« 同志社大学・新監督 | トップページ | 京産大&TL入替戦結果 »

天理大&NZ神業パート2

木曜日は、天理大学ラグビー部のグラウンドに行っていた。今月25日発売「ラグビークリニック」の取材である。自分の車で行ったのだが、京都と天理はけっこう遠い。60キロくらいあった。さて、今回のテーマは「接近プレー」。天理BKはディフェンスラインに接近したところでプレーするスタイルだ。それを小松監督がどうやって作ってきたのか。そこを根本から聞いた。

Tenri1

小松監督の話はわかりやすくて面白かった。「僕の考えは、フラットパスありき、なんです」。詳しくはクリニックを読んでいただきたいのだが、要するに相手のディフェンスが激しく前に出てくるからラインを深くする、というのは違うのでは?という考え方である。練習の考え方なども実演してもらった。ボールを持っている選手の間合いのはかり方がポイント。そして、それはBKだけでなく、FWの選手にも要求されるものだった。

Tenri2

「ブレイクダウンは体格の差で決まらない」というのも興味深い話だった。写真は実演に協力してくれた選手達。前列中央が、新キャプテンの立川理道選手。昨季の立川直道キャプテンの弟である。2年連続で兄弟がキャプテンを務めるのは、小松さんの記憶にある限り、天理では初めてのことらしい。天理は、なんと、1月11日から新チームで練習しているのだそうだ。この日も、午前中に階段ランニングで、みんな足がガクガクになっていたみたい。猛練習の天理、健在である。ちなみに、小松監督と昨日記者会見をした同志社大学の宮本新監督とは、同志社時代に同期。小松監督が海外留学などあったので年齢は違うのだが、今年の関西リーグはこの監督対決も楽しみである。

ジャージが黒だというつながりで、紹介するわけではないのだが、オールブラックスの神業映像を知人が教えてくれたのでご紹介したい。今回は、以前の神業より、コミカルです。

http://t.co/mgD1Jon

追記◎
11日の午後6時過ぎから、ABCラジオの、スポーツにぴたっと。の「ムキムキ!ノーサイド劇場」に出演します。Uストリームでも視聴可能です。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 同志社大学・新監督 | トップページ | 京産大&TL入替戦結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    いやあ、今回のAll Blacksの神業もすごいですねえ。すごい。こういうのってナチュラルなものなんでしょうか?もし、そうではなくて、普段のラグビーの練習の結果からの副産物であるとしたなら、いったいどんな練習をしているのか想像の埒外です。とくにキックに関しては、決して修辞ではなく、「ラグビーがフットボールという名前を冠されたスポーツであること」を啓示されたような気分になりました。

    投稿: 緑 慧太 | 2011年2月20日 16:29

    いつも楽しく拝見させていただいております。現在城東ドンキーズというクラブチーム(東京都3部)でプレイしております。
    記事とは全く関係ありませんが、学生時代は札幌に住んでおりまして、面白映像というほどではないですが、この時期は雪に負けず、雪中ラグビーというのをやっていました。最近の試合の動画がありましたのでご覧下さい。出血すると、雪が赤く染まりなんとも言えない気分になります。
    http://www.youtube.com/watch?v=yQWUpPd4770

    投稿: tamura | 2011年2月12日 17:02

    天理や同志社など関西の大学も頑張って、また強くなって、群雄割拠の戦国時代になって欲しいですね。
    関東が強いのは高校の良い人材が関東に来てしまうから、と言い切ってしまうと、無名の人材を鍛えて強くしたかつての関東学院や、帝京大学、慶應大学だって、それほど集まる訳ではないし。
    高校のスタープレーヤーが多い早稲田や明治が勝てるとは限らず・・・。
    ともあれ、来年の大学ラグビーは帝京大学の3連覇を阻めるのか?楽しみです。
    しかし、こういう話を聞くと、ロアマヌまでかき集めようとしているカーワンは節操がないなぁ。
    あきらかに日本代表と言えないチームになってるし。
    この状態では、しばらくは人気が出ないのはやむ無しですね。

    投稿: HAPPYSANYO | 2011年2月11日 09:37

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/50831709

    この記事へのトラックバック一覧です: 天理大&NZ神業パート2:

    « 同志社大学・新監督 | トップページ | 京産大&TL入替戦結果 »