« 天理大&NZ神業パート2 | トップページ | 日本選手権2回戦結果 »

京産大&TL入替戦結果

土曜日は、京都産業大学ラグビー部のグラウンドに行っていた。田倉政憲コーチの取材だった。今月発売の「ラグビークリニック」に掲載されるものだ。もちろん、スクラムについて伺った。田倉さんといえば、1989年のスコットランド戦勝利の日本代表PRである。独特のスクラムと、フランカー並みのタックルで活躍した。なんと、いまだ現役で、京都フリークスというチームでスクラムを組んでいる。「最近は、コースを考えないとタックルも行けなくなってきました。走れませんから」。44歳。元気である。

「村上さん、20年ぶりくらいちがいますか」。そうやね、それくらいになるかも。三菱自動車京都に入ったばかりの頃にインタビューして以来かもしれない。今は、愛知県の三菱自動車に勤務して週末京都の家に帰り、京産大のコーチを務めているようだ。息子さんも高校でラグビー部。ちなみに、ポジションはスクラムハーフだそうだ。当たり前だけど、プロップの息子がプロップになるとは限らないのである。

「僕のスクラムは、独特ですからねぇ」と言いつつ、世界と渡り合ったスクラムのことを教えてくれた。「先にスキルを覚えると、それでなんとかなってしまうから強くなれない」と、まずは、強い体作りが大事だと言っていた。その上で、細かいスキルを覚えれば、体は小さくても世界と戦えるという。

Kyosan


今回撮影に協力してくれた選手達。この前の日記で、天理大が、1月11日から練習を始めていると書いたが、京産大は、1月7日からスタートしたらしい。厳しい練習で知られる京産大は、今年もがんがん走り込んでいるようだ。田倉さんを中央に、左から中村僚太、二木裕作、梅村和巳、北畑勝大の各選手。梅村選手は新キャプテンである。試験中なのに、ありがとうございました。

土曜日は、トップリーグの入替戦が、ヤマハスタジアムと秩父宮ラグビー場で行われた。結果は以下の通り、僅差勝負ではあったが、トップリーグ勢が残留を決めている。

◎トップリーグ入替戦結果
ヤマハ発動機ジュビロ○12-10●九州電力キューデンヴォルテクス(前半(12-3)
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス○31-19●キヤノンイーグルス(前半17-12)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 天理大&NZ神業パート2 | トップページ | 日本選手権2回戦結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    吉田明氏は何処へ?

    投稿: ケンG | 2011年2月14日 13:25

    1回戦より2回戦のほうが大差になるノックアウトシステムは欠陥だと思う。
    1回戦ではなく2回戦で戦力を落とすチームが出るノックアウトシステムは欠陥だと思う。
    欠陥システムをジャーナリストが指摘しない世界は歪んでいると思う。

    投稿: かもねぎ | 2011年2月13日 16:00

    ヴォルテクス残念でした。

    一昨年、熊本であったヤマハ戦が惜敗だったので、チャンスあるかもと期待していましたが。

    またも惜敗。仕事で応援行けなかったのが悔やまれます。

    これからもヴォルテクス応援しています。

    投稿: 池田亜樹 | 2011年2月13日 10:10

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/50850157

    この記事へのトラックバック一覧です: 京産大&TL入替戦結果:

    » キヤノン残念・日本選手権予想 [新・らぐびーる]
    本日も雪けっこう積もってましたクルマにもしっかり。何センチくらいでしょか!?さて、トップリーグ入替戦 結果NTTコム 31-19 キヤノンヤマハ  12-10 九州電力キヤノン残念。。。来季もトップイーストでの参戦が決まりました。しかし、トヨタもトップリーグ初... [続きを読む]

    受信: 2011年2月12日 21:46

    « 天理大&NZ神業パート2 | トップページ | 日本選手権2回戦結果 »