MVPに選ばれた)山田選手のあの体当たり!あれはOKなのですか?すごくネガティブな感じに自分には見えましたが..

    投稿: kerikeri | 2011年1月31日 11:53

    気迫溢れる素晴らしい試合でした。最後にグレーガンの頑張りもあり、緊張した締まったゲームとなりましたね。それにしてもトニー・ブラウンはどのシーンにも絡んできます。来日してだいぶ経つと思いますが、運動量は落ちませんね。

    この素晴らしい試合に残念だったのは、グラウンドです。J-SPORTでトライネイションの試合を観た直後のせいもあり、あの枯れて泥ろだらけのグラウンドを観ると哀しくなってきます。秩父宮の芝のひどさは毎年話題になりますが、全く改善されない。日本で最高の試合をする選手、それを見に来る観客のことを考えているんでしょうか?
    この試合が世界に発信されたとしたら.....

    これが日本のラグビーの聖地なのでしょうか? そうだとしたら、何故学生の低レベルな試合にもこの地を使うのでしょうか? 今日のような日本を代表するトップ同士の試合、国際試合に限定してもらいたいものです。

    最後に、NHKやTVKも放映しなくなりました。これでは、ラグビーは昔以上にマイナーなスポーツになってしまいます。せっかくトップリーグの内容が充実してきたのに。日本ラグビー協会の方々にはサッカーを是非見習った運営を期待します。 m(_ _)m

    投稿: Ibu | 2011年1月31日 01:04

    試合は熱戦でしたが、なかなかに寒い観戦でした。本当の試合の帰趨とは全然関係ないとは思うのですが、前半はガウンを着て登場してギリギリに脱いだサントリーが優位に立ち、後半はギリギリまで登場しなかった三洋電機が勝ちました。筋肉の冷えがあったに違いないと、ごく個人的にスポーツ解説して自分をほめています。

    試合はトライの一本の場面以外ほとんどモールが無く、前半はサントリーがスクラムで優位に立ち、ガンガンセンタークラッシュ的なもので前進し、リードで終え、後半はまさに少ないチャンスをトライに結びつけた三洋が勝利を手繰り寄せたというところでしょうか。

    華麗なバックス展開も、組織的なFW戦もなかったけど、両チームとも頑張ったので大変満足でした。リーグ順位が上の三洋電機が勝ってよかったです。また4位のチームが大学と同じく勝ったりしたら、よくなかったと思います。お客さんたくさん入りましたね。私と同じように、山田選手を見たかった方も多いのでは。石川遼ゴルフプロとかもすですが、スター一人がお客さんを呼び、競技の隆盛を生み出す部分って、あると思うのです。。。

    投稿: トンガリキッズ | 2011年1月30日 23:42

    今月号のラグマガにロアマヌ選手についてのJKの記事がありましたがロアマヌ選手の代表選考について村上さんはどう思われますか?
    個人的にはあの記事はJKに選ばないよう釘をさしたような印象を受けました。確かに違法な行為は許せないですが彼はまだ若く、母国のトンガ代表にも今のルールではなれません。また母国で代表になれなかった選手がジャパンになったのとは違い、高校生から日本でプレーしてきた選手だけにもう一度だけでもチャンスをあげてほしい気もします。2回も問題を起こしているのは確かですが現行ルールではジャパンでしかW杯に出られないんで…。もちろん指揮官が戦力外として選考外なのは別ですが。

    投稿: タツヤキ | 2011年1月30日 23:06

    所用で、前半の10分を見逃しました。試合前に黙祷があったんですね、田中さんのご冥福をお祈りします。

    試合は、文字通り「前半と後半があった」という感じで、前半押していたサントリーと後半優勢だった三洋。チャンスを着実にモノにしたし、相手の反則につけ込んでのゴールも決めた三洋に軍配が上がったという印象を受けました。

    新監督の下これからの伸び白を感じさせるサントリーではなく、親企業のことを含めていろいろあった三洋が勝って、長年のストーリーにいい感じで終止符が打ててよかったと思っております。小雪が舞う寒い中、ラグビーを堪能しました。

    大学ラグビーばかりメディアに出ますが、フィットネスの東芝、守備の三洋、アイディアのサントリー、タレントのトヨタに神戸製鋼と、チームの個性がいろいろとあってトップリーグも面白いですよね。プロ契約停止でもがんばっているヤマハなんか、サラリーマンの熱い応援がもっとあってよさそうだし、サニックスの神風アタックだって見ていて楽しいのに。そういうもののアピールに最適な、こういうクライマックスで盛り上がるときに、なんでサッカーに話題をさらわれてしまうんでしょう。

    投稿: okurala | 2011年1月30日 22:12

    グレーガン、最後に最高のプレーを披露してくれた(勿論日和佐選手も最高ですが)、ブラウン、ヒーナンみたいにワールドクラスプレーヤーを筆頭に両チームともに最高のパフォーマンスで毎年トップリーグのレベル上がってるなーと頼もしい限り。だけど観客が毎年減ってるみたいで寂しいです。今日は観戦初心者も連れて行きましたが「寒い」と切実な訴えでした。2019を踏まえ、ビール販売、芝生、(防寒、防雨)屋根は早急に解決してほしいです。

    投稿: 山田 | 2011年1月30日 20:56

    質問なのですが、開幕戦や決勝はだいたい、相田レフリーが吹いてます。同じレフリーばかりが、吹いてるような気がします。

    投稿: ラグビー素人 | 2011年1月30日 20:42

    三洋やりましたね!
    トップリーグでは、初優勝なんてなんか以外ですね。 最終的にいつも東芝やったからですね。

    しかし、去年まで地上波でやってたと思うんですが、今年はなかったですね?なんかさみしいです。

    サッカーの日本代表、オーストラリアに勝ってあんなに盛り上がってるのに、(ラグビーファンは、なぜかオーストラリアに勝つとうれしい。)

    投稿: 堀内 | 2011年1月30日 19:35

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/50728833

    この記事へのトラックバック一覧です: TLプレーオフファイナル結果:

    » 記者会見室 (三洋対サントリー 2010-11トップリーグプレイオフ決勝) [それいけ!ホチョーカーズ(柴谷晋のアイデアノート)]
    本日は茨城県高校ラグビー新人大会決勝。 コーチをしている茗溪学園と常総の試合でし [続きを読む]

    受信: 2011年1月30日 22:45

    « ドコモ、ホンダ昇格&募金活動 | トップページ | TL2010‐2011表彰式 »