« ラグマガ&NTTコム退団・新加入情報ほか | トップページ | 大阪トーク&長崎招待 »

選抜大会中止&香港の結果

25日午後、日本ラグビー協会にて全国高校選抜大会実行委員会が開かれ、大会中止が決まった。同大会は、4月1日から埼玉県の熊谷ラグビー場で開催予定だった。発表された理由は次の通り。「東北地方太平洋沖地震の影響による被災状況、関東地方の電力事情など不安定な状態が続く現状などを鑑み、またすでに出場を決定している31の高校のうち(大会の参加予定校は32校)、選手の安全などを考慮し9校から出場辞退の意向が伝えられたため、大会の開催が困難であると判断し、中止を決定いたしました」。また、4月9日、江戸川区陸上競技場にて開催される予定だった「ジャパンセブンズ2011 高校の部」も中止が決まった。

25日、「香港ウィメンズラグビーセブンズ2011」が香港フットボールクラブで開催され、女子7人制日本代表は、6位で大会を終えた。

プール戦結果
●0-31 女子7人制カナダ代表
●7-28 女子7人制アメリカ代表
○17-12 女子7人制ロシア代表
○29-0 女子7人制中華台北代表
ボウル(5-6位決定戦)
●5-31 女子7人制中国代表

◎藤崎朱里キャプテン
「今回の大会は1日5試合で大変タフな大会でした。今までは自分のプレーで精一杯でしたが、このような状況で大会に参加し、初めて人のことを思い試合に臨むことができました。結果には満足していません。準備の時間がない中での遠征でしたが、そのような中でも内容としては充分に戦えたと思っています。強豪国と戦って、スキルに関しては差がなかったと感じましたが、フィジカルの面で負けてしまいました。今後、この差を埋めていけるように努力していきたいと思います。大会を通じて、香港で日本の地震の状況を伝えることができました。また、私たちの戦いぶりが、少しでも被災された皆様の元気や勇気の源となればと思います。最後にこのような状況の中、遠征を行わせていただいた皆様に感謝いたします」

25日は、男子7人制代表も「HSBCセブンズワールドシリーズ香港大会(3/25-27)」第1日目に臨んだ。結果は、7人制アメリカ代表に19-24(前半12-12)の惜敗。今大会は、24チームが4チームズずつ6つのプールに分かれて一次リーグを戦う。日本は、イングランド、アメリカ、中国と同組。26日の第2日目は、まず、イングランド代表と戦う。

また、25日は、バリ・メモリアル・マッチも行われた。ビッグネームが揃うはずだったのだが、前日の10人制大会に出た選手が多く欠場。香港フットボールクラブの選手が中心になったという。メモリアルマッチの前には、東日本大震災の犠牲者に対して黙祷が捧げられ、メモリアル・マッチと直後の女子セブンス、日本対ロシアの試合時間中、約1時間の募金活動で日本円にして約15万円の義援金が、観客、レフリー、選手たちから集まった。この浄財は、香港フットボールクラブから香港赤十字を通じて寄付される。チャリティマッチ参加者の中には日本の消防士の方もいて、帰国後、福島の原発に赴くと言っていたらしい。写真は募金活動の様子。上田昭夫さんも観戦に訪れていたそうだ。

Img_2936


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグマガ&NTTコム退団・新加入情報ほか | トップページ | 大阪トーク&長崎招待 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    高校選抜大会中止について、交通機関の乱れ等、大会運営上の理由であるなら致し方のないことです。節電への協力も必要でしょう。
    しかし、もし、自粛ムードによるものなら、残念なことです。震災で被災された方たちのことをおもんばかる事は、人間としてとても大事なことです。 だからといって、いつまでも元気な人がしゅんとしていたら、だめだと思います。元気は見えませんが、伝わっていくものだと思います。ラグビー界は、可能な限りラグビーのプレーをすることを考えるべきではないでしょうか。プレーをすることで元気をばらまいてほしいと思います。
    場所は関西ですが、高校野球は開催され、被災地からの代表の参加は、被災地を励ますものとして受け入れられました。また、サッカーのチャリティマッチは本当に素晴らしいものでした。同じ事(プレーで元気を発する)はラグビー界でも、ぜひやっていってほしいものです。

    投稿: スポーツファン | 2011年4月 2日 17:20

    地震後関東周辺で行われる全てのラグビー競技が中止されました。その中で高校の大会は中止の決定がなかなかでなかったので協会も頑張って開催するんだと思っていたらやっぱりという思いです。熊谷は計画停電の区域に入ってなかったのでしょうか。中止を決めるのであればもっと早く決めるか関西方面でできるか検討出来なかったのでしょうか。又都心でも昼であればかなり電気を使わずに開催出来ると思うのですが。何んでもかんでも安易に中止すれば済むという考えは如何なものでしょうか。
    昨日イースタンリーグを川崎の球場で観戦してきました。節電中でスコアボードも点数とアウトカウントだけ、メンバーは手書きの紙が貼ってあるだけでした。それでも十分楽しめるんです。
    ラグビーもやって欲しいです。

    投稿: ラグビー狂 | 2011年3月28日 09:13

    選抜大会中止、出場権獲得に向けて全力を尽くした選手たちは残念だとは思いますが、そこに向けて頑張った事実は無駄にはならないし、参加者や関係者の思い、そして被災された方々への配慮等、「試合」という形ではないものの、今大会は本来のスポーツマン精神を発揮したと言えるのではないでしょうか。

    心に残る選抜大会となり、次への大きなステップになると信じてます。


    一日も早い被災地の復興を願い、来年の開催を楽しみに待ちます!

    ちなみに大会予算の一部でも被災地に義援金として贈ることなども考えて頂けたら嬉しいですね!

    投稿: Rママ | 2011年3月26日 11:29

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/51217375

    この記事へのトラックバック一覧です: 選抜大会中止&香港の結果:

    « ラグマガ&NTTコム退団・新加入情報ほか | トップページ | 大阪トーク&長崎招待 »