« オールスター編成・監督&タグフェスお知らせ | トップページ | スーパー15ほか »

日本選手権準決勝結果

土曜日は花園ラグビー場だった。きょうは短く失礼します。

神戸製鋼がディフェンス面で粘ったが、サントリーがアグレッシブなスタイルを貫いた。3つのコンバージョンゴール、4PGをすべて決めた神戸製鋼のCTB山本大介の正確なキックは見事だった。サントリーのエディ・ジョーンズ監督は「接戦だが、トライ数は6対3、アタッキングラグビーはリスクが高い。いい試合だった」と選手を称えた。一方、神戸製鋼の苑田右二ヘッドコーチは「サントリーに勝つコーチングができなかった私の力量の無さ」と敗因を語ったが、「来年は日本一になる」と力を込めた。

◎日本選手権準決勝結果
サントリーサンゴリアス○37-33●神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半20-20)
三洋電機ワイルドナイツ○33-21●東芝ブレイブルーパス(前半9-21)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « オールスター編成・監督&タグフェスお知らせ | トップページ | スーパー15ほか »

    「愛好速報」カテゴリの記事




    コメント

     サントリーを応援していた私が見ても、山本選手は、凄かったです。
     永友さんを思い出してしまいました。

     永友さんのせいで、他の人が、下手くそに見えます。
     それ位、永友さんが、凄いって、ことなのかなあ・・・?

    投稿: 曽根崎あかね | 2011年2月20日 15:14

    最期のキックはホーンが聞こえてなかったと思います。
    芝は、協会が直接関わってませんよ!
    ただ試合の数で調整を協会が出来ると思います。
    場所は、花園より恵まれてますが、国立競技場や味の素スタジアム等良いスタジアムがありますし、って村上さんに愚痴っても、しかたがないですがcoldsweats01

    投稿: にぃやん | 2011年2月20日 11:40

     アンダーソン選手、どうして蹴っちゃったのかな~? あれは、白けちゃいました。新日鉄の13人つなぎトライみたいなのを見たかったのに。あのキックは消化不良で、もっとやれたかも知れないと思う神戸の選手が多いのではないでしょうか。

     神戸はディフェンスのラッシュアップより待ち気味で守っている感じでした。それゆえにピシ選手にスペースを与え良いようにやられた気がします。同じ待つにも、ボールに一番近い選手だけでもプレッシャーをかけに行って、他の選手は下がって待っている形とかは駄目なのかしら。

    投稿: トリック(旧姓rugbyhead) | 2011年2月19日 23:34

    サントリーいいアタッキングラグビーしてました。神戸はこういうラグビーをしたいのでは?この試合が終わったあと別のチャンネルで三洋東芝を観てましたがやはり芝の状態が酷すぎると思います。協会はすぐに手を打つべきです。

    投稿: ふくやん | 2011年2月19日 22:51

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/50913235

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権準決勝結果:

    « オールスター編成・監督&タグフェスお知らせ | トップページ | スーパー15ほか »