« ヤマハ新監督発表会見 | トップページ | 正面復帰 »

箕内選手トークライブ

水曜日の夜は、大阪・梅田のガーデンしてシティクラブ大阪でトークライブだった。ラグビープレミアムトークライブの第1弾で、箕内拓郎選手(NTTドコモレッドハリケーンズ)をゲストに、トークと懇親会で約2時間半のイベントだった。

Miuchi

僕は大阪に大学に通っていたくせに、大阪の地理にものずごく弱い。普通なら5分で歩けるところ、15分くらいかかった。梅田は広いなぁ。箕内選手とは、2008年の11月に東京・三鷹でトークライブをやって以来、ゆっくりお話しした。「新しいことに挑戦したくて」、NECからドコモに移籍。昨年の秋くらいに、「このチームはどんどん強くなる」と感じたそうだ。

日本選手権では神戸製鋼に敗れてシーズンを終えたが、早稲田に勝ったのが凄く嬉しかったらしい。箕内選手は関東学院大学4年生時にキャプテンとして学生日本一になっているのだが、そのときは、早稲田とは対戦しなかった。「今回、早稲田に初めて勝ったんですよ」とのこと。「ちょっと大人げないくらい、ガツガツ行ってたよね」と話を振ってみると、「早稲田の試合を見ていると、低く刺さってくるじゃないですか。あれ、嫌だなと思って、密集サイドあたりのほうが、刺さられないと思ったんですよね」とラックサイドをしつこく突いた理由を面白く聞かせてくれた。

「相手の辻監督は、NEC時代のチームメイトでしょう。試合前もお互い頑張ろうと話したんですが、対戦が決まってからは、辻監督から、『刺さりますよ』とか、攻撃的なメールが入ってきてました(笑)」

来季はトップリーグに昇格し、NECとの対戦もすごく楽しみだという。お客さんから、「一番戦いたい相手は?」と問われると、「東芝です。NEC時代からのライバルだし、ドコモもああいうチームになりたいと思っています。東芝は、相手の力を真っ向受け止めてはじき返す力強いチームですから」と話していた。

日本代表時代の話もいろいろ聞いたのだが、箕内選手は初めて日本代表に選ばれた時からキャプテンだった。
「代表初めてなのに、記者会見とか試合後のアフターマッチファンクションでのスピーチとか、やることがいっぱいあって、試合が一番楽でした。今は一選手としてのびのびとプレーできて楽しいです」

Miuchi3_2

最後は、NTTドコモレッドハリケーンズから、マスコットボールやタオル、ステッカー、携帯ストラップなどがプレゼントされ、ジャンケン大会などで大いに盛り上がった。懇親会は、参加者のみなさんは、食事もそこそこにラグビー談義に夢中。あっというまに時が過ぎた。楽しい時間だった。箕内選手、参加者の皆さん、ありがとうございました。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ヤマハ新監督発表会見 | トップページ | 正面復帰 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    村上さんと箕内選手のトークライブ!!!
    めっちゃ、素敵な組み合わせですね♡
    東京だったら、絶対行きたかったです♪

    箕内選手の存在感、オーラにいつも圧倒されてます(笑)

    投稿: ちえぴー | 2011年2月17日 13:04

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/50895237

    この記事へのトラックバック一覧です: 箕内選手トークライブ:

    « ヤマハ新監督発表会見 | トップページ | 正面復帰 »